> 突然のトイレつまり!業者に依頼すると費用はいくらかかる?
COLUMN

突然のトイレつまり!業者に依頼すると費用はいくらかかる?

突然、トイレの水が流れなくなってしまって、溢れる寸前、または溢れてしまった場合には、驚くことでしょう。それだけではなく、あたふたと何をすればいいのか迷ってしまう方がほとんどだと思われます。
ここでは、水道の修理業者に依頼する際の費用相場、依頼の流れ、信頼できる業者選びについての説明をしていきます。

トイレのつまり改善にかかる費用相場

もしも、トイレがつまったら、みなさんはどういったことをするでしょうか?中には詳しい人もいて、熱湯や洗濯洗剤などを使ってつまりを改善する方もいると思われます。
スッポンやカッポンなどと呼ばれるラバーカップを使用して解消してしまう方もいるでしょう。
ですが、ある水道の修理業者では、なんと1日に平均して約80件、トイレの問題によっての修理依頼が入っているそうです。
それほどに、トイレがつまったり、水漏れを起こしたといった話は起こっているのです。
ここでは、自分でトイレの故障の問題を改善できない人に対して、業者に支払う費用相場を紹介します。

まずは、トイレのつまりを改善する参考料金です。簡単な場合は、基本料金として税抜きで5000円前後くらいからのところが多いです。これは洋式、和式、大小便器に対しての料金になっていますので、どの便器の種類が高いとかは無いと考えておいてください。
便器を脱着するといった場合には12000円~15000円前後の費用相場となっています。
S字管の奥につまってしまい、なかなか原因のものが取れない場合には、高圧洗浄機を使用して流すことになります。その場合の費用相場は、戸建の場合は1時間あたり15000円~20000円。店舗やマンションの場合は1時間あたり35000円~45000円といった相場になっています。
排水管につまったものを引っ掛けながら取り除くための、トーラー機と呼ばれるものを使用する場合には、3メートルまでの計算で13000円~18000円といった料金がかかってしまいます。
次に給水タンクや便器などの水漏れなども起こりうることです。この辺の修理の場合は、素人ではなかなか改善できないものとなっています。こちらも5000円からの料金になっていますので覚えておいてください。
その他、朝早くや夜遅くといった場合の別途料金も発生することがありますので、その場合はご了承ください。

業者への依頼から施工までの流れ

次に水道の修理業者を依頼したいと考えている場合の、電話連絡から修理、そして代金を渡す所までの流れを伝えていきます。

まずは、依頼する業者を決めた後に、連絡をして依頼します。
初めに見積もりを立ててもらえますので、複数の業者に見積もりを頼んでみてください。
親切なところであれば、ラバーカップなどによっての改善方法を教えてもらえる場合もあります。しかし、それでも改善できない場合は、やはり業者に修理してもらうことになるでしょう。
業者が来たとしても、まずはラバーカップやピーピースルーKなどの薬品は使うことがあります。
そこで、業者に頼んだ場合には、高圧洗浄機を使用する場合もありますので前もって、トイレの床には新聞紙や雑誌をしき、ビニールシートなどもかけておいてください。壁もビニールシートで覆ったほうが良いでしょう。業者が養生してくれるところもありますが、そのくらいは自分たちで準備しておいたほうが、業者もすんなり作業ができるようになります。見積もりして依頼した後、指示があると思われますので、指示に従ってください。
高圧洗浄機でつまりの原因が取れない場合には、便器を取り外すことになります。そうなると便器などの脱着工事となって、料金も高くなりますのでご了承ください。
取り付けが終わったら、業者が請求を出すことになります。
その場で支払う場合と、後に支払う場合がありますので、業者側の指示に従ってください。
また、水漏れなどの場合には水圧の関係もあるので、素人での修理は難しいものです。修理が終わったとしても、水が上手く流れなくなってしまったといった場合は、トイレのつまりの原因にもなりますので、水道の修理業者を頼ったほうが良いでしょう。
生活水道に関する不具合が出た場合には、まずは業者に電話をして相談してみてください。

信頼できる業者に依頼するためのポイント

このように、なかなか難しいトイレのつまりの改善になるのですが、水道の修理業者にも良いところがあれば、悪いところもあります。
誰しも信頼できる業者に依頼したいと思いますので、信頼できる業者を選択するための考え方を紹介します。
まずは、優良な業者というのは近所の水道事業をおこなっているところにもありますが、ここではホームページを持っていないところの紹介は難しいので、ホームページを参考にする方法を伝えますのでご了承ください。

優良な業者の場合には、基本的には会社概要といったメニューがあり、そこをクリックすると、社長名、会社の場所、資本金、連絡先などが記されているものです。
そういった会社概要がない業者の場合は、近年では信頼できる業者とは言えないものです。
しっかりとした会社概要が記載されている業者を選ぶようにしてください。
また、ホームページを確認すると、実績や口コミ情報を載せているところも多くなっています。
実績のところで、法人企業との取引がある業者を選んだほうが、間違いはないでしょう。
それから、依頼する前に、事前に電話連絡をして、見積もりをしてもらう時に、どういった症状で困っているのかを相談してみてください。
電話の応対がいまいち雑なところは、近年では信頼に値しない業者が多いと言えます。
法人起業と関係があるところなら、なおさら応対がしっかりしていないと難しいものなので、話し方が丁寧でないところは、利用を控えたほうが良いかもしれません。
また、口コミ情報で、あまりにも短い、ある程度のどのような工程で改善してもらったのか書かれていない場合には、依頼することを控えてみても良いかもしれません。本当に嬉しい場合は、どういったことをしてもらったかは、書いてもらえるはずなので、書かれてない場合は、自作自演を疑ったほうが良いでしょう。
このようなことを参考にして、信頼できる業者を選んでみてください。

まとめ

ここでは、突然トイレがつまった際に依頼をする、水道の修理業者に関しての話をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?
費用相場で選ぶのはもちろんのこと、業者のホームページを確認して、信頼できる業者を選ぶことが大切なことにもなってきます。
電話での応対がしっかりしていないところ選んでしまった際には、お金だけが目当ての悪徳業者と関わってしまう恐れもあるのです。
急いではいると思われますが、優良な業者に依頼をするようにしてみてください。

この記事をシェアする