> トイレつまりを解消できるおすすめパイプクリーナー
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

トイレつまりを解消できるおすすめパイプクリーナー

トイレつまりを解消する「パイプクリーナー」ですが、どのようなものがあるのか、どのくらい種類があるのか、どれが一番トイレつまりに効くのかなどお話ししていきたいと思います。お店で見るだけでも、数え切れないほどの「パイプクリーナー」が販売されていますが、どのクリーナーが一番効き目があるのかなんてわからないですよね。そんな方に向けて、おすすめを紹介していきたいと思います。

パイプクリーナーとは?

「パイプクリーナー」とは、一体どのようなものなのでしょうか。

「パイプクリーナー」とは、パイプの中の汚れやヘドロと化したものを、成分の力で分解して流す洗剤のことです。成分としては、塩素系漂白剤に近く、油汚れからカビ退治などにまで使われるような成分なので、非常に強力です。だからこそ、頑固な汚れも取ることが可能なのです。

他の特徴としては、汚れを分解し、からめとりながら流すので、粘り気があるものが多いです。トイレのつまりだけでなく、キッチンやお風呂場の排水溝のつまりなどにも使用可能ですので、一家に一本常備しておくのがいいと思います。

パイプクリーナーの種類

クリーナーには数え切れないほどの種類が存在しています。主に液体・粉末・真空式・ワイヤーの4種類があります。

まず、液体のクリーナーに関してお話しします。液体の特徴としては粘りのあるもので、分解してつまりを解消します。

粉末タイプのクリーナーは、水と反応して泡が出ます。その泡で汚れなどを密着させて落としつまりを解消します。しかし、液体のものより強力なために、業者さんなどが主に使用しています。個人でも使用することはできますが、注意が必要になります。また、液体タイプとは違ってストックすることが可能なので、常備品としても扱われていることが多いです。

真空式のパイプクリーナーは特におすすめですので次項で説明させていただきます。

おすすめパイプクリーナー

ここでおすすめするのが、真空式のパイプクリーナーです。先ほどは、液体タイプと粉末タイプのものをご紹介しましたので、真空式のパイプクリーナーの説明と、おすすめポイントを紹介していきたいと思います。

真空式のパイプクリーナーのイメージとしては、ラバーカップの上位互換だと思ってもらえればいいと思います。真空式のクリーナーは水が入っていない状態でも使える点がおすすめです。ラバーカップは、水がある状態でしか使うことができないので、真空式の方が便利なこともあります。真空式のものはトイレ以外でも使うことが可能で、キッチンなどで使うこともできます。

真空式のものは、日頃のメンテナンスに使用するよりは、完全なつまりが起こってしまったときに使う方が、その機能が最大限発揮されます。

まとめ

これまで、トイレつまりを解決する「パイプクリーナー 」がどのようなものなのか、どのような種類があるのかをご紹介してきました。思っているよりたくさんの種類と、それぞれに強みがあることがわかりましたね。トイレつまりが起こってしまった際には、このサイトでご紹介したクリーナーを思い出していただき、解決していただきたいと思います。

トイレは汚い、なんてイメージもありますが、日々のメンテナンスでクリーナーをうまく利用することで綺麗な、新品のような状態を保つことができると思うので、メンテナンスに力を入れてもいいのではないかと思います。

この記事をシェアする