> アメリカでトイレつまりの修理を請け負う業者とは
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

アメリカでトイレつまりの修理を請け負う業者とは

アメリカに仕事で行くことがあるかもしれません、留学で行くことがあるかもしれません。そんな時に、トイレがつまってしまった!なんてことが起こる可能性もあります。実際に、アメリカに仕事で行った方や留学した方にもお話を聞く機会があり、自分や周りの友人がつまってしまった、なんてお話もあるので、行こうと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

アメリカはところによってはトイレがよくつまるそうなので、つまりを解消させる道具や洗剤、メンテナンスをしてくれる業者をしっかりと見つけることも大事になってくるかもしれません。

アメリカでトイレがつまったらどうする?

トイレがつまった時の対処法ですが、個人で解消させる場合は日本とそれほど変わりません。ラップを使ったり、洗剤を入れてみたり、重曹と酢で対処したりとアイテムさえあれば日本と同じように対処できることができるので、焦ることはあまりないように感じます。

しかし、日本と違って下水道がまだしっかりしていないような地域がある可能性があります。日本と違いアメリカは非常に広いですからね!もし、下水道がしっかり整備されていない場合、水を流しても流れなかったり、余計に水が溜まってしまい逆流したりしてしまう恐れもあるので、やめ時を見極めることも大切になってきます。

アメリカの業者さんに頼むと、少し値段が高くなってしまうので、自分でできるかを見極めましょう。自分でやる方がお得なことも頭に入れておいてくださいね!

トイレ修理業者事情inアメリカ

アメリカは、トイレがつまりやすいというアンケート結果も出ているほど、よくつまるのだそうです。日本と違い水回りにお金や労力をかけない企業が多い傾向にあるのも関係しているかもしれません。

トイレつまりの修理を頼むとなると、日本と比べて大幅に高くなってしまいます。日本でトイレのつまりを直すために業者さんを呼ぶと、その際にかかる費用は1000円〜で済みますが、アメリカで頼む場合は$150、日本円で16000円ほどもかかってしまうのです。だいぶ違いますよね!日本の感覚で業者さんに頼んでしまうと、思わぬところで出費がかさんでしまう、なんてこともあるので、自分で直せるようにしておいた方がいいかもしれませんね。

アメリカで有名な業者

トイレつまりを修理することで有名な業者を紹介していきたいと思います。トイレ専門ではないのですが、下水道などを直すこともやっている「Plumber」です。

「Plumber」という業者はつまりの修理や水道管の修理など水回り関係のことを幅広くやっている会社となっています。イエローページで2ページにわたって広告を出しているほどの会社なので、信頼性もあることがわかります。イエローページとは日本でいうタウンページと同じようなものです。

「Plumber」は他の会社と違い、修理に来るまでのスピードが桁違いに早いです。他の会社だと来てくれるまでに四時間もかかったなんて場合もありますが、「Plumber」は一時間以内にプロの方を派遣してくれるので、信頼できる業者となっています。

まとめ

アメリカのトイレつまりを解決する方法や、解決してくれる業者を紹介してきました。どうでしょうか、何か参考になるようなものはありましたか?

実際に現地で経験しないことにはわからないこともありますが、知識を持っているのと持っていないのでは雲泥の差があると思うので、何か一つでも助けになればいいと思います。修理業者によってお金のかかり方も違いますので、その地域でよく使われている業者を選択することもひとつの手だとは思います。

この記事をシェアする