> ありがちなトイレトラブルとその対策をご紹介!
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

ありがちなトイレトラブルとその対策をご紹介!

経験したことがある方なら分かると思われますが、トイレのつまりによる水のあふれは、非常に驚きます。どう対処したら良いのか分からなくなりますし、パニックになるものです。
まだ経験したことが無い人は、突然、つまりが起こっても大丈夫なようにしておくと、また違うものとなるでしょう。
ここではトイレトラブルに関する話と、その対策を説明していきます。

トイレに流してはいけないものをおさらい!

基本的なことを言いますと、汚物とトイレットペーパー以外は流してはいけません。
他のものを流すと、つまりのトラブルの原因になるのです。
トイレットペーパーが無い場合、ティッシュペーパーや他の紙類を使う人もいますが、つまりの原因になりますので流さないようにしてください。
他には、ボールペンや携帯電話を落としたことに気づかずに、水を流してしまう人も多いものです。近年ではスマートフォンも大きくなったので流れにくくはなったのですが、スマートフォンの故障の原因にもなります。
大事なものだと肌身離さず持っておきたいものですが、胸の内ポケットなどには入れずに、違ったバッグに入れてから、用を足すようにしたほうが良いでしょう。
また、女性の場合は、ナプキンを流さないように注意してください。落ちたし、使えないから良いやと流してしまうと、排水管の中で膨張してしまい、つまりの原因になる場合が多いです。落とさないように気をつけてください。もしも落としてしまったら、ゴム手袋などを付けるなどして取り出してから、汚物缶などに捨てるようにお願いします。
消臭剤など、周辺に置いておくものにも注意してください。特に消臭剤などのキャップや、トイレに流れるほどの小物は置かないようにしたほうが良いです。何かの弾みで便器に落ちてしまい知らずに水を流してしまって、つまりの原因になってしまうことがあります。
殺風景な場所なので、華やかに飾りたい気持ちは分かるのですが、小物類は置かないようにしたほうが良いでしょう。
それから、お子さんが小さい場合は、おもちゃやヌイグルミを持ち込むことも多く、特に注意が必要です。子供は、トイレに落としてしまうと怒られると思い、そのまま流そうとしてしまう心理があるのです。
普段から、おもちゃだけではなく、ものは持ち込ませないような習慣を付けておくようにすると良いでしょう。

流してしまった時の対処法

もしも、先に紹介したものをトイレに流してしまい、つまりのトラブルに見舞われた場合には、水道関連の修理業者に依頼をしたほうが良いでしょう。
ですが、自分で改善できる場合もありますので改善方法をご紹介しましょう。
まずは、ラバーカップとう呼ばれる道具を聞いたことがありますでしょうか?俗にスッポンやカッポンなどと呼ばれている、アノ道具です。
トイレ用のものが1500円程度で購入できます。突然の事態に備えて準備しておいても良いでしょう。
使い方ですが、まずは飛び散り防止のために服装を汚れても良いものに着替えます。次に床や壁などに新聞紙を敷いたり、ビニールシートなどを貼ったりして養生します。ラバーカップの棒の部分にも大きめのビニールに穴を開けたものをつけ、そのビニールとラバーカップを便器に被せます。
ラバーカップを垂直に立て、ゆっくり押し込み、一気に引き抜く感じの使い方をします。何度か繰り返せば、つまったものは出てくるはずです。
ペーパー類のつまりだけではなく、ナプキンやオムツなど、水を吸うと膨張してしまうものもラバーカップで取れますので、試してみてください。
何度やっても、つまったものが出てこない場合に素直に水道関連の修理業者に依頼をしましょう。
そこで、業者を選ぶことになると思われますが、残念ながら悪徳業者も多いものです。悪徳業者を見抜く方法としましては、料金が異様に安い、電話の応対が粗い、ホームページに会社概要が無い。あっても、おかしな部分がある。といった特徴があります。
優良な業者であれば、法人企業との関連も多くあるはずなので、そういった点を重視してみても良いと思います。CMなどを出している所も良いでしょう。
まずは、複数の業者から見積もりを出してもらって、電話応対で感じの良いところを選ぶようにしてみてください。

トイレの故障につながるNGな対処法

トラブルの改善には、ラバーカップが良いことは伝えましたが、ラバーカップの使い方には、やってはいけないことがあります。
それは、押すことに力を入れては良くないということです。
ペーパー類や汚物の場合には、押すことに力を入れても流れてはくれるものなのですが、小物などの場合には、さらに大変な問題に発展してしまうこともあるのです。小物がつまったといった場合には、必ず引き出す方に力を入れるようにしてください。
また、ペーパー類や汚物がつまったといった場合には、熱湯を使う改善方法があります。ですが、沸騰したお湯を便器にかけると、便器にヒビが入ったり割れたりしてしまいます。お湯の温度を40度~60度くらいに下げてから使用するようにしてください。
改善方法なのですが、便器よりもちょっと上の方から、鍋などでお湯を入れるようにしてみてください。そして40分ほど待ってみましょう。改善しない場合には、もう一度といった感じに何回か繰り返すことで、つまりが改善されるといったことがあります。時間がかかるので、あまりオススメはしませんが、トイレが2つあるなどして余裕のある場合は試してみるのも良いでしょう。
他に、NGだと言われていることは、給水タンクに入れるペットボトルです。
ライフハックだといった感じで、給水タンクにペットボトルを入れると節水できるといった話があるのですが、給水タンク内部の故障にもつながることがあります。
節水したことによって、決まった水量が流れないことによって、汚物がつまってしまうといったこともあります。
誤った情報なので、絶対にペットボトルは給水タンクに入れないようにしてください。
これらのことが、つまりに関係するNGな対処法となりますので、気をつけるようにしてください。

まとめ

トイレに関するトラブルについては分かってもらえたことでしょう。
自分でトラブルが解消できるかどうかは、優良な業者なら教えてもらうこともできるはずです。まずは、電話を1本入れてみるのも良いと思います。
子供にも、ものは持ち込まないように、しっかりと注意しておくことが必要となります。

この記事をシェアする