> トイレつまりがすっきり!真空パイプクリーナーの使い方
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

トイレつまりがすっきり!真空パイプクリーナーの使い方

トイレがつまってしまった。トイレは毎日頻繁に使うものですから、対応は急を要します。しかし、面倒だからと言って原因を特定しないまま間違った対応をしてしまうと、逆効果になってしまうこともあります。

そんな時、真空式のパイプクリーナーで解決できる場合があります。ラバーカップよりも値は張りますが、ホームセンターなどで比較的簡単に購入することができ、吸引力や圧力はラバーカップよりも強力です。今回はそんな真空式パイプクリーナーについて解説します。

トイレがつまる原因は?

洋式トイレが詰まってしまう状態になる前には、予兆のようなものが起きている場合が多いです。トイレの状態がいつもと何か違うと感じたら、まずはよく観察してみましょう。

詰まっているサインとして最もわかりやすいのは、便器に水を流した後、再び水が貯まる際に水位がいつもより高くなっている場合です。トイレつまりの代表ともいえる症状であり、便器や排水管が何らかの原因で詰まっているため、流れが悪くなっており、水位が高くなります。また、水位は上がらなくても、水を流した際になかなか流れない、流れがゆっくりになるなどもつまりの予兆と言えるでしょう。どちらの場合も、タンクからの排水は正常ですが、便器から排水管にかけて何らかの異常があることが考えられます。

次に、タンク自体に異常がある場合です。用を足したあと、レバーを引いても水の勢いが弱いというパターンです。この場合は、タンクに基準量の水が貯まらなくなっていたり、タンクから便器への水の流れが妨げられているなどが原因として考えられます。

水の流れの他に、音も重要なサインです。水を流した時にいつもと違う音がしないかを確認しましょう。例えば、流した時に便器から「ポコポコ」「ボコボコ」という音がすることがあります。これは、便器からの排水ルートのどこかに異物があり、水の流れを妨げている場合が多いです。また、便器ではなくさらに下の方から「ポタポタ」と音が継続的にする場合は、便器の先の排水管にヒビや破損などの異常が起きている場合があります。水を流した時にタンクから「シュー」などの水流の音がしてそれがずっと続く場合は、タンクから便器への水路に異変が起きているかもしれません。

このように、水の流れや音などで、「いつもと違う」と感じたら、放置せずなるべく早めに原因を探して対処すべきでしょう。そのままにしておくと、さらに大きな被害に発展してしまう恐れがあるからです。

つまった物によって対応は違います

トイレにいつもと違う異変を感じて、それがつまりによるものではないかと見当をつけたら、原因となるような使い方をしていなかったか振り返ってみましょう。トイレが詰まる原因は大きく3つに分けられ、詰まっているものによって対応も異なるからです。

代表的なのはトイレットペーパーの使いすぎや、本来水に溶けにくいティッシュペーパーなどを頻繁に流していたために詰まってしまうケースです。これらは一回の使用で詰まるのではなく、紙の溶け残りやちぎれた破片などが便器内や排水管内に徐々に貯まっていくため、解消しないと水の流れがどんどん悪くなってしまいます。トイレは本来、トイレットペーパー以外のものは極力流さないようにするべきですが、最近は流せるティッシュやトイレクリーナーなどもあるため、実際は流せないタイプの物をうっかり流してしまっているかもしれません。また、流せるタイプでも、一度に多くを頻繁に流していればつまりやすくなります。他にも生理用ナプキンやおむつ、ペットシーツやおしりふきなど、紙でできているため一見流れていくように思えるものでも、その使用目的から水に溶けにくく、水を吸収するようにできているものは、便器内で水を吸収してそのまま詰まってしまう恐れがあります。紙製品のつまりは、専用の溶剤で溶かしたり、ラバーカップや真空式パイプクリーナーなどで圧力をかけて押し流すなどの解決法が考えられます。

紙製品以外にも、嘔吐物や食べ残し、カップラーメンなどの残り汁などをトイレに流してしまう人は意外と多いものです。これらは油分を含んでいるため、水よりも明らかに流れにくいものです。油分は水に浮く性質があるため、1箇所に集まりずっと流れていないこともあるかもしれません。これらの油分が便器内や排水管に付着すると、水だけでは流れていかず詰まる原因になります。また、嘔吐物内の胃酸によって浄化槽の浄化機能が低下してしまう場合もあるとか。こうした油分を含んだつまりや便器内・排水管の汚れは、自分では取れないこともあるので、業者に依頼して高圧洗浄などの専門的な対応をしてもらったほうが早い場合もあります。

最後に、大きな固形物です。スマホや携帯電話、財布、ライター、ハンカチ、おもちゃなど、紙以外のプラスチックや金属製品がつまる(引っかかってしまう)ケースです。これらを落としてしまったら、まず便器内に引き戻すことを第一に考えます。水に溶けるという可能性がないため、押し流してしまうのは厳禁です。ラバーカップは余計奥に押し込んでしまう危険性があるので、ワイヤーブラシで引っ掛けて取り出すか、真空パイプクリーナーの吸引力で引き戻すなどの方法を考えます。

真空パイプクリーナーの使いどきと使用法

これまでに解説したように、トイレつまりの解決法は、つまりの原因によって異なるということが分かります。

しかし、中でも真空式パイプクリーナーは、ラバーカップよりも強力で、かつ異物などを便器側に取り戻したい場合にも有効です。通販などで大体3,000円程度が相場ですが、ホームセンターなどではもう少し安いものが売っている場合もあります。ラバーカップよりも値段は高いですが、その分効果は強力です。仕組みはラバーカップのようなゴム製のカップに胴体がついていて、その先にハンドルがついています。カップを排水口に押し当て、ハンドルを上下させることで圧力をかけて異物を吸引したり、逆に押し流したりすることができます。

使い方を順番に解説していきましょう。

まず、使用時に下水が飛散するのを防ぐため、新聞紙や古布などで床や壁をガードします。または、透明ビニール袋に真空式パイプクリーナーが通る大きさの穴を開け、便器を袋で覆ってしまう方法もあります。

次に、便器の排水口に、カップ部分を平行になるようにグッと押し当てます。この時重要なのは、カップが便器内の水に完全に浸っている状態にすることです。カップが水で浸っていないと、空気が入り込んでしまい真空状態を作り出すことができません。その場合、クリーナーの力を十分に発揮できません。便器内の水位が低い場合は、バケツなどで少しずつ水を足し、カップが完全に浸るようにしましょう。この時、トイレのタンクからレバーで水を足すのはおすすめしません。細かい水の量の調整ができず、詰まっている場合は便器から水が溢れてしまう場合があるからです。

カップを押し当てたら、ハンドルを上下させます。この時水が跳ね上がる場合があるので、動作はゆっくりと行いましょう。前述の硬い固形物が引っかかっている場合は、引き寄せたあとビニール手袋などをした上で手で取り出せる場合があります。ハンドルの上下を何回か繰り返すと、紙などが押し流されてつまりが解消されます。

まとめ

真空式のトイレクリーナーは、トイレットペーパーやティッシュ、大便など水に溶けるもの、または比較的溶けやすいものが詰まって流れない時に有効な方法と言えます。ラバーカップよりも高い圧力と吸引力を発揮するので、スッキリと流れてくれることも多いです。

注意点としては、固い固形物を取り出せる可能性もありますが、その際は慎重に行いましょう。吸引力が高いので便器内に引き戻せる可能性も高いですが、逆に押し流して排水管や下水管に流れてしまう可能性もあるからです。流してしまった場合、自力で対処することは非常に困難です。
引き戻すのが難しいと判断した場合は、そのままパイプクリーナーを使用し続けず、業者に依頼したほうがよい場合もありますので、場合に応じて使い分けましょう。