> トイレのつまりは溶かすのが一番の解決策
COLUMN

トイレのつまりは溶かすのが一番の解決策

詰まりを解決しようと思った時に、真っ先に思い浮かぶのはスッポンなどと呼ばれるラバーカップではないでしょうか。しかしこのラバーカップ、なんとなくスポスポすればいいかというとそうではありません。正しく使用しなければ、いつまでもつまりを解決することはできませんし、壁などを汚してしまう恐れもあります。自分で詰まりを解消する方法として、詰まりを溶かすという方法があるのです。

トイレつまりの前兆とは?

つまりはある日突然起こると思っていませんか。実はつまりには予兆があるのです。しかし、変調に気づいてもが「少しぐらい流れが悪くても、最後にはちゃんと流れているのだからきっと大丈夫。」と思い込んで、そのまま放置していませんか。そのまま放置してしまったら、その時は大丈夫でも、いつかはつまって水が溢れてくるかもしれません。

例えば、いつもと同じように流したら、水が便器の縁まで溢れそうになったことはありませんか?一瞬どきっとするけれど、そのまま自然と水が引いてしまうと流れた安心感から、そのままにしてしまっていませんか。ゆっくりとでも水が流れるということは完全に詰まっているわけではありません。しかし、このままではいずれは完全に詰まってしまいます。これは、大量に流れたトイレットペーパーが溶けずに排水管に残っているために起る症状です。これを放置しておくと、いずれ完全に詰まってしまいます。

そうなる前に、排水管に詰まった異物などを吸引や溶かすなどして解消する必要があります。それ以外には、流す時にいつもと違った音がする場合もあります。排水管の先が詰まっていると、水を流した時にゴボッゴボッという音がします。これは排水管が詰まって水があまり流れずに、空気だけが上がってくるために音がするのです。

2つの前兆のうち前者の水位があがってくる場合は、自分で対処できることもありますが、後者のゴボッゴボッという音は、排水管に異物が詰まっている可能性があるので特に注意が必要です。どちらにしても、前兆を見過ごしたりせずに、早めに対処しておくことが、詰まりを起こさないために重要になってきます。

原因として一番多いのが紙詰まり!

注意をしていたつもりでも起きてしまうのがトイレ詰まりですが、その原因は一体何なのでしょうか。子どもが誤っておもちゃを落とした、ポケットからカードやペンを落としたなど、明らかに異物を流してしまったケース以外では、一番多い原因は紙が詰まって起きたものです。トイレットペーパーは通常、水に溶けるタイプが主流ですが、中には水に溶けないものもありますので購入する時には注意が必要です。

しかし「水に溶けるはずなのに、なぜ詰まったのか」と思う人もいるでしょう。いくら水に溶けるといっても一度に大量に流した場合は、溶けきれずに残る可能性が高いのです。最近では水に溶けるタイプのお掃除シートやお掃除ブラシがあります。掃除をする上では大変清潔で便利なのですが、厚手な分、流す時には注意が必要です。

また、紙おむつや生理用ナプキンを流してしまう人もいるようです。生理用ナプキンはテープの部分が排水管にくっついてしまう恐れがありますし、紙おむつは水を含むと膨れてしまうので、絶対に流さないようにしましょう。また、ティッシュペーパーを流す行為も詰まりの原因になります。ティッシュペーパーは薄いために軽い気持ちで流してしまいがちですが、水に溶けない製品がほとんどですから流してはいけません。

このように、詰まりの原因は圧倒的に紙による詰まりが多いです。どうせ溶けるのだからと油断して一度に大量に流すと、溶けきれない紙が排水管に残り、つまりの原因になります。このような紙が原因のつまりの解消法は、紙を溶かす方法が有効です。

溶かしてつまりを解消する手順

つまりを解消する方法として、真っ先にスッポンと呼ばれるラバーカップを思い浮かべる人は多いと思います。しかし、その正しい使い方を知っている人はどのくらいいるのでしょうか。そもそも、ラバーカップが自宅にないという人もいるでしょう。そんな時に、詰まったものを溶かしてつまりを解消する方法があります。
紙類や自分の汚物が原因でトイレが詰まった場合は、お湯で溶かすとができます。ただし、熱湯を使うと便器を痛めるため、40~50度のお湯を使うことを忘れずに気を付けてください。
手順としては、最初に便器にたまった水を少なくするために、あらかじめ汲みだしておきます。その後、お湯を高い位置から排水溝に流し込みます。これを2~3回繰り返したら、1時間程度放置して溶けるのを待ちます。放置した後に便器の水位が下がったことが確認できたら、詰まりは解消されています。
また、ホームセンターなどには家庭用のトイレ詰まりを解消する製品が色々と売っていますので、これを購入する方法もあります。これらの製品は強アルカリ性でトイレに詰まったものを溶かして、トイレ詰まりを解消させるものです。ただし、これらは強力な製品ですから、使う際にはゴム手袋やメガネなどをすることも大切です。
さらに隠れた原因として、尿石がパイプの内側に張り付いて狭くなっていたということがあります。この場合、例えば詰まりの原因である紙類や汚物を除いても、パイプの中の水の通り道が狭くなっている以上、またすぐに詰まってしまう可能性があります。尿石を溶かすためには、市販の専用薬剤がありますので、定期的に使用して、パイプの中を綺麗にしておいた方がよいでしょう。

まとめ

 トイレつまりとは、特別に何かしたからといって起こるわけではありません。日常のなにげない行動や積み重ねによって起こるのです。トイレに流していけないものは流さない、また水に溶けるタイプのものでも一度に大量に流さない、定期的に尿石予防をするなど、日頃からトイレを詰まらせないような心配りをしておくことが大切です。しかし、それでもどうしても詰まってしまった場合の対処方法として、つまりの原因を溶かして解消する方法があることも知っておくと便利なことでしょう。

この記事をシェアする