> トイレクリーナーの正しい使い方とつまり対策とは?
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

トイレクリーナーの正しい使い方とつまり対策とは?

トイレの掃除をするうえで、どうしても欠かせなくなっているものが、トイレクリーナーです。便器の中以外の掃除は、このシート一つで済んでしまうという手軽さから、使用している方は多いのではないでしょうか。しかし、使い方を少し間違えると、排水口や便器のつまりの原因になってしまうというのもシートタイプの製品の特徴です。シートの性質や正しい使い方を知れば、つまり対策になります。クリーナーの特徴をとことん知って、賢く使いましょう。

掃除の必需品!トイレクリーナー

トイレクリーナーは、いまやトイレ掃除の必需品と言っても過言ではないと思います。床はもちろん、樹脂部分でも陶器部分でも便器の中以外の周りの掃除は、シートタイプの製品さえあれば、一度に終わってしまいます。除菌・消臭効果のある製品もあるため、清潔を保つためには重宝します。布製の雑巾のように、使用後に洗う必要も、干しておく必要もありません。

流せるタイプのものは、掃除に使用した後は、便器の中にポイっと入れて水を流してしまえば、終わりです。誰でも手軽に掃除ができる、優れものの代表と言ってもいいでしょう。しっかりとした大判で厚手のものから、プライベートブランドのお手軽価格のものまで、商品のバリエーションも豊富です。このシートタイプの製品のおかげで、大変な掃除も楽にできて、助かっているという方も多いのではないでしょうか。

一方で、このシートタイプの製品が原因で便器や排水口のつまりを引き起こして、修理業者を呼ばないといけないということも多くなってきています。無用なトラブルを引き寄せないためにも、シートタイプのクリーナーの特性を知って、賢く使用することが大切です。また、最近の新しい便器を使用するようになってから、シートタイプの製品が原因となって、つまりによるトラブルに遭う方も増えています。最新の機器はかなり進化しています。この進化を知らずにトラブルに巻き込まれている方も多いため、最新の機器についての説明も行っていきましょう。

トイレに流せる?流せない?

さて、トイレクリーナーはトイレに流せますか?流せないでしょうか?この答え、流せますと答えた方は、間違いです。製品によって、流すことができるものもあれば、流すことができないものもあるというのが正解です。シートタイプの製品は、すべて流すことができると思っている方が多いのですが、製品の中にはハッキリと流せませんと記載されているものがあります。

ですが、シートタイプの製品は流すことができるという先入観があるからでしょうか、大きく流せませんと書いてある製品を流してしまい、便器の中や排水口につまらせて修理業者を呼ぶ方も多いのです。修理に行った業者が、お客様に製品を確認してもらうと、流すことができないタイプの製品だったというのは、よくあることです。

製品を選択するときに、流すことができるかどうかしっかりと確認せずに購入して、失敗する方がかなりおられるので、購入するときには良く確認をしてください。さて、話は変わりますが、便器を流すときに使用する、一回あたりの洗浄水量がどのくらいかご存知ですか。1990年代頃までの製品は、一回あたり13L程度の洗浄水量が主流でした。

しかし、1995年に洗浄水量が6Lという製品が登場して以来、最近では各社とも大便器では大で6L、小で5L以下の洗浄水量になっています。また、更に節水された製品も各社から販売されており、最新の製品では洗浄水量が大で4L、小で3.3Lというものまで出てきています。これだけ洗浄水量が減ってきていることを、意外と皆さんご存知ないのです。これだけ洗浄水量が減っていることを知らずに、以前の洗浄水量の感覚でシートタイプのクリーナーを使用されているために、引き起こすトラブルも増えています。

つまり防止に有効な対策は何?

シートタイプのクリーナーをトイレにつまらせないために、有効な対策とは何だと思いますか。それでは、洗浄水圧が低い便器を使用している場合、一番に気を付けていることは何ですか、という質問ではどう答えますか。この場合、多くの方が大量のトイレットペーパーを流さないとか、二枚重ねのペーパーを使わないと答えるのではないでしょうか。

シートタイプの製品を流すときにも、同じことが言えます。洗浄水圧が低い場合には、シートを大量に流すようなことはしませんよね。ところで、最近の便器は、少ない水量で洗浄しているということを先に説明しました。流すための水圧は以前とは高くなっていますが、かなり少ない水量で洗浄しています。

以前の13Lの洗浄水量だったら流すことができたとしても、現在の4Lの洗浄水量では3分の1の水量しかありません。平均的な機器の洗浄水量の6Lでも、半分の水量です。この少ない洗浄水量でシートを一度に数枚も流したらどうなるか、カンタンに予測がつきますよね。大量のシートを一度に流すことは、つまりを発生させる原因を作っていると断言しても良いくらいなのです。

便器や排水口のつまりを防止するために一番有効な対策が何かというと、シートタイプのクリーナーを流すときには、数枚まとめて流さずに、1枚ずつ流すという一番シンプルなことに他ならないのです。

使用上の注意はよく読もう!

使用していない人がいないといっていいくらい、普及しているトイレクリーナーですが、みなさん、使用上の注意を読んだことはありますか。ご使用前に必ずお読みくださいと書いてはありますが、読んだことがないという方が多いのではないでしょうか。字が小さくて、読みにくいものですが、ここには、かなり大切なことが書いてありますから、必ず読んで欲しいと思います。

記載されている内容としては、用途以外には使用しないとか、子供の手の届く場所には置かないということが最初に書かれています。使用できない材質についても列記してあり、流さない時は燃やせるゴミとして処分するとも書いてあります。特に注意する事項として、どのメーカーの製品にも、目立つように赤い文字で、「つまりを避けるため、1枚ずつ流す。」とか「トイレのつまりを防ぐため、シートは1枚ずつ流してください。」と書いてあります。ここの注意書きをしっかりと読んで、正しく使用していれば、まずトラブルになる事はないはずです。

まとめ

いつもトイレの掃除には、必要不可欠ともいえるトイレクリーナーです。しかし、かえって身近な製品だけに、日頃何げなく掃除に使用しているという面もあります。何気なく使用して、何気なく便器に流したらトイレつまりを起こしてしまうということは、決して他人ごとではありません。いつも使用しているメーカーとは異なる製品を購入するときには、まず流すことができる製品かどうか確認することが大切です。

そして、使用する前には、必ず使用上の注意をよく読み、使用します。そして流すことができる場合には、1枚ずつ流し、流すことができない場合には、燃やせるゴミとして処分します。このように注意して使用すれば、トラブルは避けられます。