> オムツのトイレつまりにはどんな対策をする?
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

オムツのトイレつまりにはどんな対策をする?

多くの人はトイレにオムツを流してはいけないことを理解していますが、小さなこどもや認知症のお年寄りが誤って流してしまうケースは少なくありません。

オムツは水分を吸収しやすい性質を持っているため、他の異物を流すよりもはるかにつまりの進行を早める厄介な代物です。床が水浸しになるなどの悲惨な結果にならないようにするには、最初の対策がカギを握ります。

オムツつまりの可能性があるご家庭の方は、いざというときに備えて参考にしてみてください。

なぜオムツは詰まりやすいのか

オムツをトイレに流してしまうとつまってしまうのには、いくつかの理由があります。まずオムツは、たとえ新生児用でも使用したトイレットペーパーや生理用ナプキンに比べるとはるかにサイズが大きいので流すと詰まりやすくなります。

さらにオムツは水に溶ける素材を使用していないどころか、吸水能力が非常に高い吸水性ポリマーと呼ばれる吸水性高分子を使用しています。吸水性高分子は網目構造になっていて、その中に何百倍もの水を吸収してゲル状に変化します。多量の水を吸い取ると同時に膨張しますので、体積はさらに大きくなります。これがつまりを悪化させる大きな原因となります。

構造上、水を吸えば吸うほど膨らむオムツは、流してしまうと深刻な事態を引き起こすおそれがあります。未然に防ぐ対策をしておくに越したことはありませんが、もしもの場合はなるべく冷静に適切な対処をしましょう。

オムツを流してしまったら

オムツをトイレに流してしまった場合、どのくらい早い段階で取り出せるかにかかっています。迅速な対策が取れれば問題は起きませんので、落ち着いて現状を把握しましょう。

便器に落とした直後であれば、すぐに拾い出せば解決します。一個くらいなら大丈夫だろうとか、汚いから流してしまおうなどと決して思わないでください。水を流してしまったあとに気がついても、流れきっていなくて便器の排水口から顔を出している状態であればまだ間に合います。ゴム手袋などをはめれば手を汚すことはありませんので、手を入れて取り出してください。また姿は見えなくなっていても、手を突っ込んでみて届くところにあるようなら間に合います。

手が届かないところまで流れてしまったら、もう自力では不可能です。ラバーカップを使うとさらに奥まで入ってしまい、つまりがひどくなり便器から水が溢れ出すおそれがありますので使用しないでください。

ダメなら業者に依頼を

自分の手に負えないくらい奥まで流れてしまったら、それ以上は何もせずにただちに専門業者に連絡しましょう。オムツはトイレットペーパーなどと違い、時間が経てば溶けて流れていくものではなく逆にどんどん水を吸って膨らんでいくので、できるだけ早く業者に依頼するのが対策としてはベストです。

便器の構造上の問題もありますので、どこまで流れていったかによって作業内容や料金は変わってきます。トイレの排水口からおよそ20cmまでの位置にあるようなら、道具を排水口に差し込んで取り出せます。しかしそれ以上奥まで入ってしまっていると、便器を取り外すしか方法がないので時間もかかりますし料金も高くなります。

無理に流したりラバーカップを使用したりするとますますつまりの被害が大きくなりますので、現状維持を心がけて速やかに業者に相談すれば早めに解決できます。

まとめ

トイレのオムツつまりは、とにかく早めの対策をするに尽きます。もちろんアクシデントが起こらないよう留意するのが最も肝心ですが、いざというときには慌てず、流してしまうのではなく少しでも早く取り出す方向で対処するのだということを念頭に置いて行動してください。

特に便器から見えない状態になっていたら、迷わず業者に連絡するのが一番です。大がかりな工事をせざるを得ない事態にならないよう、信頼できる業者にお任せしましょう。

この記事をシェアする