> トイレのつまりを解消する薬品とその使い方
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

トイレのつまりを解消する薬品とその使い方

トイレのつまりというのは突然に起こるものではありますが、その際に薬品を使うと解消される場合もあります。
ここでは、どんな薬剤を使えば良いのか、どういった使い方をすれば良いのか、といったことを紹介していきます。
もしも、つまってしまった場合には本文を参考にして使ってみてください。

薬剤を使って自分でトイレつまりを解消する方法

どんな薬剤でトイレのつまりを解消させるのかみていきましょう。
まずは、色々なものに使える重曹です。汚れを落とす定番のものと言ってもいいです。食べ物にも使うものなので薬品と呼べるものかは分かりませんが、家庭には置いてあることも多いのでは無いでしょうか?
次に、酸性トイレクリーナーで尿石が原因のつまりを解消できることがあります。尿石が出る症状の人は準備しておいてください。
他にも、業務用の排水洗浄剤として、ピーピースルーKといった薬品があります。トイレがつまった時の定番として、水道の修理業者でも使うものですので、覚えておくと良いでしょう。

では、これらの薬剤の使い方を説明します。
まずは、尿石が原因でつまった場合の対処法として、酸性トイレクリーナーの使い方から。
尿石の付着が隠れるほどにたっぷりと散布してください。便器の側面に尿石がついているようなら、トイレットペーパーに染み込ませて、側面に貼り付けるようにすると良いです。
粘度が低いものは簡単にながれていってしまいます。粘度が高いものを購入してください。

次につまりの原因として、ペーパーや汚物によるものがあります。
その場合は、重曹かピーピースルーKといったものを使ってみてください。
重曹の使い方になりますが、スプーン大さじ2杯から3杯をトイレにまいて待つだけといった、お手軽な方法で大丈夫です。お酢を足したものなら、さらに早く溶けることもありますので試してみてください。
証拠としてジュワっという音が聞こえてきたなら、ペーパー類は溶けてきていますので、音がしなくなったら水を流してみてください。

最後にピーピースルーKを使う方法です。
強力な薬剤でもありますので、まずは眼鏡と、しっかりとしたマスクをかけてください。ゴム手袋もしたほうが良いでしょう。
窓を開けたり、換気扇のスイッチを入れた状態にして、こちらもスプーン大さじ2杯から3杯、足りないならもっと多く、便器の中に入れてください。あとは30分ほど待つ感じになります。ピーピースルーKは尿石には効きませんので注意してください。

薬品の他に用意しておくべき道具

ペーパーや汚物のつまりは、ピーピースルーKなどの薬品でも効かないこともあります。
ですので、薬品の他にラバーカップは準備しておくと良いでしょう。
ラバーカップと言うのは、よくスッポンなどと言われている、あの道具です。何に使う道具か知らない人も多いと思われる、あの道具は、トイレや排水管がつまった時に使う救世主のような存在の道具なのです。
流してはいけないような、プラスチックのキャップやボールペンを間違って流してしまった時には、ラバーカップを使って取り除くことができます。
もちろんペーパーや汚物がつまった時にも使えますので、万が一のことも考えて準備しておいてください。
トイレ用と排水管用で形が違いますので、2種類用意しておくと良いでしょう。
使い方なのですが、まずは、床と壁を養生して、ゴミ袋など大きなビニールの中心に穴を開け、そこから柄の部分を通します。便器や排水管に垂直に立て、ゆっくりとした感じで押し込んでいきます。あとは一気に力を入れて引き出す感じにして使います。
注意してほしいのですが、押し込む時に一気に押し込んでしまうと、つまったものが奥に入ってしまい、ますます大変なことになるので注意してください。
あくまでも、引き出す道具だという認識でラバーカップは使うようにしたほうが良いでしょう。
他にも、真空ポンプといった道具もあります。高いものですが、ラバーカップの5倍ほどの吸引力があるものです。
余裕のある方は購入しておいても良いかもしれません。

重度のつまりは業者に依頼する方が安心

ここまで紹介した方法を試してみても、異物が取り除けない場合は、水道の修理業者を頼るしかないでしょう。
とくに、小物などがS字管の奥に入っていって、つまってしまった場合などは、素人では難しいこともあります。そうなった場合には、水道の修理業者に依頼をしてみてください。

依頼の仕方を説明すると、料金も違うこともあるので、3社以上のホームページを確認して、複数の業者に電話で見積もりを出してもらうようにしたほうが良いでしょう。
その際に、あまりにも安いところ、ホームページに会社概要が載っていないところは、悪徳業者の可能性も高いので気をつけるようにしてください。
悪徳業者は足元を見てきます。急いでいることも知っているので料金を安くしていれば、客が来るだろうといった感じです。修理が終わったあとに必要のない部品などを使ったと言ってきて、結局は一般の業者よりも高い請求がくることもありますので注意してください。

複数の業者から見積もりを出してもらって、合っている感じのするところがあったら、依頼をしてみてください。
水道の修理業者に頼んだほうがいい、トイレのつまりの原因として、ボールペンや小物を誤って流してしまった場合。または子供が誤って、おもちゃを流してしまった場合です。便器を取り外さないと取り出せないこともありますので、小物を流してしまった場合に、自分の手で取れないような場合には、直ぐに水道の修理業者を頼ったほうが良いでしょう。
待っている時には自分たちで、室内の養生をしておくと良いかもしれません。依頼した業者からの指示にしたがってください。
もちろん、ペーパー類のつまりなどで、あまり時間に余裕が無いといった場合にも、水道の修理業者は対応してもらえますので、店舗経営などをしている場合には依頼をしてみてください。

まとめ

ここまで、トイレのつまりに関して、薬剤の種類や使い方について説明をしてきました。
重曹が使えることやピーピースルーKといった薬品、尿石には酸性トイレクリーナーが効くことを知ってもらえたことでしょう。
時間がない場合には、水道の修理業者を頼ったほうが良いと思われますので、悪徳業者には十分に注意して依頼をしてみるようにしてください。

この記事をシェアする