> トイレがつまり水が逆流してしまう理由と対処方法
COLUMN

トイレがつまり水が逆流してしまう理由と対処方法

おなかが痛くて何度もトイレに駆け込んでいる間に、水が流れなくなってしまった、それどころか水が逆流してきた!という経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。実は、便器はとても複雑で繊細なので、ちょっとしたことが原因でつまりや逆流が起こりやすくなってしまうのです。水まわりの仕事をしていた私が、つまりの原因や、対処方法について詳しくご説明します!いざという時のために、ぜひご参考になさってください。

トイレが詰まる主な要因とは

まず最初に挙げられるのが、トイレットペーパー以外の紙を使ったことによるつまりです。「あ、ペーパー切らしてた。でも、ティッシュがあるからいいか。」と思っていませんか?ティッシュペーパーはもともと水に溶けにくいものが多いのです。緊急時は仕方ないですが、節約のために兼用するのは絶対に避けてください。また、「水に流せる」などの表示があるトイレットシートなども、大量に流すのは避けてください。

節約と言えば、節水のために、タンクにペットボトルを入れている方も多いですね。これも、実はつまりの原因になります。なぜかというと、ペットボトルがタンク内の部品にひっかかって、水を流れにくくしてしまうからです。また、逆に水が流れっぱなしで止まらなくなってしまうことも。節約のためにやったのに、結果高い修理代を払わなくてはならないなんて、悲しいですよね。

節水のために元栓を少し締めているという方もいるかもしれませんが。こちらもつまりの原因になるので、ご注意ください。そしてつまりの原因として次に挙げられるのは、ペーパーの使い過ぎ。何重にも巻いたペーパーを何回も使ってお尻を拭いている人、いませんか?水を吸い込んだ大量のペーパーは重くなり、流れなくなりつまる原因になってしまうのです。

そのほかに、ペーパー以外のものを流してしまうケースがあります。例えば胸ポケットに入れていたスマホやペン、手帳などをうっかり落としてしまい、そのまま流してしまった場合。私物を流してしまうだけでもショックですが、それによってトイレがつまってしまったら、もっとショックですね。大人だけでなく、子供もおもちゃや粘土を持ち込んでいて、うっかり落として流してしまう場合があります。

水が逆流する多くは排水路・排水管のつまり!

つまりの原因は様々でしたが、逆流の箇所は、便器内と排水路・排水管の2つに分けられます。便器内のつまりというのは、便器の水が溜まっている部分、つまり排水口に排泄物やペーパーや異物がつまっている状態です。この場合は、原因となっているものが目で確認できますから、自力で取り除くことは可能です。そして、この状態であれば逆流はまだ防げますから、自力で早目に処置することが可能です。

しかし、排水路や排水管まで流れてしまったものは目には見えませんし、容易に取れません。排水路というのは排水口の先の部分で便器の奥の部分にあるため、器具などを使っても取り除きにくいのです。排泄物やトイレットペーパーは、排水口から排水路を通って流れていきます。ところが異物などが原因で流れが止まってしまうと、水がそこにどんどん溜まっていってしまいます。その結果、行き先を失った大量の水が逆流してしまうのです。

この場合、目で異常がはっきりと確認できないのに、どんどん水が逆流してきて、あたり一面水浸し・・・という恐ろしい事態になります。集合住宅では、自分が使ってもいないのに、他の部屋の人が原因で自室のトイレがいきなり逆流してきたというケースもあります。集合住宅の場合、排水管は共有になっているため、どこかの部屋のトイレのトラブルが、自室のトイレにまで被害を及ぼす場合があります。

また、トイレのトラブルが原因で、お風呂場など他の水場にも悪影響を及ぼすこともあります。こうなってしまったら、自力で解決することはかなり難しくなります。そこで慌てて業者を呼ぶということになるのです。

逆流に対処するにはどうすれば良いのか?

最後に、逆流の対処法を見ていきましょう。まずそのためには、当然のことですがつまらなようにすることが最も大切です。排泄物とトイレットペーパーの他は流さないように気を付けましょう。そして、ペーパーを使いすぎないようにご注意ください。万が一逆流が発生してしまったら、自力で解決するか業者を呼ぶかしかありません。自力で解決する場合は、まず真っ先に床を新聞紙やビニールシートで保護しましょう。

トイレが廊下よりも高い位置にある場合は、ドアの隙間から廊下にも浸水してしまう恐れがありますから、廊下も保護します。そして最初の方法は、ラバーカップを使ってみることです。ラバーカップは別名スッポンとも呼ばれている、ゴムのカップがついた器具です。これを便器の排水口に押し当ててサッと引く動作を何回か繰り返します。

また、便器内の水を汲みだした後、上から水を勢いをつけて流すという方法もあります。勢いをつけるためには、なるべく高いところから一気に水を落とし込んでください。そして、排水管のつまりを解消する洗浄剤がある場合は、そちらも使ってみましょう。しかし、排水路が原因で逆流している場合は、自力で対処することは難しくなりますので、業者に依頼してください。

逆流が起こっている最中はとにかく慌ててしまいますから、間違った対処法で、逆に症状をひどくしてしまったり、便器を傷つけてしまう恐れもあります。排水口のつまりであっても自力で直す自信がないという方は、業者に任せるほうが安心です。また、一刻も早い解決が必要になりますから、ラバーカップや洗浄剤がないというご家庭も、業者に依頼するほうが賢明だと言えます。

まとめ

トイレのトラブル起きてほしくないものですが、つまりの原因や対処法をあらかじめ知っておけば万が一の時に役立ちます。誰でも毎日使う場所だからこそ、安心して用を足したいですよね。トラブルを防げるように、日ごろからご家族で、ルールなどを話し合ってみておいてはいかがでしょうか。そして、業者を呼ばなくてはならない緊急事態に備えて、業者の電話番号などが書かれたステッカーやメモを、目につきやすい場所に貼っておくと良いかもしれません。

この記事をシェアする