> つまりが原因のトイレやお風呂の逆流への対策
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

つまりが原因のトイレやお風呂の逆流への対策

トイレやお風呂が突然逆流したら?非日常的な事態に慌てふためく人は多いですが、逆流を引き起こすつまりの原因と対策を前もって知っておけば、実際にその場面に遭遇しても落ち着いて対処できます。

もちろん自分でできることには限りがありますので、早急に業者に連絡するのも被害を最小限に食い止めるうえでのポイントです。また、日頃から排水管などのつまりについて目を配っていく姿勢も大切です。

トイレが逆流する原因と対策

トイレが逆流すると排泄物混じりの汚水が床にあふれ、後片付けが大変苦痛になります。原因をあらかじめ知っておけば、大惨事は免れるかもしれませんので覚えておきましょう。

原因として挙げられるのはまず便器内でのつまりで、トイレットペーパーなどの紙類をはじめとして排泄物や異物などが排水路でつまって水がせき止められるパターンです。これらが奥まで入っていくと、今度は排水管がつまります。ただし排水管の場合は、ペットボトルなどによるタンク内の水位のかさ増しも逆流を引き起こす要因となります。また、汚水ポンプの故障も逆流につながります。

自分でできる対策としてはつまりの場合ならラバーカップの使用、お湯や重曹を流すなどといった方法が有効です。しかし無理に自力で解決しようとするとかえって悪化するおそれがありますので、最終的には業者に連絡するのが確実です。

お風呂が逆流する原因と対策

お風呂の逆流の原因は、ほとんどが排水パイプに付着して蓄積された髪の毛や皮脂などの汚れのつまりです。これを取り除けば、元通り水がスムーズに流れていくようになります。

まずは、ヘドロ状になった汚れに強い液体パイプクリーナーを使うのが良いでしょう。さまざまな種類のものが市販されていますので、扱いやすいものを選んでください。また、その場しのぎではありますがトイレのつまりで活躍するラバーカップを使用するという方法もあります。お風呂での使用は、トイレ用よりも少し小さめのほうがおすすめです。

何よりお風呂の場合は、普段から汚れをため込まないよう気をつけておくのが一番です。排水口にヘアキャッチャーやネットをかぶせておいたり、週に一回程度は液体パイプクリーナーで中を洗浄しておいたりするだけで逆流は十分に防げます。それでもつまるときはつまりますので、そのときは業者に依頼しましょう。

自然災害による逆流も

ごくまれに、大雨などの自然災害によってトイレやお風呂の逆流が引き起こされることがあります。これは、雨水や土砂がマンホールに流れ込むことによって家庭の汚水が排水できずに押し戻されてしまうのが原因です。

家庭の汚水は、それぞれ排水管を通って汚水枡で一つにまとめられてから下水道に向かっていきます。自然災害発生時、汚水が下水道まで流れていってつまりを起こすと、汚水枡にどんどん汚水が溜まっていき、やがて行き場を失って再び排水管を通って排水口から噴き出すという仕組みです。

下水道のつまりは自治体の管轄ですのでお任せするしかありませんが、自然災害時には水まわりの使用を控えめにするなどの自衛的な対策はそれぞれの家庭でも可能です。また、元々の汚れで排水管がつまる寸前だったという可能性もありますので、逆流したらまずは業者に連絡するのが間違いありません。

まとめ

トイレとお風呂のつまりには共通点も相違点もあり対策もそれぞれですが、自分で何とかしようと思わないですぐに業者に全てを委ねるのが結局は一番安全です。特に自然災害における逆流は、行政や業者でないと対応ができませんので冷静に行動しましょう。

トイレやお風呂の構造などについての正しい知識を身につけたり、つまりを発生させないように掃除を普段から心がけたりすることはできます。快適に過ごすために日常生活を振り返ってチェックしてみてはいかがでしょうか。