> トイレに関する豆知識を纏めてみた
COLUMN

トイレに関する豆知識を纏めてみた

様々な知識があると生活に役立ちますし、いざという時にもサッと行動が出来ます。ここではそんな知識にスポットを当てて紹介しています。
ちなみにアナタはトイレがどのような作りになっているのか、またはどのような部位があるのかを知っていますか?知っている様で、意外と知らないトイレの不思議を説明していきたいと思います。また自分で出来るメンテナンス方法についても公開しているので、トイレの寿命を出来る限り伸ばしたい方には必見の情報です。

トイレの構造と水が流れる仕組みは

トイレはなぜ水が流れるようになっているのでしょうか。自分で調べない事には誰も教えてくれませんし、日常生活であまり話題になる事もありません。また修理や交換が必要になって調べても、遅い可能性もあります。まずタンクについて紹介していきたいと思います。簡単に説明すると水を溜めておく役割を持っています。近年では節水を心掛ける方が増えているので、このタンクに重石を沈める方もいるようですが便器に流れる水の量が減ってしまうのであまりおすすめできません。

続いてはトイレの本体とも言える便器です。実は便器はS字カーブになっていて、下水管から登る臭いをブロックする効果があります。ちなみに便器の横に止水栓といった配管があるのですが、この配管は便器から排水管に排泄物を流すために常に水が流せるようになっています。そのため万が一のトラブルが生じた時に、まずは止水栓と止めなければ水が流れっぱなしになるケースもあります。よってトラブルの際はまず止水栓を止める事から始めましょう。止水栓はハンドルタイプと、ドライバーなどで止めるタイプに分かれているので事前に確認しておくと良いですね。

またタンクについているレバーですが、この部位も水を流す役割を持っているので止水栓と同じくトラブルの際には、水が流れていないか確認すべきポイントになります。続いては水の流れる仕組みに関して説明していきたいと思います。便器の上にタンクがあるのですが、そこには所定量の水が溜まっています。そこでハンドルを回すとハンドルと繋がっているフロートバブルという浮きの役割を持った機材が持ち上がり、溜まった水が便器に流れる仕組みなのです。ちなみにタンクの水がなくなるとボールタップという浮玉が上がり、給水を始めます。

さまざまなトイレ用部品の名称と役割

一概にトイレの仕組みといっても数多くの仕組みがあります。またそれと同じだけパーツや役割があります。トイレというのは大きく分けてタンク、便座、便器に分かれています。

タンクは別の項目でも説明したように水を溜めておく場所で、手洗いが付いているタイプとそうでないタイプに分かれています。タンクの中にはボールタップという給水を管理している浮玉がありこの玉が下がれば給水、上がれば水が止まります。仮にボールタップが壊れてしまった場合、タンクに水が絶えず流れてしまうのですが、それを防いでくれるのがオーバーフロー管です。所定量以上にタンク内に水が溜まると、オーバーフロー管を伝って便器に水が流れる仕組みになっています。

そしてタンクの中で最も重要なのがフロートバブルです。これはタンク内の水を便器に流したり止めたりする役割で、ハンドルと同時に動くようになっています。タンクの横に備え付けられているのは止水栓です。修理の際に水を止める時や、水の勢いを調整する際に利用します。トイレのタイプによってはフィルタや補助水管などのパーツが付いている事もあります。自宅のタンクや便器がどのようになっているのか確認してみるのも良いですね。但しタンクがナットで固定されているケースもあるので、無理やり開けようとするのは厳禁です。

パーツの寿命は10~15年と言われていますので、不備が見られなくても定期的にメンテナンスを行うと、長持ちさせられるといえます。また部材交換の際にも名称を知っていると確実ですし、業者を呼ぶ際にも不要なパーツを持っていかなくても済みますので修理費が安くなる場合もあります。毎日当たり前のように使うものですから、正しい知識を持っていると生活に役立つかもしれません。

トイレお手入れ方法をご紹介

毎日使うものだから、手入れをしないとすぐに汚くなってしまいます。お手洗いが汚いと気持ち良くないですし、劣化が早まってしまう可能性もあります。今日から出来る手入れ方法や、ちょっとした知識を公開していきたいと思います。

排泄物を出す場所なので、汚れを見つけても進んで掃除をしよう!と思わない方もいると思いますが、特別な手入れではなく気づいた時点でサッと汚れをふき取る事でキレイな状態を保つ事が出来ます。汚れを溜めない、放置しない事が一番の手入れだと言われています。掃除の方法は柔らかい布を濡らして拭くだけで良いのです。洗剤は変色を招く可能性があるのでおすすめできません。臭いが気になる場合は、消臭剤などでカバーしましょう。

ちなみに不備が出る前に、メンテナンスを行う事はできないのでしょうか?いくつかのチェックポイントがあるのですが、まずタンクにひび割れや欠損はありませんか?タンクは水を溜める場所ですので、大きなトラブルになりやすいのです。接続部分からの水漏れや給水管の劣化があれば速やかに業者へ相談しましょう。また常に水が流れている音がする場合は、ボールタップ故障の可能性があります。

続いては便座です。タンクと同じ様にひび割れや欠損はすぐに確認出来るのですが、水を流した後に便器と床やタンクから水が漏れてしまうトラブルは、中々発見しにくいのです。これまでは問題なく流せていた紙や排泄物が流れなくなった場合も注意が必要です。日頃からこれらに気をつけながら使用する事でトラブルを未然に防げるのです。ちなみに水漏れ関連のトラブルはトイレだけではなく、配管や階下にもダメージを及ぼしてしまう可能性もあるので要注意です。

まとめ

トイレのトラブルや不備を事前に回避したいなら、正しい知識を身につける必要があります。水が流れる仕組みはもちろんの事、使われているパーツやその仕組みといったものがありますので、参考にしてみてください。

また毎日の手入れはもちろんの事、事前に不備をチェックしていけば、使えなくなってしまう前に業者へ相談する事も出来ますので、修理・交換に伴う費用を安く出来る可能性もあります。今日から出来る事ばかりですので、まずはチェックしてみましょう。

この記事をシェアする