> トイレにつまってしまったティッシュを安全に溶かす方法
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

トイレにつまってしまったティッシュを安全に溶かす方法

トイレットペーパーが無い時に手持ちのティッシュペーパーを使ってしまう人がいます。自宅の場合では、あまりそういったことは無いと思いますが、店舗を経営している場合には、トイレットペーパーが切れていることに気づかず、お客様にティッシュペーパーを流されてしまったということもあると思います。
そうすると、流せないティッシュペーパーが原因でトイレがつまってしまったというケースが多くみられます。その時の対処方法をお伝えしていきましょう。

ラバーカップを使って押し流す

スッポンやカッポンなどといった名称を聞いたことがあるのではないでしょうか?これらの本当の名称は、「ラバーカップ」と言います。
形状としては、木材やプラスチックなどの棒状の先に、カップ状のゴムが付いているものです。これを使えば、ティッシュペーパーがつまった場合に押し流したり、吸い出したりして取り出すこともできます。

ラバーカップを使う時は、まず準備をすることが大切です。汚水が飛び散る可能性が高いため、汚れても問題ないような服装に着替えたほうが良いでしょう。そして、トイレが汚れないように床に新聞紙やビニールを敷いてください。
さらに、便器を包み込めるような大きさのビニール袋の中心に切れ込みをいれたり、穴を開けたりして、棒の部分を出して、ビニールを便器にかぶせ、多少の動きにも対応できるように少し余裕をもたせた状態でテープなどで便器に貼り付けてください。
トイレットペーパーやティッシュペーパーがつまりの原因と断定できている場合には、ラバーカップを勢いよく押してみても良いでしょう。
そうすると、水が流れてくれる場合もあると思われます。
ですが、本当のラバーカップの使い方としては、引き出すほうに力を入れて欲しいので、引き出すやり方を説明します。
先程は勢いよく押すと言いましたが、ゆっくりと押し込み、勢いよくラバーカップを持ち上げる感じにしてみてください、何度か繰り返していると、つまったティッシュペーパーやトイレットペーパーが引き出されて粉々になるか、丸まって出てくるはずです。出てきたら、その塊をゴム手袋などで砕いて、少しずつ流すと良いでしょう。
ラバーカップを使って、押し出そうとしても上手くいかなかった場合は、引き出す方に力を入れてみるようにしてください。

薬品を使って溶かす

「ラバーカップを使うのは、準備も大変だし時間もかかるし、他の方法は無いの?」といった人もいることでしょう。
そういった人には、「液体の食器用洗剤」をおすすめします。
やり方は、100ccほどの液体食器用洗剤をトイレに入れ、お湯も一緒に入れるだけです。この時のお湯の温度は40度から50度程度にしておいてください。沸騰したお湯の場合は便器が割れたりすることもありますので、絶対に入れないようにしてください。ゆっくりとお湯を流したら、あとは20分ほど待ちましょう。
便器の中の水の量が減っていたら、あとは問題なく使用できます。
他にも、ティッシュペーパーやトイレットペーパーを溶かす液状の薬品がありますので紹介しておきます。
その薬品の名前は「ピーピースルーK」と呼ばれるものです。ホームセンターなどで売っています。インターネットでも簡単に購入できます。
薬品なので、使い方としてはゴム手袋をするだけでなく、ゴーグルや特殊なマスクを準備する必要があります。
こちらもホームセンターで準備できるものとなっています。必ず購入してください。
そして、窓をあけ、換気扇を回して、トイレにピーピースルーKを流し入れてください。水と混ざるとシュワーっと音を立ててティッシュペーパーやトイレットペーパーを溶かしていきます。10分ほど放置して、まだ水の量が減っていない場合は、もう一度ピーピースルーKを入れてみてください。そうすると流れるようになっているはずなので、バケツから水を入れて流してみましょう。問題なく流れたら、それでつまりは解消しています。
ピーピースルーKは非常に強力な薬品ですから、目に入ったり皮膚につかないように、ゴム手袋、ゴーグル、マスクは必ず使うように注意しましょう。

真空ポンプを使って流す

ホームセンターには、「真空ポンプ」というものも売られています。ラバーカップも、ピーピースルーKも試してもイマイチ水の流れが良くならない場合には、この真空ポンプを購入してみてください。ラバーカップの5倍くらいの吸引力があります。これでダメなら修理業者を頼ったほうが良いでしょう。
他にも、金ブラシといったものも売られています。しかし、便器や排水管に傷をつける可能性があります。真空ポンプ自体も高額なものとなるので、ピーピースルーKでも溶かすことができない場合は、最初から修理業者を頼ったほうが良いかもしれません。
修理業者は、4000円から修理してくれるところが多いです。ラバーカップや、ピーピースルーKを購入すると、結構な費用がかかります。最初から修理業者を頼ったほうが安い場合もありますので、無料で見積もりを出してもらっても良いのではないでしょうか?

ここまで、ティッシュペーパーやトイレットペーパーがトイレにつまった場合に、溶かす方法と取り出す方法をお伝えしてきました。
最後にトイレがつまる原因を紹介します。
ペーパー類がつまるのケースでは、水に流せないタイプのティッシュペーパーがつまったり、トイレットペーパーを大量に流してしまったといったことが原因となる場合が多いです。
他にも、節水による原因も多いと言われています。テレビなどで、給水タンクの中にペットボトルを入れると、節水できるといった裏ワザが伝えられましたが、それが実はつまりの原因となっている場合もあります。
給水タンクから流れる水量と流れる勢いは、トイレの会社が研究を重ねて出したものなので、その水流がペットボトルを入れることによって弱まると、トイレのつまりの原因になるのです。また、そのペットボトルが引っかかったりして、逆に水が出っぱなしになるといった故障につながる場合もあります。

もし給水タンクが壊れて交換するとなると、真空ポンプを購入するよりも高くつくことになりますので、つまり予防のためにはペットボトルなどをタンクに入れないほうが良いでしょう。

まとめ

ティッシュペーパーやトイレットペーパーが、トイレにつまった場合に安全に溶かす方法をお伝えしてきました。
トイレは、突然つまってしまうものです。店舗などで営業をしている場合には、ラバーカップを準備していたほうが良いでしょう。もし、給水タンクにペットボトルなどを入れて節水対策を行っている場合はつまりを防ぐためにも取り出した方がいいでしょう。
トイレットペーパーを大量に流さないようにする、十分な水流を確保するということをするだけで、トイレのつまりは防ぐことができますから気をつけましょう。

この記事をシェアする