> 熱湯があれば誰でもできる!トイレのつまり対策
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

熱湯があれば誰でもできる!トイレのつまり対策

急にトイレがつまったら誰でも焦りますよね?でもトイレットペーパーがつまったくらいなら、熱湯とバケツがあれば大丈夫!業者に駆けつけてもらわなくても、すぐに自力で直すことが可能です。

特別な道具がなくても、熱湯の温度や注ぎ方などのポイントをおさえておけば簡単につまりを解消できます。業者要らずのトイレつまり対策、覚えておくといざというときにとても便利です!

なぜトイレはつまりやすい?

家庭内の水まわりで最もつまりやすいのがトイレです。トイレットペーパーや便を流すので他の場所よりもトラブルが発生しやすいのは仕方がありませんが、それだけがつまる理由ではありません。

トイレの排水管はS字の形をしていて、湾曲しているところにものがつまりやすい構造になっています。しかし排水管が真っ直ぐだと、下水のにおいが排水口から上がってきてしまいます。湾曲部分に水が残っているという状態によってにおいが遮断されるので、気持ち良く生活するためには必要な形なのです。水が残っているとにおいだけではなく、ネズミや害虫などの侵入対策にもなります。

一度にたくさんのトイレットペーパーを流したり、誤って水に溶けないものを落としてしまったりしないよう気をつければ、トイレの排水管は理にかなった形をしているということになります。

熱湯を使っていいのはどんなとき?

なぜ熱湯がトイレのつまり対策として有効なのでしょうか?実は熱湯は、すべての原因に対応できるわけではありません。

熱湯が効果を発揮するのは、トイレットペーパーや排泄物というような水に溶ける性質を持つものがつまりの原因である場合に限定されます。つまっているものを熱でふやかして流れやすくするのが目的なので、水に溶けにくいものには効果がありません。それに、ペンやスマートフォンなどの固形物はなるべく奥に入っていかないうちに取り出すのがベストですし、女性用ナプキンなど吸水性の高いものはどんどん膨らんでいくのでつまりが深刻化するおそれがあります。

水溶性のもの以外は、熱湯どころか水を流しても事態が悪化しかねませんので、何がつまってしまったのかを事前に必ず確認してから作業に移りましょう。

熱湯とバケツをどう使う?

水に溶けやすいものがつまったなら、熱湯とバケツだけでつまりの解消が期待できます。コツさえつかめば誰にでも行える簡単な作業です。

まずは便器に溜まっている水をできる限り抜いて、熱湯を流すときにあふれてくるのを防ぎます。雑巾などで吸い取ってもよいですが、灯油用のポンプを使うと簡単です。水を抜いたら、はじめはバケツに入れた水を高所から勢いをつけて排水口へ流し込みます。一度に大量の水を流すとあふれるおそれがありますので、高いところから細く流すイメージで行いましょう。その次に熱湯を流し込みますが、熱で便器にヒビが入らないよう温度は50℃前後にしてください。水と同じようにバケツで高所から細く注ぐのが効果的です。

あとは、つまっているものが熱でふやけるまで1時間ほどそのままにしておきます。解消できたかどうかの確認も、あふれるのを防ぐためにレバーではなくバケツの水で行うようにしましょう。

まとめ

熱湯とバケツだけでトイレのつまり対策!手軽にできて、これほどありがたいことはありません。ただしこの方法はあくまでも応急処置に過ぎませんので、頻繁につまるようなら一度業者に相談してみるのがよいでしょう。

また原因を確実に突き止めてから作業しないと、ものによってはますますつまって大がかりな工事をせざるをえないという悲劇が待ち受けています。つまったら何がつまっているのか確定することを最優先にして、無理して自力で直すようなことは控えましょう。

この記事をシェアする