> パイプクリーナーでトイレつまりを解消するメリットとデメリット
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

パイプクリーナーでトイレつまりを解消するメリットとデメリット

トイレつまりが起こってしまったときに大活躍する「パイプクリーナー」ですが、どのように使うのか、メリット・デメリットなどはあるのかどうか、よく知らない部分もありますよね。このサイトは、そんな疑問を解決できるようなものになっています。これから一人暮らしを始める方にも、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

パイプクリーナーの使い方

ここでは、「液体」タイプの使い方についてお話ししていきたいと思います。

液体タイプのクリーナーは、粘性がありクリーナーの成分によって汚れを溶かして、そのまま流すというものとなっています。

それでは、使い方をご説明していきます。トイレの蓋や便座を上げて流し込みますが、成分が強力なため、便器に触れる部分が少なくなることが望ましいです。そして、容器の説明部分に記載されているとおりの用量を流し込みます。その後、記載されている時間(15分〜30分が多い)待ちます。時間が経つにつれて、汚れがクリーナーの成分によってふやけて細かくなってきます。時間が来れば、水を流して完了です。この際、水は何度か流していただくと安全性が高まると思います。

汚れがうまく取れない場合や少ない場合でも、記載されている分量や時間を守っていただくことが重要になってきます。その用量・時間が最適なものとなっており、個人の見解で変更してしまうと性能が十分に発揮されないので、気をつけてくださいね!

パイプクリーナーを使うメリット

「パイプクリーナー 」のメリットをお話ししていきます。使用するメリットとしては、なんと言っても簡単に使うことができる点です。

トイレつまりが起こってしまい業者に頼むと余計にお金がかかってしまう、そんなときにクリーナーがよく利用されます。種類も豊富ですし、それほどまで費用もかからないからです。

さらに定期的に使用することも可能ですので、メンテナンスも手軽にできるのではないでしょうか。メンテナンスを日頃からしておくとつまりにくくなり、快適にトイレを使用することができます。

パイプクリーナーを使うデメリット

使うことによるデメリットを紹介していきたいと思います。

デメリットとしては、危険が伴うということです。簡単に使用できるからこそ、説明や注意書きを見逃してしまうということが起こってしまいます。塩素系の成分が含まれているので、人体には有害なものです。汚れを溶かして流す、ということなので当たり前なのですけどね。ですから、扱いには注意が必要になります。

さらに、「混ぜるな危険」という文字が印字されているものが多いことも関係しています。以前に使用していたものが少し余っている、だけども違う種類を買ってしまった。成分表示では同じようなことが書いてあるからと、同時に使ってしまって有毒な気体が発生してしまう、ということが起こってしまいます。思っているよりも強力なものなので、注意しましょう。

まとめ

ここでは、パイプクリーナー の使い方やメリット・デメリットをご紹介してきました。何か参考にあるものはありましたでしょうか。

メリット・デメリットを見て、便利なものだけど、危険な一面もあるということを知っていただけたらいいなと思っております。少しの不注意で、取り返しのつかないことが起こるかもれないので、用量・方法は正しく守って使用してくださいね!