> トイレの水が溜まって流れなくなる原因とは?
COLUMN

トイレの水が溜まって流れなくなる原因とは?

溜まって流れない事態に陥ったら、誰でも焦りますよね。早く何とかしなければと思うものの、便器からあふれそうでこれ以上レバーを引くのは怖いし、かといってこのままにしておくのも怖い。全く流れないのも困りますが、溜まって流れないというのもかなり困りものです。いざという時のために、トイレの構造や、溜まって流れない原因及びその対処法について、あらかじめ知っておきませんか?

トイレの構造は?

多くのトイレは、タンクと便器部分から出来ています。最初に、タンク内部の構造について見ていきましょう。タンクを持ち上げてみると分かりますが、タンクの中には、ボールタップ、ピストンバルブ、フロートバルブ、フロートと呼ばれる浮き玉など、様々な部品が入っています。用を足した後レバーを引くと、レバーと鎖でつながれたフロートバルブが開いて、便器に水を流すようになっています。要するに、フロートバルブはせき止めたり流したりする、弁の役割をしているのです。水量が減ると、それにつれてフローも下がります。するとボールタップにつながっているピストンバルブが開いて、水を足すという仕組みです。ときどき、節約のためにタンクにペットボトルを入れておく方がおられますが、部品を傷める原因になりますので、避けておかれるほうがよいでしょう。

次に、便器の仕組みについてです。便器は、水たまり、せきといった部位に分かれています。前者は、下から悪臭が立ち上ってくるのを防ぐ役目をしています。後者も非常に重要な役割を果たしています。もしせきがなかったら水が上手く溜まることができないため、下からの悪臭に悩まされることになってしまうのです。そして排泄物はせきを乗り超え、その先の配管に流れるようになっています。こんなふうに、毎日使っているトイレには様々な工夫がされてます。

最近は、タンクがないタンクレストイレも人気が高まっています。こちらのタイプはタンクがないため、トイレスペースがすっきりして広く使えるという点が魅力です。タンクレスは水道管と便器が直結していて、バルブが2つの間にあり、水をせき止めたり流したりする構造になっています。なお、便器の構造はタンクのあるものと同じです。

トイレの水がたまる原因

この場合、便器やその先の配管に問題があることがほとんどです。要するに排出がうまくいかないため、タンクから流れてきた水が便器の下に流れずにどんどん便器に溜まっていってしまうのです。そして、その原因のほとんどがつまりです。大量のトイレットペーパーや排泄物、あるいはそれ以外のものがつまっているために、流れを妨げてしまうのです。特に、小さなお子さんが面白がってトイレットペーパーをカラカラ回して流してしまったり、ペットの排せつ物をトイレットペーパーでグルグル巻きにして流してしまったりする場合に起こりやすいと言われています。そして、何がつまったのか、便器のどこの部分につまったのかによって、対処方法は違ってきます。

そして、他にも長年の使用によって配管に汚れが溜まることでつまりを引き起こす場合もあります。この場合は、長年蓄積した配管の汚れが固まりになって流れをせき止め、逆流して便器に溜まってしまうのです。汚物が逆流してきて便器に溜まるなんて、考えただけでぞっとしてしまいますね。不衛生ですし、もちろんニオイも気になります。特に、体力のない小さなお子さんや病気の方がいるご家庭にとっては、感染症なども心配になってしまいます。家族の健康に関わる問題ですから、一刻も早く解決したいですね。

ただ、トイレに限らず長年使用していればキッチンやお風呂場などの水回りも経年劣化で汚れや傷みが生じるのは仕方ありません。配管は一般の方が目にする機会はほとんどありませんから、つまりが生じて初めてその存在に気付いたという方がほとんどです。ただ、いざという時のために対処法を知っておけば安心です。次に、溜まって流れなくなってしまったら、どう対処すればよいのかについて見ていくことにしましょう。

自力での対処方法と難しい場合の対応方法

最初に、自力で対処する場合を考えてみましょう。初めにご紹介するのは、つまりの原因が大量のトイレットペーパーや排泄物の場合です。こちらは時間が経つと溶けて流れやすくなるので、2,3時間放置して流れるかどうかを確かめましょう。ただ、便が原因の場合はニオイも気になりますので、フタを締め、お湯と液体の洗濯用洗剤を流し込むのも効果的だとされています。

次にご紹介する対処法はラバーカップ。用意するものは、ラバーカップとゴム手袋です。ゴム手袋は、はね返りを防ぐために使います。まず、どんどん流れ続けている場合は、止水栓を締めてください。また、便器からあふれるぐらい溜まっている場合は、バケツなどで汲みだしてください。そして、ラバーカップを使ってつまりを解消してみましょう。ラバーカップは先端についているゴムのカップをつぶすように押し付け、サッと手前に引いて使います。押しつけが不十分だと意味がありませんので、しっかりと押し付けて一気に手前に引くのがコツです。これを数回繰り返します。この作業によって水位が下がったら、つまりが解消している可能性が大きいと言えます。

ただし、すぐにレバーを引かずにしばらく様子を見てから流すようにしましょう。いずれの場合も、溜まって流れないからと言って慌てて何度もレバーを引くのは絶対に避けてください。タンクの問題ではなうので、レバーを引けば引くほど便器に水が溜まってしまい、最悪の場合トイレ室内からあふれ出して、廊下やほかの部屋までビチョビチョになってしまいます。そして、つまったものがおもちゃやスマホ、時計など溶けないものの場合ですが、こちらは時間を置いたりラバーカップを使ったりしても解決が難しいことが多いため、業者に依頼することをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?溜まって流れないとつい慌ててレバーを何度も引いてしまいがちですが、事態を悪化させるだけなので、絶対に避けてください。そして、まずは落ち着いてつまりの原因を特定することが大切だと言えます。つまったものの種類によっては、自力で解決できるケースも多いのです。でも、自力で解決できない場合は、便器を壊したり傷めたりする恐れがありますから無理にやろうとせずに、早目に業者に依頼してくださいね。

この記事をシェアする