> トイレの水がたまらない原因とそれぞれの対処方法を解説
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

トイレの水がたまらない原因とそれぞれの対処方法を解説

水がたまらなくて、排泄物やペーパーが流せなかったら、パニックになってしまいますよね。特に急いで出かけなくてはならない時などは慌てて何度もレバーを引いてしまいます。そして、多くの方がタンクの中に何かがつまったか、タンクが壊れてしまって水がたまらないのではないかと考えるかもしれません。しかし、たまらない原因は意外なところに隠れている場合もあるのです。早速、原因とそれぞれの対処方法について見ていくことにしましょう。

最も多いのは止水栓の開け忘れ

意外に思われるかもしれませんが、たまらない原因の第一位がこれ。通常のトイレの場合は、壁とタンクをつないでいる管の途中についています。しかし、タンクレスの場合は、便器の下部についていますし、TOTOのネオレスト系の場合は、便器の下部のカバーを外さないと見えません。また、ウォシュレットやシャワートイレなどの場合は、二股に分かれています。このように便器の種類によって位置が変わってきますので、詳しい位置については、自宅のトイレのパンフレットやメーカーのホームページなどで確認してください。

位置は違っていても、どれも締まっている状態ではいくらレバーを引いても流れないのは当然です。通常触る機会はそれほどありませんが、つまりなどを修理する際は、必ず締める必要があります。そうしないと、水があふれてしまいトイレの床をダメにしたり、廊下やほかの部屋がビチョビチョになってしまったりする恐れがあるからです。

マンションの場合は、下の階に被害を及ぼす危険もありますから、修理の際は必ず締めることが大切。しかし、無事に修理が終わると、ほっとして開け忘れてしまう方が少なくないのです。そして、「あれ、なんで溜まらないの!」と慌ててしまうのですね。修理が終わったら、必ず開けることをお忘れなく。開け方は締めた時と反対方向の反時計回りに回せばオーケーです。

また、節約のため硬めに締めているお宅も多いようです。こうすると確かに量は減りますが、大幅な節約につながるかと言えば、かなり疑問です。また、タンクの故障の原因になることもありますので、節約のために締め過ぎるのはお勧めできません。

浮玉の劣化

次に原因として挙げられるのは、浮玉の劣化です。浮玉というのはトイレのタンクの内部にある丸い部品です。タンクを持ち上げてみると真っ先に目につくのが、この浮玉ではないでしょうか。浮玉は、浮いたり沈んだりして水位を調整する大切な役割を持っています。トイレを使うたびに、浮玉が上下して頑張ってくれているのですね。しかし、長年の使用によって、浮玉は劣化してしまいます。浮玉が上手に上下しなくなると水がタンク内に溜まらなくなり、レバーを引いても流れない、あるいは止まらないなどのトラブルの原因になってしまうのです。

ちなみに、浮玉の交換は、ご自身でも簡単に出来ます。浮玉はホームセンターやネット通販で購入でき、価格は300円ぐらいから、2000円と結構幅があります。また大きさも大きいのと小さいのがありますので、自宅の浮玉と同じものを選ぶようにしてください。トイレのメーカーのホームページで大きさや品番を公開していますので、きちんとチェックしてから購入してください。ホームセンターで購入する場合は、実物を持参すると安心ですね。

交換の仕方ですが、まず止水栓を締めてレバーを引いて水を流し、タンク内を空にしておきます。そして、オーバーフロー管のストッパーを外して交換します。そのあとはオーバーフロー管のストッパーを取り付け、止水栓を開ければ完了です。文章だけですとなかなかわかりづらいかと思いますので、詳しい手順は浮玉についている説明書を参考にしてください。作業時間は20分もあれば完了します。浮玉の耐久年数は、使用頻度にもよりますので一概には言えませんが、およそ3年が目安という情報もあります。

フィルターの目詰まり

フィルターの目つまりも、たまらない原因の一つになります。フィルターとはタンク内部にあり、ごみや砂などをブロックしてくれる役割を持っているのですが、長年使っていると汚れがこびりついて、機能が停止してしまうのです。その結果、タンクにたまらなくなってしまうのです。お風呂場の床にあるフィルターも髪の毛やごみなどで目つまりを起こすとお湯の流れをせき止めてしまいますが、トイレの場合も同じです。ですから、こまめなお掃除が大切です。

では、フィルターのお掃除方法をご説明します。まず止水栓を締めてタンクのふたを持ち上げます。そして、レバーを引いてタンク内の水を抜いてから作業するようにしてください。タンク内にあるフィルターはオレンジ色が主です。目立ちやすいので、どこにあるのか迷うことはほとんどありません。これをマイナスドライバーなどを使って外し、歯ブラシなどを使って丁寧に洗浄してください。そして取り付け、止水栓を開ければ完了です。

ただし、タンクがないタイプのトイレやウォシュレットなどはフィルターの位置が違いますから、各メーカーのホームページや取扱説明書で確認するようにしてください。また、ウォシュレットの場合は脱臭フィルターがついているタイプのものが多いですから、ついでにこちらのメンテナンスも定期的に行われると良いでしょう。

フィルターを交換したい場合には、ホームセンターやネット通販で購入することも可能です。価格はおよそ600円前後です。購入するときは、自宅のトイレフィルターの品番を確認することをお忘れなく。交換方法については、取扱説明書に従ってください。

まとめ

水がたまらない原因は故障やつまりなどではなく、うっかりミスやメンテナンス不足によっても起こりやすいことがお分かりいただけたのではないでしょうか。毎日お世話になる場所だからこそ、こまめなメンテナンスを心がけてトラブルを回避していきたいですね。部品を交換する場合も、わざわざ業者に依頼しなくてもご自身で簡単に、かつ安価に出来る場合も多いですから、たまらないからといって慌てずに対処していただければと思います。

この記事をシェアする