> トイレつまりに熱湯は効果的なの?経験談を調査!
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

トイレつまりに熱湯は効果的なの?経験談を調査!

トイレのつまりと聞くと、すっぽんともいわれるラバーカップや洗浄液などを想像される方が多いことでしょう。でも、熱湯も効果的だということをご存知でしょうか?実は、熱湯を使える場合というのは、ある特定のつまりの場合であり、その場合にはとても効果的であるといわれています。

トイレを気持ち良く使えるために、経験談を調査し、具体的な効果をご紹介します。また、合わせて経験談から浮かび上がる注意点についても紹介していきましょう。

トイレのつまりの原因とは?

トイレは何故つまるのでしょう。つまりの原因となるものは、何なのでしょう。そもそも、トイレの排水口から先は、S字のように曲がりくねっています。この曲がり角に異物などが詰まって、水が排水管に流れていかなくなることを原因としています。では、S字に曲がりくねっていなければ、と思われる方もいることでしょう。

実際、S字になっていない場合のトイレもあります。この排水口から先が曲がっている理由は臭いです。複雑な曲がり角を設けることで、臭いが上にあがってこなくなります。ですから、例えば集合住宅などの場合には、臭いが気にならないよう、排水口から先はS字型のように曲がり角が設けられているのです。

トイレの構造上、このS字カーブを水流で流せるよう、水量が設定されています。ですから、本来であれば適正な水量によって、つまりは起きないと考えられるのです。でも、実際には発生しますよね。それは、水量に流れるサイズの量ではない場合、また排水管のサイズに適さない大きさのものが流された場合、そして排水管自体が濁って汚れてしまい、付着物などによって口径が小さくなってしまった場合です。

定められた水量で流れるサイズの量ではない場合として、紙を大量に流してしまった場合があります。トイレットペーパーや流れない様式のティッシュペーパーを流してしまったという場合があるでしょう。この紙が水分を含んで、排水口の奥で詰まってしまった場合、これは完全に行く手をふさいでしまう訳ですから、つまる原因となります。こうした場合は、紙を溶かしやすくするため熱湯や、熱湯に近い温度の水を流し、溶かしながら解消させるという方法があります。

排水管のサイズに適さない大きさのものとしては、よく経験談などでも聞きますが、携帯電話や鍵、お財布などがあげられます。水没の段階で気づかず、何故かレバーをひねった瞬間に落としたことに気付くという経験談もある程、この手の失敗は多いようです。

また排水管の汚れで口径が狭まってしまうという原因もあります。こちらは、マメなメンテナンスで解消させることが可能です。

つまりに熱湯が効果的なのか?

つまりを解消させる際、熱湯が使える場合というのは、紙などをつまらせてしまった場合があります。例えば小さなお子さんを養育されているという方の経験談として、子どもが知らずに大量に紙を流していた。気づいたらトイレがつまっていた。なんていう場合があります。

普通に用を足している際なら、よほどの事情がない限り、紙を大量に流すことはありませんね。しかし、流せるタイプの紙でなかったという経験談や、こうしたお子さんによるちょっとした間違いで、トイレに大量に紙がつまってしまうということは多々あります。

この紙は、性質上、水によって溶けますが、溶ける前に膨張することが考えられます。ですから流した水量が膨張させてしまい、つまりの原因になってしまうというわけです。これを解消させるのが熱湯です。膨張した紙は、熱湯によってすこしずつ溶けます。しばらく熱湯を当て続けると、紙の容量が溶けて少なくなるので、最終的に流れて、つまりが解消されることになるのです。

ここでは温度が大切なポイントになります。一気に流してしまうと、もともとあった水とまじりあって、ぬるま湯になってしまいます。ぬるま湯でも時間が経ては少しずつ効果が出ることも考えられますが、熱いお湯に比べれば効果が少ないのです。

ただし熱湯を使用するという場合、注意が必要になります。というのも、便器の種類によるのです。熱湯ですから温度が高くなっています。紙だけにダイレクトに当てることができるのならまだ良いでしょうが、便器に熱いお湯が当たるのなら、より注意すべきなのです。便器の種類によっては、熱に溶けてしまったり、温度が高いために膨張して割れてしまう性質のものもあるのです。それを知らずに熱いお湯を当てて、便器さえも壊してしまうという可能性も起きうるのです。

トイレつまりの経験談を集めてみた

実際につまらせてしまったという経験談をご紹介しましょう。多いのは失敗の方の経験談なのですが、やはり温度の問題というのは多分に影響を与えているようです。

紙をつまらせてしまい、熱湯が良いと聞いたのでバケツ1杯分を用意し、一気に便器に放水してみたら、便器にパキっとヒビが入ってしまったという方の経験談です。工事業者を呼んで修理することになったそうですが、事情を話したところ「紙詰まりの修理だったら2,000円前後で出来た」ということを聞かされたそうです。しかし、便器の修理も行わなければならなかったため、トータルで3万円もの修理費用がかかってしまったということでした。

またトイレットペーパーが切れていたので、やむなく自宅にストックしていた流れないタイプのティッシュペーパーを使っていたという方です。一気につまりが発生したというよりも、ゴボゴボと変な音がするようになり、水の流れが悪くなったため、解消する方法をネットで探したそうです。

たまたま紙を流すのには熱いお湯がいいと書いてあったので、詳しく調べず、お湯をただ流してみたそうです。でも、全く解消されず、それどころか全く流れなくなって、便器の溜水があふれてしまい、余計に掃除しなければならない手間がかかったということでした。こちらの方も、自己解消を諦め、専門業者に依頼して措置してもらったということでした。

また逆に成功したという体験談についてもご紹介しましょう。熱いお湯が良いと調べたが、少しずつでないと効果がないということで、50度くらいのお湯を使用した。温度を下げないため、一度便器内の溜まった水を吸水ポンプで外に出し、それからお湯を流すようにしたそうです。

少しずつ加えていくと、溜まり水に少しずつ紙のくずのようなものが見え始め、その後も少しずつお湯を流していくと、やっと解消したそうです。かかった時間は30分以上だったということでした。つまり、この方法は業者を呼んだり、費用がかからないという面では利点があるものの、根気を必要とする方法といえるようです。

まとめ

経験談からもご紹介したように、お湯を使用したつまりの解消法というのは確かに存在します。しかし、紙を溶かすという工程が必要であるなど、経験談でもご説明したような根気が勝負になることは確かなようです。とはいえ、トイレの修繕業者が来るまで不安な気持ちで待つよりも、自力で何とかしたいという方には、費用も掛かりませんし、良い方法と言えるでしょう。

なによりこうした事態に至らないよう配慮するのが一番ではあります。しかし、日常的に家族みんなが使用する場所ですから、不測の事態は起こり得るということも覚悟しておく必要もあるのです。紙づまりには根気と熱湯と覚えておくと良いかもしれませんね。