> 豪雨でトイレが詰まってしまう理由と対策
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

豪雨でトイレが詰まってしまう理由と対策

トイレのトラブルでとても多いのがつまってしまって上手く水が流れなかったり、逆流したりしてしまうことです。そのつまりの原因にはいくつかありますが、豪雨が原因となる場合があるということはなかなか知られていないのではないでしょうか?なぜつまってしまうのか、どういった対策があるのかということをまとめていきますので万が一トラブルが発生してしまった時に対処できるようにチェックしておいてください。

豪雨でトイレが詰まる理由

最近多くなってきているゲリラ豪雨のような局地的な集中豪雨や、台風での大雨があるとトイレが詰まってしまい使用できなくなってしまうことがあります。いったいなぜ、このような現象が起こってしまうのでしょうか?豪雨が降ると、大量の雨水が一気に汚水管の中に流れ込みます。それにより通常の汚水の流れを邪魔してしまい流れづらくなってしまうのです。汚水管や下水管の大きさは最大排水量をきちんと計算されたうえで作成されてはいますので、ある程度の雨が降ったところでその限界量を超えてしまうことなどほとんどありません。

ですが、近年多くなってきている観測史上初めてと言われるほどの雨というのは下水管や汚水管が作られた時には想定していなかったような大量の雨が一気に一つの場所に集中して降ります。そんな雨が続くと、排水できる量の限界を遥かに超えてしまい、排水管がパンク状態になってしまうのです。その状態では排水管には水がいっぱい詰まってしまっているので家庭から出る生活排水など処理することができるはずもありません。その結果としてトイレも使用することが出来なくなってしまいます。

ではトイレだけに異常がでるのかというとそうではありません。家庭の排水は一つの排水管で繋がっていますが、公共の下水道と一番近くで繋がっているのはトイレなのです。ですので、下水道に一番近いところから異変が出ていくのです。これから先も、集中的な大雨というのはいくらでも降る可能性がありますし、下水道の限界値を増やすような工事が行われるということはなかなか考えづらいですのでもし詰まってしまった場合にはどのように対処するべきなのかということをきちんと知っておく必要があります。

対策は水のうが有効

大量の雨が降って家庭のトイレが詰まってしまい、使用できなくなることがあります。もちろん使えなくなってしまうのもこまりますが詰まってしまうだけならまだ良いです。実際にあったケースですが、大雨が降った地域でトイレから水が逆流して噴出してしまうことすらあるのです。もちろん噴き出す水は汚水ですので衛生的にも問題ですし、部屋の中が水浸しになってしまいとても大変です。こういったことにならないように出来る対応としては簡易水のうでふさいで、浸水を防ぎます。

排水管の容量が限界値を超えて排水が押し戻されて便座内から水が溢れてしまう現象を排水溝客流といいます。この現象が起きてしまっている場合には、室内に汚水が入ってくるのを防ぐ必要があります。自分でできる対策として水のうを使う方法があります。まず家庭にある45リットル以上のごみ袋に半分程度水を入れます。ごみ袋が切れてしまわないように2枚重ねにしておくことをおすすめします。

ごみ袋の中の水を抜いて、水が出てしまわないように口をしっかりと縛ります。水のうが出来上がったら、便器の中にゆっくりと入れます。便器を塞いだことによって他の排水溝から逆流してきてしまうことのないように、洗濯機やお風呂などのあらゆる排水溝を塞いでおくことも忘れないようにしてください。

簡単にできますし、ごみ袋でしたら必ず家にはあるものですので特別な準備も必要ありません。そして使用した後もただ水を抜いてごみ袋を捨てるだけで済みますので処理も簡単です。いざという時にはとても有効な手段ですので覚えておいてください。

その他プランターやポリタンクも

もし豪雨が降ったことによって排水管がいっぱいになってしまいトイレが詰まってしまったら、トイレから水が逆流して噴出してしまうことを防ぐために何かしらの対応をしておかないと汚水が部屋の中に噴出してしまって、汚い水で汚れてしまったりしてとても大変なことになってしまいます。それを防ぐためには、上でも説明したようにごみ袋を使用して水のうを作って便器の中に入れるという方法が非常に有効ですが、もし家に不要なプランターやポリタンクがあるのであればそれらを使用して同じように汚水の逆流を防ぐことも出来るのです。

全体の半分程度まで水を入れて、きちんとフタを閉めて便器の中に入れます。ただし、便器の中に入れてしまいますし、便器に上がってくる汚水に触れることになりますので使用後は捨てるしかありません。洗ってまた使用するというのは衛生的にも少し問題があります。もし家にごみ袋が無くてプランターやポリタンクならあるという場合や、緊急事態で衛生面など構っていられないという状態であればプランターやポリタンクを使用するのも良いかと思います。

ただ、可燃物として廃棄することができませんし大きさもある程度はあるものですので、使用後に廃棄をすることを考えるとごみ袋があるのであればごみ袋を使用する方がおすすめです。ただ、緊急時に使用できるものとして用意しておくというのはとても良いことですので余裕があれば用意をしておくとよいでしょう。

まとめ

台風やゲリラ豪雨などの豪雨が降ってしまった際には、トイレが詰まってしまうことがあります。それは排水管が本来処理することが出来る許容量をオーバーしてしまい、家庭で使用した生活排水を処理することが出来なくなってしまうからです。そして最悪の場合には詰まるだけではなく、逆流して汚水が便器から噴出してしまうことすらあるのです。

ですからもしトイレが詰まってしまった場合には、逆流してこないようにごみ袋やポリタンクなど家に普段あるもので対処することも出来ます。いざという時に困ってしまうことがないように、対処方法を知識として持っているようにしましょう。

この記事をシェアする