> トイレの水の流れが悪い原因と対処方法
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

トイレの水の流れが悪い原因と対処方法

トイレの水の流れが悪くなったと言う依頼は、業者が受ける修理の中でも、水漏れと同じく特に多いトラブルです。一時的なものならばまだしも、いつも水流が悪かったら、使うたびにストレスを感じてしまいますよね。トイレは一日に何回も使うものですから、何とか直さなくてはなりません。では、なぜ水の流れが悪くなるのでしょうか。原因や対処方法を考えていきましょう。また業者に修理を依頼する際の費用の目安も載せましたので、ご参考になさってください。

水の流れが悪くなる原因

トイレの水の流れが悪くなる原因は主に2つです。1つ目はタンク内の水量が少なくなることによるもの、そしてもう1つは便器に流れる水量が少なくなることによるものです。では、最初はタンク内について見ていくことにしましょう。トイレのタンクの中には、フローと呼ばれるプラスチック製の丸い浮袋とそれを作動させるためのボールタップ、およびフロートバルブと呼ばれる弁があります。

レバーを引くとバルブが開いて水が流れ、それによって水位が下がるにつれフローも下がります。しかし、経年劣化によってフローやフロートバルブがうまく作動しなくなってしまったり、フロートバルブについているチェーンが絡まったり緩んでしまっていたりすると、水量が調節できずに水量が減って、流れが悪くなってしまうのです。

また、節水のためにタンク内にペットボトルを入れているご家庭もあるかと思いますが、こちらも水の流れを悪くしたりタンクの内部を傷つけたりする恐れがあります。節水は大切なことですが、それによって高い修理代を払わなくてはならなくなってしまったら、悲しいですよね。ペットボトルをタンクに入れることはお勧めできません。

単にレバーを何回も引いてしまうことによって、水の流れが悪くなるケースもあります。トイレットペーパーや排泄物が流れないと、つい何度もレバーを引いてしまいがちですが、決して水の流れが良くなるわけではありません。次に便器に流れる水が少なくなる原因としては、何かがつまっていることが考えられます。例えば排泄物やトイレットペーパーなどがつまりの原因である場合は、自分で直すことが可能です。

自分で対処する場合のポイント

水の流れが悪い場合の対処法は、フロー、ボールタップ、フロートバルブ、あるいは水に溶けるものによるつまりが原因の場合は比較的簡単です。これらのものが原因の場合は、ホームセンターやネットで購入し、交換するだけ。フローやボールタップは、どのメーカーにも適応する汎用品が発売されています。フロートバルブもしかり。どの場合も、水漏れを防ぐために止水栓を止めて、タンクのふたを外してから行ってください。タンクのふたを落としてけがなどされないようにご注意くださいね。

また、詳しい交換方法は説明書を参考にしてみてください。取り付けが完了したら、止水栓を元に戻して、レバーを引き正常に水が流れているかを確認することもお忘れなく。作業には、レンチやナットといった工具が必要ですから、いざという時のためにご家庭に常備しておかれると良いかもしれません。次につまりが原因で水流が悪くなっている場合の対処法についてご説明します。

まず、つまりの原因が水に溶けやすいトイレットペーパーや便の場合は、お湯を便器に注ぎ込んで溶かしてしまうのがベストです。便の場合は、お湯と一緒に液体洗濯洗剤を流し込むと効果的。そして、ラバーカップ、別名スッポンを使うのも効果的です。ラバーカップとはゴム製のカップがついている器具で、排水口に押し付けてカップをつぶし、一気に手前に引くことで水流を良くすることが出来ます。

ちなみに、ラバーカップは洋式用と和式用で形が違いますので、お買い求めの際はご注意ください。ただ、水に溶けにくい固形物がつまりの原因の場合は、無理にいじくると便座の奥の排水管まで行ってしまって自力で直すことはできませんから、手を加えずにすぐに業者に依頼することをお勧めします。

業者に依頼する場合の費用の目安

水の流れが悪くて業者に依頼する際にまず気になるのは「いくらぐらいかかるのか」ということですよね。そこで、およその目安についてご説明しておきます。まずタンク内の部品を交換する場合ですが、これはタンクを外して作業するのか、そのまま作業するのかによって変わってきます。タンクを外す場合はおよそ12000円~16000円、外さない場合はおよそ8000円~12000円です。つまりの除去費用はおよそ8000円から11000円となっていますが、こちらはどの部分がつまっているかによって大きく変わってきます。

排水路までのつまりでしたらこれぐらいのお値段で済みますが、排水管の奥でつまっている場合は、大掛かりな修理が必要になることもあります。これらの金額はあくまで目安ですが、これよりも極端に高い業者は要注意だと言えるでしょう。水回りのトラブルはそう頻繁に起こることではないので、値段がいくらかかるのか私たちには想像もつきません。

業者の中には、私たちが費用の相場が分からないのを良いことに、法外な金額を吹っかけてくる悪い業者もいますので、十分にご注意ください。修理費は安かったのに出張費が高額だった、キャンセルできないと言われた、古いトイレだから部品がないので全部取り換えなくてはだめだと言われたケースもあります。古いトイレの場合は部品の欠品はありがちですから、これはあながち悪い業者だとは言い切れませんが、その他のケースは悪質です。

申し込む際に出張費はいくらか、キャンセルは可能か、キャンセル料はかからないか、総額でいくら支払うのかなどを詳しく聞くようにしましょう。また、万が一トラブルになってしまった場合のために、電話を録音したり、会話の内容を全て記録したりしておくと良いと思います。

まとめ

水流が悪くなる原因と対処法、そして業者に頼む際の費用の目安について見てきました。水の流れが悪いなと感じたら、その原因を突き止めることから始めましょう。自分で直すことが可能なケースも多いです。ただ、やり方が分からない場合や、自力では無理だと思った場合は、業者に依頼してください。

その際あとからトラブルにならないように、修理費、出張費などがいくらになるのかを事前にきちんと確認しておきましょう。電話の応対がぞんざいだったり、専門用語ばかり使って分かりにくかったり、料金のことをはっきり言わないような業者は、避けておかれると良いでしょう。

この記事をシェアする