> 専用道具なしでトイレつまりを解消!ハンガーやペットボトルでの対策法
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

専用道具なしでトイレつまりを解消!ハンガーやペットボトルでの対策法

トイレで上手くトイレットペーパーが流れずに便器内に残ってしまうことってありますよね。数回水洗すると自然と流れていくこともありますが、なかなか解消されないときは、便器内や排水管に紙や便がつまっている可能性があります。対策として有名なのは「ラバーカップ」ですが、常備していないという人も意外と多いです。

今回は、ラバーカップやワイヤーブラシの代用として使えるペットボトルや針金ハンガーでの対策法を紹介します。

まずは基本の「ラバーカップ」の使い方

ペットボトル、ハンガーでの対策法を紹介する前に、まずは「ラバーカップ」の使い方を、つまりを除去する仕組みとともに解説します。

ラバーカップは、ゴム製のカップに持ち手がついた道具で、トイレの排水口に押し当てながら持ち手を引きカップを引き抜くことで、詰まっているものを動かして水に触れさせ溶けやすくし、便器内に戻して水中でバラバラにしやすくすることができます。また、カップを押し付けることで逆につまりを押し流すこともできます。

この時、カップ部分が全て水に使っていないと、カップ内が真空にならないため効果があまりありません。また、引き抜く際に汚水が飛散する恐れがあるので、床や壁を新聞紙などで養生し、便器全体を透明なビニール袋で多い、ラバーカップが差し込める大きさの穴を空けて行うのも有効です。

ラバーカップには和式トイレ用と洋式トイレ用があり、和式用はゴムがお椀状で中が空洞になっています。洋式用はゴムの先端にさらに筒状のゴムがついています。和式用が今まではよく見る形でしたが、最近は洋式トイレが増えたので、洋式用のラバーカップもよく見かけます。
また、洋式用の筒状部分を収納でき、和式用と兼用できる製品もあります。

使い方のポイントは、「カップ部分をすべて水に浸し、ゆっくり静かに排水口に押し当て、力を入れてグッと引く」ことです。意外と押すときばかりに力を入れている人が多いです。つまっているものを押し込んで素直に流れていけば良いのですが、さらに奥で再びつまってしまうことがあるので、「引く」ときに力を入れて、つまりを便器内に引っ張り出すようなイメージで行いましょう。引く際に汚水が跳ね返ってくる恐れがあるので、先述の養生をした上で慎重に行いましょう。

繰り返していると、中で詰まっている紙や便が水に触れて溶け、流れやすい状態になります。固形物が詰まっていた場合は、手で取り出すことができることもあります。

ラバーカップの代替品として「ペットボトル」

このラバーカップと似たことを行えるのが、ペットボトルを使った方法です。

まず、空のペットボトルを用意します。排水口にはまるサイズ、500mlのものを使います。他に、手にトイレの水がつくのでゴム手袋やビニール袋を手に巻くなどの対策準備をしておくと良いでしょう。

次にペットボトルの下の部分を底から約3センチほどカッターなどで切り取ります。この時、切り口で手や指を切らないように注意しましょう。飲み口のキャップは外しておきます。キャップがついたままだと、空気が溜まってペットボトルを水中に押し込みにくくなります。

こうしてできたペットボトルを、ゴム手袋などをはめた手で排水口に差し込みます。排水口で底部分を水に浸しながら上下させることで、つまっているものにラバーカップと似た要領で圧力を加えることができます。水が勢いよく流動し、つまっているものを水に触れさせ流れやすくしてくれるので、ゴボゴボという音とともにそのまま流れていくか、または便器内に戻ってボロボロに溶けていくといった結果が得られると思います。

この方法は、ラバーカップと同じ原理ですが、ラバーカップほど高い圧力を与えることはできません。ですので「軽度の、なおかつトイレットペーパーや便等の水に溶けやすいもののつまり」には効果がありますが、つまりがひどく少ない圧力では中でつまりが動いてくれないこともあります。また、固形物を引き戻すほどの力もないと考えたほうが良いでしょう。また、ペットボトルをカットした断面は鋭利でギザギザしているため、慎重に行わないと便器内を傷つけてしまうこともあるので注意しましょう。

パイプクリーナーの代替品として「針金ハンガー」

次に、針金ハンガーを使った方法を紹介します。
これは、「ワイヤー式パイプクリーナー」の代用品として使用できます。ワイヤー式のパイプクリーナーは、数メートル~数十メートルのワイヤーの先にらせん状になったブラシがついているもので、排水口に差し込んでつまりの原因を取り除くときに使います。

ハンガーを使う場合は、やわらかめの針金ハンガーを使います。女性でも素手で曲げられる程度の強度のものがよいでしょう。あまり固すぎると排水口の中のカーブなどでうまく曲がらず、奥まで入っていきませんし、便器や排水管を傷つける可能性があるからです。

ハンガーの加工方法は、ねじられている部分、曲げられている部分を全て分解してまっすぐな状態にします。取っ手付近は固くねじられていることが多いので、ペンチで切ってしまっても良いでしょう。そして、片方の先端に輪っかを作ります。輪っか状にすることで排水口に入れた際に便器や排水管を傷つけず、さらにブラシの役割をすることができます。

こうして擬似ワイヤーブラシを作ったら、排水口から差し込み、ゆっくりと奥へ入れていきます。細かく上下左右に動かしながら入れていくと、つまりの原因を探しやすいです。

つまりの感触を見つけたら、その場所でつまりを崩すようにしながら押し込んでいきます。
つまりが分解されると、水が流れ始めます。便器内の水が流れ切ったら、正常に水が流れていくかを確認しましょう。この時タンクからレバーで水を流すと、水量の調整ができないので、つまりが解消されていないと便器内から水が溢れてしまう可能性がありますので、バケツなどから少しずつ流して水流を確認しましょう。

ハンガーを使用するときの注意点

針金ハンガーでつまりを取り除く時の注意点は、「押し込んで流してしまってもよいつまり」かどうかを確認してから行うことです。具体的にはトイレットペーパーや流せるクリーナー、便などであれば、押し込んで流しても問題はありませんが、スマホや時計などの固形物の場合は、ハンガーで取り出すことは難しく、また通常のラバーカップやワイヤーブラシなどでも取り出すのは困難です。

浅い位置であれば手を突っ込んで取り出せますが、上記の対処をすることでさらに奥へ押し込んでしまうと絶望的です。つまりが悪化するばかりか、排水管や浄化槽を痛め、大規模な修繕が必要になることもあります。固形物を流してしまい、取り出せないときは無理に自力で対処しようとせず、早めに専門業者を呼んだ方が良いでしょう。

また、ハンガーは排水管専用のワイヤーではありませんので、カーブが多い排水管では柔軟に曲がらずうまく目的地までたどり着けないこともあります。また、無理に押し込むと排水管の別の箇所を傷つける恐れもあるので、自己責任の元慎重に行う必要があります。

まとめ

今回紹介したペットボトルやハンガーを使ったつまり解消法は、軽度で水に溶けやすいものがつまっている時には、コストや手間を考えても非常に有用と言えるでしょう。深夜や緊急時、専門器具を常備していなかった時などに思い出してみてください。

しかし、専門器具でないがゆえにリスクもあることを忘れないようにしましょう。無理な動きを繰り返したり、強く押し込みすぎたりすることは、便器や排水管を破損する原因にもなります。また、つまっているものが固形物の場合は状況が悪化する可能性があることも覚えておきましょう。