> トイレクリーナーがつまりを引き起こす!笑えない経験談
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

トイレクリーナーがつまりを引き起こす!笑えない経験談

トイレクリーナーでトイレつまりを起こすなんて、あり得ないでしょうと、言われる方がいます。しかし、修理をする立場の人間からしてみれば、笑えないくらいトイレつまりの原因になっているものが、クリーナーのシートです。修理に伺った先で、どのようなことをしたのか聞いてみると、ちょっとした行動がつまらせてしまった原因になっています。修理の経験談を反面教師に、つまりを起こさない掃除用シートの使い方を覚えてください。

笑えない!トイレクリーナーでつまり発生

水回りの仕事をしていると、トイレがつまったから修理に来て欲しいという依頼が頻繁にあります。最近多いのは、クリーナーシートがつまって流れなかったというケースです。トイレクリーナーが原因の経験談を紹介します。排水口でつまりを起こしているため、便器を外して確認をすると、掃除用シートが排水口を塞いでいるということがかなりの頻度であります。

掃除用シートがつまりの原因になっている場合に、必ずお客様に使用している掃除用シートを確認してもらうことにしています。どうしてかというと、お客様に使用した掃除用シートがどのようなものか確認してもらうと、流すことができないタイプの製品だったということが、一度や二度ではなく、かなりあるからです。使用したお客様自身が、「これ、流せないものなの」と驚かれることもよくあることです。

しかし、頭から掃除用シートは流すことができるという先入観があるからだとは思うのですが、流せませんとしっかり書かれている製品を流してしまい、便器の中や排水口につまらせて修理業者を呼ぶことになる方が、かなりの数になるというのは本当です。掃除用シートというのは、実際に流すことができる製品が多数を占めていることは確かですが、ハッキリと流せませんと書いてある掃除用シートが中にはあります。

ですから、使用する前に必ず確認をしていただきたいのです。たとえ、流せる掃除用シートであっても、まとめて何枚も流した場合には、つまってしまう原因となります。掃除用シートを、使用したり流したりする場合には、よく注意して欲しいと思います。

トイレクリーナーと併用しちゃダメ!

トイレクリーナーが排水口でつまりを起こした時に、掃除用シートに絡まっていっしょにつまっているものがあります。それは、意外に思われるかもしれませんが、水に溶けやすいはずのトイレットペーパーです。掃除用シートとトイレットペーパーを併用して掃除をしたときに、両方をいっしょに流してしまうと、どうしてそうなるのかは良くわからないのですが、掃除用シートとペーパーが絡まって溶けなくなるという現象が起きるのです。

このような現象が起きることについて、あまり皆さんが知らないため、修理に行った先でかなり出会うことが多いケースです。お客様に話を聞くと、掃除用シートとトイレットペーパーを掃除をするときに同時に使用するというのは、いつもしていることだとよく言われます。けれど、掃除用シートやペーパーは便器の中よりも、排水口でつまりを起こす場合が多いので、除去するためには便器を外さないとできません。

掃除をするときに、何気なく取ってしまう行動ですが、このようなことで便器まで外さないといけない事態に陥るというのは、何としても避けたいことです。つまりを起こさないようにするには、掃除用シートとペーパーを併用しないこと、あるいは同時に流さないことが一番の方法です。

掃除用シートの使用上の注意はよく読むべし

修理を終えた後で、お客様に原因の説明などの話をしていると、「気をつけていたら、トイレをつまらせることにはならなかった」という後悔の言葉が出てきます。ほとんどの人が使用していると言っても良いほどの掃除用シートですが、使用上の注意を読んで、使用していればこのようなことにはならなかったことを説明すると、「知らなかった」ということと同時に、後悔の言葉を口にされます。

ご使用前に必ずお読みくださいと書いてはありますが、使用上の注意は今まで読んだことがないという方が大多数です。細かな文字ばかりで、読みにくいことも確かです。けれど、ここには大事なことが書いてあるので、必ず読んでくださいと伝えるようにしています。特に赤い文字で、「トイレのつまりを防ぐため、シートは1枚ずつ流してください。」と目立つように書いてあるところを指し示すと、決まったように「初めて知った」とか「知らなかった」と言う方ばかりです。

この注意書きをしっかりと守って、正しく使用していれば、つまらせることにはならなかったことと、これからは守ってくださいと言うと、「これからは、気をつけます」という返事をされます。掃除用シートも正しい使い方をすれば、トイレつまりを起こすことはありません。

今までは流れたのに!なぜ?

トイレのつまりが起きて修理に行くと、今までは掃除用シートがすんなりと流れていたのに、どうして流れないのと聞かれることがあります。このようなことを聞かれるお客様は、新築の物件に転居した方や、水回りのリフォームをした方で、最新型の便器を使用されている方々です。便器を洗浄するとき、一回あたりの洗浄に使用する水量がどれくらい変化してきていると思いますか。30年ぐらい前までの製品の場合、一回13Lほどの水量で洗浄していました。しかし、1995年に洗浄に使用する水量が6Lという製品が発売されてからは、各社の製品の平均的な洗浄の水量は、大が6L、小が5L以下に減少しています。

また、最新の節水タイプの製品の場合には、洗浄用の水量は、大が4L、小が3.3Lと、信じられないほど少なくなっています。以前の13Lの水量だったら掃除用シートも充分流すことができました。けれど、現在では平均的タイプの製品では、水量が6Lと従前の2分の1です。節水タイプの製品の水量では、4Lと3分の1です。これだけ洗浄に使用する水量が減っていることに、意外と皆さん気が付いていないのです。

かなり洗浄の水量が減っているにもかかわらず、以前どおりの感覚で掃除用シートを使用し、流しているがために、つまりを起こしてトラブルになるのです。大量の掃除用シートを少ない水量で一度に流した場合に、つまりが発生しても仕方がない状況だと言えます。お客様から、便器や排水口のつまりを防止するためにはどうしたらいいですかと聞かれた場合、こう答えることにしています。掃除用シートを流すときには、数枚まとめて流さずに、1枚ずつ流してください。

まとめ

トイレクリーナーが原因となって、トイレつまりを起こしていたケースと言うのは、数えきれないくらいあります。今回の経験談は、修理依頼があった中でも、お客様につまった原因について聞いてみると、また、同じようなことをしていたからだったと思う、何度も繰返して遭遇する事例です。同じようなことが繰返して起きているということは、裏を返せば、多くの方が同じようなことをしているということです。何気なくしてしまうことかもしれませんが、そのことがつまりを引き起こしてしまうということを知っていてください。