> トイレのつまりは重曹が解決!使い方も簡単です
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

トイレのつまりは重曹が解決!使い方も簡単です

さまざまな用途に使えて近年注目されている重曹は、トイレつまりを解決する際にも用いることができます。水溶性のものがつまってしまったときに効果があり、使い方もわかりやすくて万が一のときには非常に重宝します。

重曹が使えないものがつまった場合は業者に直してもらうことになりますが、原因のものが奥まで流れていかないうちに来てもらえればすぐに取り出してもらえますし料金も安価で済みます。

つまりの原因をつきとめる

重曹でトイレのつまりを直す前に、何が原因になったのかを確認しておく必要があります。なぜなら重曹は万能ではなく、ときには逆効果になる場合さえあるからです。

重曹がつまり対策として効果を発揮するのは、大きいあるいは固い便が出たときやトイレットペーパーを一度にたくさん流してしまったときなどで、これらは水に溶ける性質があるという共通点を持っています。

一方、紙オムツや生理用ナプキンのように水分を吸収して膨張するものやスマートフォンなどの固形物は水に溶けませんので効果がありません。また注意すべきはペットのトイレ用砂で、トイレに流せるタイプの製品でもつまることがありますので使い方や処理の仕方を再確認しましょう。こういったものをトイレに流してしまって自力で取り出すのは難しいと思ったら業者にお願いして取り除いてもらうようにしましょう。

重曹でつまりを直す

重曹の使い方として重要なのはお湯とお酢も併用するということで、この三つがそろって初めて効果が出ます。お酢はクエン酸でも代用できますが、お酢なら大抵の家庭に常備されていますので気軽に使えて便利です。

分量は、便器半量分程度のお湯に対して重曹が1/4カップでお酢が1/2カップです。気をつけなければならないのはお湯の温度で、熱湯を使用すると便器にヒビが入ってしまうおそれがありますので、だいたい45℃程度のぬるま湯を用意してください。トイレの中に入れる順番は重曹、お酢、お湯です。お湯を入れて泡立ってきたら1時間ほどそのままにしておき、そのあと高い位置からバケツで少しずつ水を流していき、水が流れていくようであればつまり解消です。

これでも流れないようであれば、原因は水溶性ではない別のものであることが考えられます。速やかに業者にコンタクトを取ってください。

改善されなければ業者に連絡

重曹でのつまり対策で効果がない場合は業者に依頼するという選択になりますが、つまりの原因が便器内のどの辺りなのかによって作業にかかる時間や料金に違いが出てきます。

あまりにもトイレの奥に入ってしまうと、便器を取り外さないと原因となったものを取り出せません。重曹での処置が効かないとわかった時点でそれ以上水を流すのは止めてそのままの状態にしておいて、急いで業者に来てもらってください。その際には、重曹を使って処置をしたことも伝えておくのがよいでしょう。

つまりの原因が奥まで流れてしまっているときは、修理時間も費用もかかりますので覚悟が必要です。そうならないためにも、最初に何が原因でつまってしまったのかを知っておくことが重要です。

まとめ

すべてのつまり対策に使えるとまではいかなくても、特に多いトイレットペーパーによるつまりに効果があるのは非常に助かります。重曹もお酢も身近で手に入りやすいものですし、使い方も簡単なので急なアクシデントにもすぐに対処できます。

そして早めに見切りをつけて業者に相談し、被害の拡大を防ぐ姿勢も大切です。病気と同じように早期発見と早期対処がその後の明暗を分けますので、トイレに少しでも異変を感じたら、ためらわずに業者に甘えてしまいましょう。