> ウォシュレット(トイレシャワー)のつまりはどう対応すれば良い?
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

ウォシュレット(トイレシャワー)のつまりはどう対応すれば良い?

普段使っている機械が動かなくなってしまったら、あなたはどうしますか?すぐに買い替えずに、業者を呼ぶという人も多いと思います。自分で修理できればそれに越したことはないけれど、すごく難しそうだと思っていませんか?しかし、毎日使うトイレのウォシュレットのつまりで困ったとき、自分で簡単に試せる対処法があるのです。買い替えも業者への依頼も、これを試してからでも遅くはないと思いますよ。

ウォシュレット(トイレシャワー)の構造

温水洗浄機能がついたトイレの代名詞になっているウォシュレットですが、水を温める方法には貯湯式と瞬間式があります。貯湯式では、まず、水はシーズヒーターというところに流れます。そこには発熱線であるニクロム線があります。流れてきた水は電力によって温水となり、貯湯タンクに移動します。タンクに貯められた温水を使うので、連続使用により温水が不足すると冷たい水が出てきてしまいます。

瞬間式では、文字通り瞬間的に水を温水にします。そのため、保温する必要がなく、使う度に必要な分の水が温められます。水を瞬間的に温めるためには瞬間的に多大な電力を消費しますが、現在では、この瞬間式を採用しているものが多いです。次に、一般的な便器の場合、ウォシュレットからどのように温水が出てくるのかを説明します。

まず、ウォシュレットの水は止水栓から分岐金具を通ります。この分岐点で、水は便器側とウォシュレット側に分かれていきます。後者を通った水はバルブユニットを通り、水圧が調整されます。さらに、安全弁ユニットを経て熱交換器に入った水は温水となり、流調ユニットで温水が出る勢いを調整し、圧力を与える脈動ユニットに移動し、シャワーノズルから噴射されます。ウォシュレットの最も重要な機能は、以上で説明したような温水洗浄機能です。

しかし、多くの機種では他にも様々な機能を備えています。例えば、ほとんどの機種に便座暖房機能がついています。これは、便座の蓋を閉めると節電になります。人が座ったことを検知することで温水の誤噴射を防ぐ着座センサー、脱臭機能、乾燥機能、タイマー機能、暖房機能、節電機能、便座の蓋の自動開閉機能がついたものもあります。中には、点検時期のアナウンスをしてくれる安全機能などがついたものもあり、ウォシュレットは進化を続けているのです。

ウォシュレット(トイレシャワー)の詰まりを疑う前に確認すること

ウォシュレットから温水が出ず、つまってしまったかもしれないと思ったら、まずは確認していただきたいことがあります。よくあるのは、そもそも止水栓が閉じてしまっているという場合や、電源プラグが外れてしまっている場合です。他にも、洗浄ダイヤルが最弱になっていて温水は出ているのにおしりに届いていないという可能性もあります。これらは、あなたご自身に心当たりがなくても、同居している人が設定を変更してそのままになってしまっているのかもしれません。

さらに、着座センサーがついている機種の場合は、センサーが汚れてしまっていると便座に着座していても検知されず、温水が噴射されないということもあります。機種にもよりますが、センサーが汚れていなくても、黒い服を着ていると検知されないこともあるようです。これらが原因の場合は、もちろんウォシュレットがつまっているわけではありません。すぐに改善することが可能ですので、修理を考える前に、各項目をチェックしてみてください。
また、修理が必要な事態でも、ウォシュレットのつまり以外の原因で温水が出ないこともあります。もし、給水管などパイプ類を見てみて、水漏れしているようでしたら、そこに問題がある可能性が高いです。こういう場合は、パッキンが劣化している場合や、パイプに穴があいてしまっている恐れがあります。使用年数が長ければ、その分劣化や損傷している可能性も上がると思われます。そうした場合は、部品の交換などで改善されるかもしれないので、状況をよく確認してから対策に移ってください。

ウォシュレット(トイレシャワー)のつまりの修理方法

ウォシュレットがつまってしまったら、修理の前に止水栓を閉めてください。また、思わぬタイミングでノズルから水が噴射する可能性もあるので、作業前にはシートなどで便器を保護した方が良いでしょう。準備が出来たら、修理に移ります。長い間使用していなかったり、汚れがノズルの穴に付着している場合は、ノズルがつまってしまうことがあります。多くの機種にはお掃除機能がついているので、試してみてください。お掃除機能がついているのに水が出ないという場合や、お掃除機能がついていない機種の場合は、洗浄ボタンを押してノズルを出してから、プラグを抜いてください。プラグが濡れると感電してしまう可能性があるので、絶対に濡れた手では触らず、濡れた床に置くことも避けてください。

掃除の仕方はシンプルです。ノズルを歯ブラシなどを使って洗ってください。そもそもノズルがきちんと出てこないという場合は、掃除することが出来るだけ手で引っ張り出してください。ノズルの頭部が出ない場合や、まったく動かない場合はプラグの抜き差しを試してください。その上で洗浄ボタンを押しても動かなければ、故障しているかもしれません。故障している場合は分解しないと修理が出来ないので、ここから先は業者に依頼してください。ノズルを掃除することはできたけれど、つまりが解消しないという場合は、給水ホースのフィルターがつまっているのかもしれません。

長い間掃除をしていなかったり、最初からフィルターがない場合は、給水ホースとウォシュレット本体の間に汚れがたまってしまうことがあります。そういう場合は、トイレの止水栓を閉めてから、フィルターを外して掃除してください。このとき、フィルターそのものだけではなく、フィルターを設置しているところまで可能な限り掃除しておいた方が良いでしょう。

まとめ

止水栓が開いている、電源プラグがささっているなどいくつか確認した上でも温水が噴射されないなら、そのウォシュレットは修理が必要だと思われます。
どの機種でもノズルから温水を噴射するということがもっとも重要な機能ですから、つまってしまったら、まずはノズルを見てください。ノズルを出してからプラグを外し、ブラシで洗うだけで直ってしまうことがあります。給水ホースのフィルターに原因がある場合も、フィルターを外して掃除するだけで改善するかもしれません。

この記事をシェアする