> トイレのつまりを業者に頼むのは恥ずかしい?
COLUMN

トイレのつまりを業者に頼むのは恥ずかしい?

 トイレの詰まりか起こると、流れない水が便器に溢れます。詰まったということは便器の中には汚物があり、業者を呼ぶというのはそれが見られてしまうということです。そういったものを見られることは恥ずかしいという思いから、業者を呼ぶことを躊躇う人も多いのではないでしょうか。どうしても呼びたくないが使えないと困ってしまう。そうなれば自分で対処するしかありません。では、どのように対処したらいいのでしょうか。

トイレが詰まってしまう原因とは?

詰まってしまっても、自分の汚物を見られることが恥ずかしいからと業者を呼びたくないのなら、自分で対処するしかありません。一番多い原因は意外なことにトイレットペーパーです。

トイレットペーパーって水に溶けるんじゃないの?と驚く方もいるのではないでしょうか。確かに正しい量であれば詰まることはありませんが、一度に大量のトイレットペーパーを流してしまうと詰まることがあります。なぜなら、流されたペーパーは一度排水管のS字部分に留まるので、溶けきる前に次から次へとペーパーが流れてきてしまうと簡単に詰まってしまうのです。

それ以外の原因としては、今の掃除の主流であるお掃除ペーパーも詰まりの原因です。使い捨てのお掃除ペーパーは衛生的でとても便利ですが、やはり一度に大量流すと詰まってしまいます。最近では使い捨てのブラシも発売され、最後に流すタイプの掃除用品が多くなっていますから、ますます注意が必要です。

ペーパー類のように自分で故意に流したもの以外にも、誤って小物を落として流してしまったことはありませんか。例えば、ペンやカードなどポケットに入っていたものが落ちてしまった、子どもがおもちゃを流してしまったなどです。落とした時には詰まっていなかったように見えても、後日それが原因で詰まってしまったということもあります。

日頃からトイレに入る時には、ポケットに入っているものに注意する必要があります。詰まりは流そうとしても、何かが流れをせき止めることで起きますが、パイプそのものが狭くなっているパターンもあります。便器をいくら綺麗にしても、パイプの中まではなかなか掃除することが出来ません。そのため、長く使用しているとパイプの内側に尿石がつき、それが原因でパイプが狭くなって詰まってしまうこともあります。

トイレつまりの業者の1日は?

たとえ原因が何であれ、トイレが詰まったら修理しなければ生活に支障をきたします。しかし、どのように対処したらいいのかわからない人が多いのではないでしょうか。そこで頼りになるのが町の水道屋さんです。しかし、修理依頼の約50%をトイレ詰まりが占めているということから、こうした事例はどの家庭でも日常的に起こりうることだということがよくわかります。私たちにとっては初めてでも、業者さんには日常的にしかも複数起こることなのです。

つまり、私たちが恥ずかしいからと依頼するのを躊躇う理由の汚物ですら、業者にとっては普通のことなのです。前述したように詰待って使えないというのは生活するうえでも大変不便です。だいたい依頼してから30分から1時間程度で駆けつけてくれます。私たちが恥ずかしそうに説明する詰まった経緯なども、業者にとっては何百、何千と聞いたことでしょう。また残っている汚物についても、何度も経験していますのでこちらが思っているほどは気にしていないようです。

詰まりを解消する作業についても、簡単なものであればわずか30分程度です。難しいものでも2時間あれば済むということですし、依頼してから作業終了まで最長でも4時間あれば大抵は解消されるということになります。次の依頼までの移動距離にもよりますが、作業時間を平均1時間、移動時間を1時間とみて、1件にかかる時間が2時間ということは、実に一日3件から4件の詰まりが修理されているという計算になるのです。

それでも恥ずかしい場合は自力で対応しよう

いくら業者は汚物に慣れているから大丈夫と言われても、どうしても恥ずかしいから嫌だと思う人もいるでしょう。単純に依頼する費用がもったいないという人もいるかもしれません。では自力で対応しようとするにはどうしたらいいのでしょうか。

トイレ詰まりときいて真っ先に思い出すのがラバーカップではないでしょうか。ホームセンターなどで1000円程度から売っています。最近では洋式用、和式用の他にも節水用と種類がいろいろあります。自宅のものがどのタイプなのか確認し、間違えずに購入するようにしましょう。

ラバーカップを使う時には、周りに水が撥ねて壁などを汚さないようにあらかじめビニール手袋などで覆っておいてほうがよいでしょう。使い方もなんとなくスポスポするだけと思っている人がみられますが、使い方を間違うとまったく効果がありません。ラバーカップは詰まったものを吸い出す役割をしています。ラバーカップを便器にゆっくりと押し込み、密着させたら一気に押し込みます。この繰り返しで、詰まった原因のものを吸い出して解消させますが、1回でなおるとは限りません。解消できるまで数十回繰り返す場合もあります。

それでも無理なら業者へ依頼するしかありません。ラバーカップの他にもワイヤーや、更に強力な吸引力のある真空式のパイプクリーナーなど、修理用の道具は沢山の種類があります。これらの道具はホームセンターなどで売ってますので、詰まったのが日中ならば詰まってからでも買いに行けますが、夜中などお店が開いていない時間帯や業者に頼めない時間帯に詰まった時のために、一つくらい常備しておくのもいいかもれません。

まとめ

詰まった原因がトイレットペーパーであれば、ラバーカップや溶かすなどの方法で自分で解消することができます。しかし、それでも解消できないのであれば、原因はおもちゃなど「水に溶けないもの」である可能性が大きいです。そうなると、もはや自分でなおすことは不可能ですし、業者に依頼しなければなりません。どうしても来てもらうことが恥ずかしいと言っても、ずっとそのままにしておくわけにもいきません。業者にとって、詰まりにおける汚物はもはや日常であり、何も思わないものです。むしろ堂々と迎え入れていい関係を築いた方が、いいのではないでしょうか。

この記事をシェアする