> 【原因別】トイレのつまりは液体などで溶かして解決!
COLUMN

【原因別】トイレのつまりは液体などで溶かして解決!

トイレがつまると、誰でも自力で直すことを考えるのではないでしょうか。「業者を呼ぶとお金がかかるし、すぐに来てくれないかも。」と思ってとりあえず自分でやってみる方が多いのですが、はっきり申し上げて直るか直らないかはその方のスキルだけでなく、つまりの原因にもよるのです。要は、つまっているのがペーパーや排泄物、節水による場合ならば直りやすいのですが、それ以外は難しいかもしれません。ここでは、つまりの原因別に、直し方をご説明します。

紙や便が原因の場合

紙や便が原因の場合は、溶かしてしまうのがポイントです。紙や便が水に溶けやすいという性質を利用した対処方法です。この場合の方法は2つ。まず最初は、お湯を使って溶かす方法です。よく、水を流し込む方がいらっしゃいますが、お湯のほうが水よりも温度が高いので、溶けやすくなります。しかし、「じゃあ温度は高ければ高いほうがいいのよね。」と考えるのは間違いです。熱湯は絶対に避けてください。熱湯をかけてしまうと便器を傷める原因になりますし、経年劣化している便器の場合、最悪ヒビなどに熱湯が入り込んで割れてしまう恐れもあるからです。また、熱湯でやけどでもしてしまったら大変ですね。トイレがつまっただけでも大変なのに、便器が割れたりやけどもしたりしたら、踏んだり蹴ったりです。ですから、お湯の温度は大体40度~60度ぐらいが適温です。

そして、便器に注ぐ前にあらかじめ、便器の水を汲みだしておきます。これは、注いだお湯があふれないようにするためです。やかんなどで沸かしたお湯が適温になったら、なるべく高い位置から、勢いよく便器に注ぎましょう。これを数回繰り返します。ただ、すぐに効果が出ない場合も多いので、1時間ほど様子を見てください。その後レバーを引いて流れるかどうか試してみましょう。

2つ目はラバーカップを使う方法です。ラバーカップは100円ショップでも売られていますし、ホームセンターなどでは1000円前後で買うことが出来ます。ラバーカップは先のゴム状のカップを便器の排水口の部分をふさぐようにギュッと押し当ててカップをつぶし、一気に手前に引き戻します。これを数回続けてみてください。いざという時のために、ラバーカップを常備しておくと安心ですね。

節水の場合

節水のためにトイレタンクにペットボトルを入れたり、便をした後「大」ではなく、「小」のレバーを使ってつまってしまう場合もよくあります。これは、節水によって便器の中の水が少なくなっているため、当然排泄物の汚れが付きやすくなります。すると、尿石などがこびりついてしまい、つまりの原因になってしまうのです。尿石は「石」という言葉がついていることからも分かる通り、非常に硬くて、がんこです。尿石は、お湯を流したりラバーカップを使ったりしても取れません。

尿石を取るのは尿石除去剤やトイレのつまりクリーナーが最適です。尿石除去剤には液体のものと、小便器にセットする固体のものがありますが、即効性があるのは液体タイプです。尿石防止剤も販売されていますので、尿石が気になるようであればお使いになってみてもよいかもしれません。液体の尿石除去剤には塩酸が入っている場合が多いので、目などに入らないようにご注意を。小さなお子さんやペットのいるご家庭では、使わない時もトイレの床に置きっぱなしにせずに、届かないところにしまっておくようにしましょう。

クリーナーはトイレ用以外にも、台所の排水口のぬめり取りや洗面所の排水口の臭い解消など、様々な種類が発売されていますが、トイレにはトイレ用を使ってください。また、液体や固体など、形状も様々ですが、トイレのつまりには液体のものをつかってください。濃縮タイプのものは効き目も強力ですから、おすすめです。注意点としては、放置時間が長すぎると、便器を痛める原因になってしまうので、必ず注意書きをよく読んで、放置時間を守ることが大切です。長く置くとそれだけ効果的だと思うのは間違いです。注意書きに書かれている時間が経過したら、レバーを引いて流れるか確認してください。

その他は業者に任せよう!

では、異物を落としてつまってしまった場合はどうすればよいのでしょうか。この場合、残念ながら自力では無理です。特に、排水溝の奥まで行ってしまった場合は、潔くあきらめて業者に頼みましょう。ただ、つまりはそう頻繁に起こることではないため、急に業者と言われても思い浮かばないという方も多いと思います。まずはパソコンやスマホで業者を探してみましょう。

あいにくモバイルは持っていないという方は、電話帳で探しても良いですね。「水が逆流している!」とか、「今すぐトイレが使いたい!我慢できない!」場合は別ですが、もし少し余裕があったら複数の業者を比較検討することをお勧めします。ランキング形式で業者を比較しているサイトもあります。それによると、修理代は安いところで5000円~、高いところで8400円~となっています。

期間限定で割安料金を設定している業者もあります。ただ、一口につまりと言っても、その原因や修理方法は様々ですから、電話でトラブルの状況を詳しく説明して、自分のケースでは料金がいくらかかるのかを確認しましょう。その際、対応地域内か、何時ごろ来てくれるのかも確認しておきましょう。

特に、深夜につまってしまった場合は、対応不可の業者もありますのでご注意ください。トイレのつまりは緊急性が高いので、ついあわててどこでもいいから早く呼ばなくてはと思ってしまいがちですが、ちょっと余裕を持つことでトラブルが防げますし、お金の節約にもなります。また、いざという時のために気になる業者の連絡先を控えておく、ポストに投函されているマグネットタイプの業者情報を冷蔵庫に貼っておくなどしておくといいかもしれません。

まとめ

トイレがつまってしまうとパニックになりがちですが、まずは何によってつまっているのかを確認し、それに合った対処法を試してみてください。これで解決できれば、業者に高い料金を払う必要がなくなりますから、お得です。

ただ、自分では無理そうと思ったら、業者にご連絡を。無理に直そうとして便器を傷めてしまい、全取り換えになってしまっては、元も子もありません。また、水が逆流しているなど緊急性が高い場合も、少し自分でやってみてダメだと思ったら業者に任せたほうがよいかもしれませんね。

この記事をシェアする