> トイレのつまりは重曹とクエン酸で溶かす方法もある!
COLUMN

トイレのつまりは重曹とクエン酸で溶かす方法もある!

つまりが起こったときに、すぐに業者に頼むことを躊躇する人はいませんか。もちろん料金がいくらかかるのだろうという金銭面の心配もありますが、何より“排泄”というプライベートな問題を、他の人に知られたくない、恥ずかしいという思いがあるでしょう。つまりの原因の半数以上といわれるトイレットペーパーなどの紙詰まりは重曹とクエン酸を使って、自分の力で解消することができるのです。

重曹とクエン酸の効果があるのは便や紙つまりの時

つまりの解消方法といえばラバーカップで吸い出す方法ですが、実は道具がなくても解消できる方法があります。その方法とは、40~50度のお湯を排水管に流して、ペーパー類を溶かしてしまう方法です。もともとトイレットペーパーは水に溶けるものなので、普通に使っていればトイレがつまることはありません。しかし、一度に大量のものを流してしまうと、溶けきれずに排水管に残り、そこにまたものが流れてきたりして、結果的につまってしまうのです。

水に溶けるタイプのペーパー類を溶かしてしまえば、詰まりは解消されます。その方法も、お湯をトイレの排水口に流し込んで1時間くらい放置するだけです。もちろん普通のお湯だけでも効果はありますが、家庭にあるものを使うとより効果をあげられるのです。最近は掃除に重曹を使う人も多いため、重曹を家庭で備蓄している人も多いのではないでしょうか。これにクエン酸であるお酢を加えます。重曹はアルカリの性で水垢や尿石などの汚れに効果を発揮します。

またクエン酸であるお酢は酸性で油汚れに効果を発揮します。さらに、この重曹とお酢を混ぜると化学反応が起きて、炭酸の泡が起きるのです。この炭酸の泡がトイレットペーパーやお掃除用のシートなどの紙が原因の詰まりに有効なのです。しかし、これはあくまでも「溶けるものが溶けきれないで詰まった」場合のみに効きますので、おもちゃを落としたなどのように、もともと溶けないものが詰まっている場合には効きませんので、詰まりの原因がそれらおもちゃなどだとわかっている場合には、初めから業者に連絡をするようにしましょう。

重曹とクエン酸でつまりを解消する手順

重曹とクエン酸でトイレのつまりを解消する手順は、次のとおりです。材料として、便器半分位のお湯と重曹カップ1/4とクエン酸1/2を用意します。また、作業を始める前に汚水で壁や床を汚さないように、ビニールなどで覆っておきましょう。そして、便器の水位が高い場合は、あらかじめ水を汲んで便器の中の水を減らしておきます。次に、止水栓を締めて水を止めます。止水栓はタンクの横にありますが、わからなければ水道の元栓を締める方法もあります。また、最近では当たり前にあるウォシュレットや温水便座ですが、作業中に感電や漏水などの二次災害が起きないように、電気コードを抜いておいた方がよいでしょう。

ここまでの準備が出来たら、いよいよ重曹を便器の中に撒きます。この時に、水の中に撒くことが大切です。次にクエン酸を入れます。その後、便器にお湯を入れます。そのうち、重曹とクエン酸が反応して泡が立ってきましたら、そのまま1時間程度放置します。この時に、すぐに流してしまうと効果がなくなるので注意して下さい。1時間放置した後、水が引いていればつまりは解消され、そのまま流しても大丈夫ですが、水を流すより前にラバーカップを使うとさらに効果があります。ラバーカップを使えば排水管の中の詰まりの元であったトイレットペーパーやお掃除シートが溶けたかどうか確認できますし、さらに流れずスムーズになります。ラバーカップを使って詰まりが解消されたことが確認できたら、止水栓を開けて水を流します。水が正常に流れたのを確認したら、電気コードを入れれば詰まり解消作業は終了です。

もし1度で詰まりが解消されない場合は、重曹とクエン酸を何度か繰り返します。

重曹とクエン酸を使う際の注意点

重曹とクエン酸を使う時に注意すべきは、便器に入れる順番です。お湯の中で混ぜるのだからどっちが先でもいいのではと思われがちですが、順番を間違うと効果が薄れてしまうますので、必ず重曹から入れてください。次にクエン酸をいれ、最後にお湯の順番で便器に入れましょう。

ここまでの作業を行うと、炭酸の泡が発生します。この泡で発生したガスは、二酸化炭素ですので怖いものではありませんが、作業をする時には、換気をしっかりすることを忘れずにいてください。また、この時に用意するお湯は必ず40~50度にします。熱湯を使うと便器にひびが入るおそれがあり、最悪便器そのものを交換しなければならなくなります。せっかくトイレつまりの修理代を節約しようとしていたのに、便器を交換することになっては修理代以上の出費になってしまいます。そうならないためにも、お湯の温度は注意して下さい。

その他の注意としては、重曹とクエン酸によるトイレつまりの解消方法として有効なのは、つまりの原因がトイレットペーパーやお掃除シート、または自分の汚物などといった「水に溶けるものが溶けきれずに詰まった」場合のみ有効だということです。この対処方法は、もともと溶けるものだけど溶けるスピードが間に合わず詰まってしまった時に、重曹とクエン酸で溶ける力を助けてあげているのです。

つまり、あくまでも溶けるものがつまった時に効力を発揮する方法ということになります。もしも、おもちゃなど水に溶けないものを落として詰まってしまつた場合には、この方法は使えません。詰まりの原因がおもちゃなどの異物を流したからだと原因がわかっているのならば、初めから業者に依頼するべきでしょう。

まとめ

トイレのつまりはある日突然起きます。もちろん、それに備えてラバーカップや薬剤などを用意しておくことは大切でしょうが、普段特に問題がなければ、なかなかそこまで思いが至らないのではないでしょうか。そんな時に、どの家庭でも大抵ある重曹とお酢でトイレ詰まりが解消できるのは大変便利です。できればそんな事態にならない方がよいのですが、いざという時の知識として、この重曹とクエン酸による溶かして解消する方法は知っておくべき知識ではないでしょうか。

この記事をシェアする