> 意外に失敗も多い?トイレ用洗剤とトイレつまりの経験談
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

意外に失敗も多い?トイレ用洗剤とトイレつまりの経験談

初めて一人暮らしをしたという方、また同居するご家族が不在の時など、一人で対処しなければならない環境の中、お手洗いで排水のつまりを感じたとき、経験したことがあるという方なら「またか」なんて、冷静に対応することも可能でしょう。でも、多くの方がそれほどつまりを経験したことが無いのではないでしょうか。

でもそんな不意の事態は突然やってくるものなのです。こうしたとき、トイレ用洗剤を使うのが良いのか、それとも無駄なあがきはやめて即刻、業者を呼ぶべきか、はたまた別の方法があるのか、経験談にそのヒントが隠されているものです。そこでそんな不意の事態の経験談を調査してみました。パニックにならないための方法がここに隠されているかもしれません。

トイレのつまりに困った経験者は多い

実は調査してみると、世の中には意外にもつまりを経験しているという方が多いのです。とくに、初めての一人暮らしといった環境で起こしたという経験談はとても多く、これから一人暮らしを考えているという方は、むしろ知っておくべきノウハウと言えるかもしれません。

原因としては、様々なものがあります。例えば、排水口に鍵やアクセサリーなどの異物を落としてしまったことに気付かず、水を流してしまったという場合です。経験談の中には「落とした直後に気付いた」という方もいますが、中には「水を流そうとレバーをひねった直後に、目に入って、落としていることに気付いた。でも、水と一緒に排水口に流れて行ってしまい、遅かった」なんて悲し経験談をお持ちの方もいます。

こうした、流すべきもの以外の異物を流してしまったことでつまりを起こしたという場合のほかに、ペーパー類での問題というのもあります。「水に流れないタイプのペーパーであることを理解せず使用していたら、つまりが発生してしまった。排水口にごそっとペーパーが溜まってしまい、水があふれてきてしまった」といった経験談をお持ちの方もいます。そして、このほかにそもそも、排水管が汚れていたことを原因として、発生しているというケースもあるようです。

排水管が汚れている場合、トイレ用洗剤を使うのが良いのですが、しかし、よくよく調査してみると、実はこうしたトイレ用洗剤を使っても、水の流れが悪いという場合もあるようです。

トイレ用洗剤が効かない?経験談を調査

では、具体的にトイレ用洗剤が効かないつまりとは、どんな場合なのでしょう。これも、やはり勉強になるのは経験者ということで、経験談を調査してみました。

まずトイレ用洗剤に関して、「使えばすぐつまりが解消する」と思っている方も多いようです。失敗を経験したという方の経験談です。「水を流すと、ゴボっと嫌な音がするようになった。ある時から、便器内の溜水が減らなくなってしまったので、洗剤なら効くだろうと、裏書も読まずに一気に便器内に流しいれ、レバーをひねった。

すると解消するどころか、便器から水があふれてしまい、結局業者を呼ぶ羽目になった」ということです。洗剤は加えればすぐにつまりを解消してくれるわけではありません。やはり成分が浸透してくれるための時間も必要なのです。

また別の例です。「水を流すと、流れが悪いと感じていたため洗剤を使うことにした。沢山使えば、一気に解消するかもしれないと、便器内の溜まり水に洗剤を沢山投入し、しばらく放置した。後で様子を見に行ったら、便器に付着した洗剤のせいで、便器に傷が付いてしまった。説明書きを調べてみたところ、樹脂製の便器に傷が付いたり、破損する恐れがあると書いてあった。賃貸物件だったので、修繕費をとられてしまった」といったケースもあります。

実は便器の種類によっては、洗剤との相性を確認しなければならない場合もあるのです。それをないがしろにしてしまうと、便器を破損させ、経験談のように修繕費用を請求されてしまうといった事態にも至りかねないのです。

トイレつまりに気付いたときは

つまりに気付いたとき、どうするのが一番いいのでしょう。それは先ず原因を知ることです。原因の種類によって、対応するべき方法が違うのです。どの原因も、全て同じ解決方法ということはありません。何故、つまったのか、何か原因となり得る出来事がなかったのか、思い起こすことが大切です。しかし、いつでもマメに、「よし流すぞ」と排水口を眺めている人なら、良いでしょうが、経験談でもありますように、多くの方が「何となく」といった状況から異変に気付くという場合が多いでしょう。急な異変に慌てて洗剤を流してしまうという事態もある程です。

ここで、まずつまっているかもしれないと思ったとき、思い起こすことも大切ですが、なによりも慌てないこと、パニックにならないことを提案します。「そんな当たり前のこと」と、この提案に対して感じられている方は、甘いのです。異変の発生には、人は多少なりとも動揺する生き物なのです。ですから、そんな当たり前のことさえ気付きづらいのです。

また具体的な方法として、まずはつまっているように感じたときに殊更、レバーをまわして水を流さないことです。後から溜まり水が多いために、それを取り除く作業を行わなければならなくなる可能性もあります。ですから、水で流さないことをポイントにしましょう。そして、トイレ用洗剤についても、すぐにつかわないことです。洗剤を流せばなんでも解消するわけではありませんから、すぐに手を伸ばさないことです。

これらのアドバイスを総合しますと、まずつまったように感じたら、すぐにレバーをまわして水を流さないこと、また何が原因であるのかを考えることです。例えば以前から、流れが悪かったという場合、排水管の問題の可能性が高いですから、そこでトイレ用洗剤に手を伸ばしましょう。

ちなみに、洗剤は購入時に、便器のと成分的相性を確認することが必須です。そして、もし、洗剤を使用しても解消しないとき、ここでも慌てずレバーをひねらず、業者に連絡して相談してみることです。事情を相談することで、起き得ている問題を想定することもできますから、業者の来訪が望ましい環境にあるのかどうかが判別できます。

まとめ

つまりと一言で言っても、色々な種類の原因があります。なにより、その原因に見合った解決方法を選ぶということが大切ということをご紹介しました。

私達は、普段便利で住みやすい環境の中で当たり前のように生活しています。あまりにも普通にあり過ぎるその環境に、私達は違和感を感じることも忘れてしまっています。しかし、本来は生きる上で異変を察知するということはとても重要な機能なのです。

これは便器一つに対しても言えることなのです。大事のように聞こえるかもしれません。でも、経験談でもご紹介しましたが、便器が使えなくなると不安感は増すものなのです。また、災害時など便所が使えない環境にあると、人は強いストレスを感じてしまいますよね。自宅にあるのに使えなくなってしまえば、それこそ強いストレスになるでしょう。ですからこうした事態を回避するためにも、異常を察知することは大切です。

トイレ用洗剤は様々な種類のものもあります。すべて洗剤で解決することはできませんが、機能性の高い洗剤も多く販売されています。利便性を上手に活用し、不便のない当たり前の日常を継続させることも必要ですね。

この記事をシェアする