> 蛇口・排水トラブルに業者はどう対応してくれる?
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

蛇口・排水トラブルに業者はどう対応してくれる?

蛇口は、前述のとおり水道管から家庭への水の入り口になります。トイレやキッチン、洗面所や洗濯場、そして浴室など、様々な場所でその役割を果たしてくれています。時代の移り変わりにより、カランからレバーへと、より便利で見栄えの良いものに変化を遂げてきました。

しかし、どんなに形を変えても、その役割は水量を調節し、流れの開閉を制御することです。入り口でトラブルが起こってしまうと、家中の機能が一気に停止してしまうので、一刻も早く業者に修理を依頼しないといけません。

よくある蛇口・排水トラブル

蛇口は、主に水流の開閉と水量の調節が主な役割です。水道管から送られてくる水道水の出口なので、主なトラブルは水漏れがほとんどです。ただ、ひとことで水漏れといっても、蛇口からなのか、ハンドルやレバーからなのか、設置面である壁や柱など接続部分からのものなのかによって、その深刻度は大きく変わってしまいます。水道管の老朽化や経年劣化によってできた亀裂などで漏水している場合は、一刻もはやく修復しないと甚大な被害を被ることにもなりかねないので、水道局や24時間対応してくれる業者に連絡しなくてはいけません。

一方で、蛇口を閉めてもポタポタと水滴が止まらないときや、ハンドルやレバーから水が染み出すなどの水漏れは、放っておくと水道代がかさんでしまうので、出来るだけ早い修理が必要です。どちらにしても、水漏れは業者に現状を正確に伝えて、正しい判断を仰ぐことが大切だといえます。

業者の具体的な対応方法や手順

蛇口をちゃんと閉めても水滴が滴り落ちる場合、パッキンといって流体の漏れや外部からの異物の侵入を 防ぐシール状の部品が消耗していることが考えられます。パッキンは大工センターや建材店などでも購入できるので、手順を間違えなければ、素人でも交換は可能です。けれども、最新式の蛇口やデザイン性の高いものは、難しい場合もあるので、無理をしないで業者にお任せしたほうがいいかもしれません。素人判断でいじってしまうと、かえって状態を悪化させることも往々にしてあるので、見積もりや相談が無料で出来る業者に相談すれば、適切に判断してもらえるでしょう。

また、水道水の濁りや着色がある場合は、マンションの管理会社や自治体の水道局に相談してから、対処を考えるのも必要です。

蛇口・排水トラブルの料金相場は?

蛇口やその周辺からの水漏れは、被害を大きくしないためにも、まず水道の元栓を締めればたいていのものは止まるはずです。けれども、そうするとトイレやキッチンも使えなくなってしまうので、出来るだけ早く修理をお願いしないといけません。蛇口の修理の場合、平均して基本作業と出張費で8000円程に部品代や工事代がプラスされます。

業者によっては、Web申し込みで出張料が割引になるところもあるので、緊急でない場合は、何社かを比較検討してみると、出費が抑えられるかもしれません。大規模な水漏れの場合は、まず緊急に水を止める処置をしないといけないので、その後の修理や工事が必要となった場合は、ひとまず冷静になって、どこに頼むかを決めたほうが良いでしょう。

まとめ

私達の日常生活において水道は、食事を作ったり身体や衣服や住居を清潔にするためになくてはならないものです。その出口が蛇口で、全ての始まりの場所でもあります。蛇口のトラブルは、ちょっとしたことでも生活のリズムを狂わせて、快適な生活の妨げになってしまいます。日常使うものだからこそ、小さな違和感でも気づくはずなので、修理やメンテナンスなど、気軽に相談できる業者を、事前にいくつかピックアップしておくと、安心ではないでしょうか。

この記事をシェアする