> トイレつまりを解消させる!市販のトイレ用洗剤の効果的な使い方
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

トイレつまりを解消させる!市販のトイレ用洗剤の効果的な使い方

トイレをつまらせてしまったとき、どうしていますか?古式的なラバーカップを用いたり、パイプブラシで取り出すという方法、お湯で流すなんて方法もあります。市販のトイレ用洗剤を使うという方法もありますね。でも、実は洗剤は適切な使い方をしなければ、つまりを解消させることができない場合もあるのです。せっかく洗剤を流しても、全然効果が感じられなければ悲しいですね。

そこで効果的な使い方についてご紹介します。トイレ用洗剤の使い方を知っておけば、つまりなど、いざというときも不安なく解消させることができるかもしれませんよ。

急に訪れるトイレつまり

普段、何気なく使っているもので、次に使用するときも同じように使えるもの。皆さんは、お手洗いに対して、このように認識しているものではないでしょうか?普段、日常で使用しているものは、どんなものも何気なく当たり前にあります。でも、それが急に不具合を起こすと、途端に急激な不安が襲ってきたりしますね。

便器の中の溜まり水の流れが悪くなっていたり、ゴボゴボと変な音をさせて流れていたら、「もしかしてつまり?」と不安になるものです。それが集合住宅の場合は、余計不安がつのります。水があふれて、階下の住民に迷惑をかけたらどうしようなど、更に不安材料が増えるというところがあるからでしょう。

このようにつまりというのは、急に訪れるものです。それは、ご紹介したように異音がするなど前兆がある場合と、全く前兆のないままに訪れる場合とがあります。しかし、どちらの場合であっても、日常的に用を足すという行為は省くことができない重要な行為です。使えないという事態に至らないためにも、つまりを解消する方法を知っておくことは、とても大切です。

つまりを解消させるには、専門業者に依頼するというのが一番安心でしょう。とはいえ、業者を呼ぶとなるとお部屋の片づけを先にしなくちゃならないご家庭もあることでしょう。また多忙な方は業者の来訪時間帯に合わせられないという場合もあるでしょう。こうしたことだけでなく、金銭的な面でも、また煩わしい気持ちなどからも、業者を依頼せず、自分で解決する方法を知りたいという方もいることでしょう。

業者を呼ぶ以外の方法として、ラバーカップで真空状態にして引っ張り上げる方法や、お湯で溶かして流す方法などもあります。ただ、尿石などの汚れの付着によって流れづらくなった場合のつまりを解消する方法に、トイレ用洗剤を使うという方法もあるでしょう。ただし、洗剤は使い方を十分把握しておかないと、色々な失敗も引き起こす恐れがあるものです。

トイレ用洗剤は、様々な種類が市販されています。どのトイレ用洗剤がおすすめなのか、どんな使い方が良いのか、それは便器の種類や洗剤の種類をよく見て見極めなくてはなりません。

市販の製品も多種あるが

トイレ用洗剤は、様々な種類のものが市販されています。裏書を読んでみても、どれが良いのかよくわからない、どんな使い方をすればいいのか想像がつかないという場合もあることでしょう。

そもそもなぜ市販のトイレ用洗剤はこんなに種類があるのでしょう。その答えは、それだけ沢山の種類の便器があり、沢山の種類の汚れがあるからなのです。便器の材質によって、どの成分が良いのかを見極めないといけませんし、更に汚れの種類によって使い方にも注意するべきだということでもあります。たかがつまりと感じるでしょう。しかし、ないがしろにできないものなのです。

例えば多くの洗剤は塩素系成分を含んでいます。塩素系成分は毎日少しずつ使用することで、付着する汚れや有機物を除去するのに効果的です。しかし、溜まりまくった汚れにはあまり効果を発揮しません。というのも、便器にはカルシウムイオンや有機物が付着しやすい環境にあります。カルシウムイオンや有機物は、比較的アルカリ性よりの成分が多いのです。アルカリ性に塩素は多少の効果を持っていますが、強い効果とまではいかないのです。

小学校の授業で、教わった記憶はありませんか?アルカリ性に対抗するのは酸性でしたね。つまり、酸性の強い洗剤でなければ効果を発揮しないのです。しかし、ここからが注意すべきところです。酸性が効くからといっても、便器は性質によって酸性に弱い特製のものもあるのです。とくに樹脂で作られた便器は酸性に非常に弱く、破損のおそれが大きくなります。

こうしたことを踏まえて市販の洗剤のどれが我が家に合っているのか、見極めなければなりません。つまりを解消するどころか、便器自体の破損にもなりかねないのです。

トイレ用洗剤の効果的な使い方

具体的なトイレ用洗剤の使い方についてご紹介しましょう。つまりを解消させるためにと、ただ便器に洗剤を流せばいいという訳ではないのです。しかも使い方を理解せずに使用していると、解消せずに不安な思いを増幅させてしまうという事態にも至ってしまいますので注意しましょう。

まずは、洗剤の裏書をしっかりチェックしてください。よく「使用の際には、手袋やメガネなど、身体を保護するための措置を講じて下さい」などと書かれていることがあります。この部分、皆さんはどうしていますか?実は、ブログや口コミなどネット上で洗剤に関する情報をリサーチしてみると、注意書きを確認したのに、ないがしろにしてカバーをせず使ったら、皮膚や目に入って大変な思いをしたという方、意外に多いのです。

「絶対大丈夫」なんていうことはありません。万が一というのは、思わぬ時に起こるものです。必ず、注意書きにあるように手袋をして、メガネやマスクなど粘膜を保護するための措置は講じましょう。

次に材質の確認をしっかりと行います。便器の材質は確認していますか?賃貸物件の場合は、賃貸契約を取り交わした際の取扱説明書に便器の説明書も含まれている場合が多いものです。また、こうした方以外も取り付けの際の説明書はしっかり保管しておきましょう。いざというときに必要になるものです。便器の材質を確認したら、次は洗剤の確認です。便器の材質との相性を見極めて購入するよう心掛けて下さい。

こうして使用するものを取り揃えたら、いよいよ使い方です。まず、洗剤はゆっくりと排水口から注ぎ入れましょう。分量は、もちろん説明書きを確認してください。なるべく一気に入れずに、溜まり水に洗剤がしっかりとなじむよう、入れるのがポイントです。

洗剤を入れたら、しばらく放置してください。10分以上は待機しましょう。汚れの程度によっては30分近く待つ必要もあります。慌てて水を流してしまうと、汚れの成分に洗剤が行き着く前に水が加えられて、洗剤成分が薄まってしまう可能性もあります。ここでしっかりと浸透させることを大切にしてください。

しっかりと浸透させると汚れの状態にもよりますが、溜まり水に変化が現れることがあります。こうした変化があるということは、洗剤成分が浸透したという表れともいえます。水を流して様子を見てください。また、かなりの汚れが予想されるという場合は、一度流れた後も、まめに洗剤を使用して汚れの除去に心掛けると良いでしょう。

まとめ

トイレ用洗剤は、何気なく選んでも良くないのです。もちろん、使い方もまたしかりです。これは決して洗剤一つに限らないことです。どんなつまりにも洗剤が効くわけではないように、そのケースに見合った対応というのはとても重要です。

きれいな環境が維持できると、日常生活も心配事が減るものです。定められた量と方法を守り、材質や成分を理解すること、そんな当たり前のことがその何気ない日常を支えるものであることを今一度、大切にしてみてはいかがでしょう。

この記事をシェアする