> トイレつまりを解消するサランラップの使い方
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

トイレつまりを解消するサランラップの使い方

誰しも人生で一度はつまりを経験してしまう可能性のあるほど、トイレはわたしたちの生活には欠かせないものとなりました。一昔前のように外で用を足す、なんてこと今の若者が考えることは絶対にありません。日本のトイレを目当てに海外からやってくる人も増えました。そんなトイレがつまってしまった時の対処方法をご紹介しようと思います。

なぜサランラップなのか

ここでは、なぜ「サランラップ」がトイレつまりを解消するのに有効なのか、についてお話しします。

「サランラップ」は、日常生活の中での使い方といえば、食事の残りを保存する時に使ったり、クッキーなどのお菓子を冷やしたり、おにぎりを作る時に使ったりと炊事に関係する場面で多く使われます。ですが、災害が起こった時などにも活躍するのが「サランラップ」です。ラップは伸縮性があり、長さも自由に変えることができるので、災害時には包帯の代わりにも使うことができます。さらに透明なのでどのようなものを包んでいるのか、怪我の具合がどのようなものかが一目でわかる、そんな優れものです。

そんなラップの特徴である伸縮性や透明であることなどを利用して、トイレのつまりを解決することができるのです。本当に使えるのか、解決できるのか心配な方にも試して実感してほしい、そんな方法を紹介したいと思います。ぜひご覧ください。

サランラップをどう使うのか

ここでは、トイレのつまりを「サランラップ」で解決する方法をご紹介していきます。ラップの特徴である伸縮性を利用することはお話ししましたよね。それでは、使い方を、順に紹介していきたいと思います。

実際に使用する前に、まず注意していただきたいことがあります。それは、トイレつまりが「トイレットペーパーなどの紙類が原因であること」です。たまに固形のものやインクなど水に溶けないようなものが原因ということもあります。そんな時は、この方法を使わないでください。ラップを使ってつまりを解決する方法は、道具を使って解決するよりも簡単ですが、紙類が原因の際の裏技として使用できる方法です。

では、初めにトイレをラップで覆います。この時、隙間ができないように(空気が漏れることのないように)してください。ウォシュレットなどの便座を使用しているご家庭では少し難しいかもしれませんが、できるだけ隙間のないようにしてください。

便器をぴっちり覆った後はそのまま水を流すだけです。水を流した際に、ラップが山形に膨らみます。そのまま心臓マッサージのように何度か押し込んでください。何度かすることでつまりが解決します。

水を流すときに注意すること

水を流す時に注意することが、一つだけあります。前にもお話ししましたが、トイレつまりの原因が紙類だった場合の時だけ水を流してください。

この方法は水を流した時に生じる「圧力」を利用して解決する方法なので、水に溶けないものがつまりの原因の時は、水が逆流してしまう可能性があります。より悲惨なことになってしまうので注意が必要です。絶対に流さないでください!

まとめ

最後にまとめと注意点のおさらいをしたいと思います。

トイレつまりを「サランラップ」で解決するのは、簡単です。身近にあるものだし、必ずと言っていいほど家庭にはラップが常備されています。ですから夜中でも簡単につまりを解決することができます。お金もそれほどかからず経済的に解決できるので、ぜひ一度試してみてください。

注意点ですが、原因が紙類であることが確定している時に限り、ラップを使った方法で解決してください。これを守らないと大変なことになります!それさえ守っていただければ、簡単に解決できる方法ですのでオススメです!