> トイレにティッシュが詰まる原因と対応方法
COLUMN

トイレにティッシュが詰まる原因と対応方法

ティッシュは柔らかくて肌触りも良いですから、トイレットペーパーの代用品として最適だと思っていませんか?確かにどこのご家庭にもありますし、肌触りが良いのでお尻を拭いても痛くなりませんから、家計の節約のために日常的にトイレで使っているという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実はティッシュはトイレのつまりを引き起こす原因になってしまうのです。こちらでは、原因や対処法などについてご説明します。

トイレにティッシュが詰まる原因

その答えは、ずばり、ティッシュは水に溶けないからです。では、なぜ溶けないのでしょうか。水に溶ければトイレにも使えて便利だと思いませんか?しかし、水に溶けない理由は、そもそもどんな場合に使うのかを考えれば、よく分かります。例えば鼻水をかむときに使いますよね。花粉症でティッシュが手放せないという方も多いことでしょう。一日に何回となくお世話になりますよね。鼻水も水分を含んでいますから、もし溶けてしまったらボロボロになって、鼻はかめません。また、こぼしてしまったジュースを拭くときも溶けてしまったら使い物になりませんよね。だから、ティッシュはわざと溶けないように作られているのです。見た目はトイレットペーパーとさほど変わらず、どちらもソフトで肌触りがよい紙に見えますが、ティッシュは簡単に溶けないように、繊維に接着剤を入れて固めてあるのです。

一方トイレットペーパーは水に溶けやすいように、接着材は使われていません。だから水に流すと繊維がすぐにほぐれて、水に溶けやすくなるようにできているのです。ティッシュは接着剤が繊維をほどけさせない構造になっているので、水に溶けないため、トイレの水の流れをせき止めてつまってしまうのですね。

ただし、数枚の使用であれば、さほど心配はいりません。心配なのは大量に使うこと。ペットのワンちゃんや猫ちゃんのうんちをティッシュにぐるぐる巻きにしてくるんで流していませんか?また、介護をしているご家庭でも、介護されている方の排せつ物をティッシュでくるんで流すケースもあるかもしれません。このように、一度に大量に使ったときにつまりが起こりやすくなります。

トイレにティッシュが詰まった場合の対応方法

では、つまってしまったときはどうすればよいのでしょうか。最初にお試しいただきたいのは、お湯を使って流す方法です。40度~60度のお湯を便器に流し込みます。この時、絶対に熱湯は使わないでください。熱湯のほうが効き目がありそうな気がしますが、熱湯だと便器を傷めてしまうからです。もし経年劣化で細かいヒビなどが入っていたら、割れてしまう可能性があります。ちなみに一緒に便がつまっている場合でもお湯を使って溶かしてください。

ただ、便が長い時間流れないとニオイが気になりますし、衛生面でも怖いので、なるべく早く溶かしてしまいたいですね。そのときは、お湯と洗濯洗剤を一緒に流すのがおススメです。洗剤は液体タイプのものが良いでしょう。量はおよそ100ccで十分です。次にお試しいただきたいのは、ラバーカップです。ラバーカップは別名スッポンとも呼ばれています。スッポンと言ってもあの生物ではなく、「スッポンという音とともにつまりが直る」というところから付けられた愛称です。

使い方はラバーカップを排水口に押し当ててカップをつぶし、一気に手前に引きます。これを数回繰り返してみてください。ラバーカップはホームセンターでもネット通販でも購入することが出来ます。洋式用と和式用がありますので、買う時にお間違えのないようにお願いします。和式のものはカップ部分が広めに作られているので、洋式便器の排水口にはフィットしません。

洋式便器用のものはラバーカップの先の部分が細くなっているので、小さい排水口にもピタッとフィットします。お値段は大体1000円前後です。最後にご紹介するのは、パイプのつまり解消剤を使うこと。いざという時のために、ラバーカップやつまり解消剤を常備しておくと安心ですね。

それでもつまる場合は業者に依頼

自力であれこれやってみたけれど、やっぱりつまりが直らないという場合は、業者に依頼してください。お金はかかりますが、狭くてクサイ個室で長時間悪戦苦闘するストレスから解放されますし、やっぱり「餅は餅屋」。プロは作業も迅速であっという間につまりが解消できます。水回りの仕事をしていた経験から申し上げますと、皆さんつまり解消のためにあれこれ手を尽くした後で業者に依頼されケースが非常に多いのです。業者に依頼するとお金がかかるというのが主な理由です。それ自体は決して悪いことではないのですが、あれこれ手を尽くし過ぎてつまりを悪化させてしまうケースがとても多いのです。

例えばどういうことかと申しますと、ラバーカップを使っているうちにどんどん、つまりが奥のほうに移動してしまった、など。最初から業者に依頼していただければ簡単に修理できたものが、状態が悪化してしまうとそれなりに修理代がかかります。特に排水路の奥まですすんでしまうと、自力で解消するのは無理です。ご自身で解決したいという気持ちはごもっともですが、ラバーカップを数回使ってもダメだと思われたら、作業をやめて業者を呼んでください。

ただ、業者を呼べと言われてもすぐには具体的な業者名が浮かばないという方も多いと思います。よくポストなどに入っている業者の連絡先が書かれたマグネットシートなどを、日ごろから冷蔵庫のドアに貼っておくと安心です。そして、業者につまりの原因がティッシュであること、どのような対処法をご自身で行ったのか、つまりが発生してからどのくらいの時間が経過しているのかなど、現在の状態を詳しく伝えてください。こうすることで、業者も作業をよりスムーズに進めることが出来ます。

まとめ

ティッシュのつまりは水回りのトラブルの中でも、結構起きやすいケースです。なるべくトイレでは使わないように注意することが大切ですが、それでもトイレットペーパーがないなどの緊急事態では使わなくてはならないケースもあります。その時は、くれぐれも大量に使わないようにお気を付けください。また万が一つまってしまったら、先ほどお話しした方法をお試しください。そして、それでもダメな場合は業者に依頼することをおススメします。

この記事をシェアする