> トイレのつまりを放置するのは危険?
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

トイレのつまりを放置するのは危険?

トイレのつまりを放置していても大丈夫なのか?そんな疑問をお持ちになっている人もいると思います。その答えは、「大丈夫とは言えない」でしょう。
ここでは、何がつまりの要因になるのか、そしてその解消方法をお伝えしましょう。

トイレのつまりを引き起こす要因ベスト3

トイレのつまりを引き起こす要因となるものは、意外にも多くあります。そこで、つまってしまう要因になりやすい3つを紹介しましょう。

まずは、なんといっても「トイレットペーパー」です。
中には水に溶けにくいものもあり、そういった商品を長期にわたって使用していると、運悪く水の流れが悪くなるといったことが起こります。
誰だって、値段が安いものを買おうとするのは当たり前だと思います。ましてや日用品の場合は安いにこしたことはないでしょう。
しかし、ことわざにもあるように、安物買いの銭失いといった話も昔からあります。あまりにも安い海外製のトイレットペーパーは購入を控えるようにしたほうが良いでしょう。また、しっかりと高い製品を使っていたとしても、大量に流した場合は、つまらないとは言い切れません。なんでもやり過ぎは良くないです。使う際には、あまり一度に大量に流そうとせずに、こまめに流すようにしてください。

つづいて、つまりやすいものは、ちょっと汚い話になりますが「汚物」です。
流す汚物の量によっても、つまってしまう可能性が無いとは言えません。吐いたものや尿結石の粘り気によっても、つまってしまう要因となる場合があります。

最後に紹介するつまりの要因となるものは、「トイレに流してもOK」といった商品です。
猫砂などでも、このような商品が多くなっています。流しても確かに問題は無いのですが、例えば多頭飼いといった場合には、一気にたくさん流してしまうことも考えられます。
そういった処理の仕方がつまってしまう要因となりますので、少しずつ流す必要があります。多頭飼いじゃない場合でも、一度に流すことは注意したほうが良いでしょう。

これら3つの要因の他にも、ボールペンなどの小物を流してしまった場合にもつまってしまいます。特にポケットに入れた小物は気をつけましょう。

トイレがつまっても時間が経てば自然に解消する?

では、つまった場合どうしたら良いのかを説明します。

放置しておいても時間が経てば、自然に解消する場合もあります。
例えば、大量に使用したトイレットペーパーを流した場合には、つまってしまうことがあるといったことは先にもお伝えしました。
基本的に水に溶けるもので製造されていますので、放置しておけば、勝手に溶けて流れていくものとなっています。身に覚えがなくて水の流れが悪くなった場合には、放置しておいてもかまいません。

やはり、流せる猫砂などでも一緒のことなのですが、なるべく大量に流すことは、つまりを誘発する要因となりますので、注意して少しずつ流すように工夫したほうが良いでしょう。

また、トイレの使い方を覚えたばかりの子供が、いたずらで大量にトイレットペーパーを流してしまうといったことも考えられます。日頃から、怒らずに優しく諭すように気をつけて流すことを教えておくようにしたほうが良いでしょう。
子供たちも親からの注意を引こうとして、いたずらをしてしまうことがあります。こういうことをするとこうなるといったように、しっかりと教え込むことで悪いことはしちゃいけないと覚えていくようになります。
逆に怒ってしまうと、反発してしまうこともあります。子供たちも賢いので怒らずに教えるようにして、つまるとどうなるかといったことを教えるようにしてみてください。

また、子供が猫砂を捨てることに関しては、つまって失敗したとしても、手伝ってくれていることなので、褒めてあげるようにしましょう。
そして、少しずつ流すことを教えてあげると、手伝う意欲も増すようになるでしょう。

放置してもつまりが解消されない時はどうすればいいの?

万が一、数時間放置しても解消しない時は、お湯やラバーカップを使って解消させることができます。
ラバーカップを使うことは、ボールペンや消臭剤のフタなどの小物がつまった場合に有効な方法となりますので、使い方を覚えておくと良いでしょう。
また、トイレットペーパーや汚物、猫砂などの流せる製品がつまった場合は、お湯を使う方法で解消されることがあります。
やり方は、便器よりも高い位置から約40度~60度程度のお湯を流すようにして、複数回かけるとつまりが解消される場合があります。
溶けやすいものは、熱によってさらに溶けやすくなるので、解消される場合が多くなるのです。
この時の注意点としまして、沸騰したお湯をかけることだけは止めてください。万が一、そのようなことをすると、便器がヒビ割れたり、完全に割れたりしてしまうことがあるので、絶対に注意するようにしてください。

次に汚物の場合には、洗濯洗剤を使うことで、流れていく場合があります。
お湯を注ぐ際に、100ccほどトイレに入れておくと良いでしょう。汚物も柔らかくなり流れてくれることでしょう。
流せる商品がつまった場合には、塩を50g入れて食塩水を作ってください。そしてそれを流せばポリマーから水が出て、すんなり流れていくことがあります。

それでも解消されない場合には、ラバーカップを使ってみましょう。
床や周りに、汚水が飛び散っても大丈夫なように、新聞紙などを敷き、汚れてもいい服装に着替えてください。ゴミ袋などのビニール袋の中心に切れ込みを入れ、そこから柄の部分を通して、ラバーカップを垂直に立てます。
ゆっくりと押し込み、一気に引き抜くといった感じに、引き抜くことを目標として使ってみてください。押し込むとさらに大変なことになる場合もありますので、注意してください。

出てきたものは、ゴム手袋などで小さくして、再度流すようにすれば問題ないでしょう。

まとめ

意図していないとしても、なぜかトイレは流れが遅くなってしまうこともあります。
ラバーカップでも、流したものが取れてこない場合には、水道の修理業者を頼ってみるようにしたほうが良いでしょう。そして、お湯を使う場合には、くれぐれも熱湯を注ぐことだけは止めてください。

この記事をシェアする