> 水位が下がる・上がるトイレつまりはどうすれば良い?
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

水位が下がる・上がるトイレつまりはどうすれば良い?

流した時に、異変を感じたことはありませんか。いつもならスーッと流れていく水が一度水位があがった後にゆっくりと下がっていった、またはトイレに入って便器の中を見たら、いつもより水が減っているように思ったということはないですか。どちらも完全につまっているわけではないので、そのままにしてしまいがちですが、流れが正常ではないと感じた時点ですでにつまりはじめています。完全につまってしまう前に対処しておくべきでしょう。

トイレの水位が下がるときの原因と対処

便器に溜まっている水のことを「封水」といいます。これは排水管からの臭いや虫などの侵入を防ぐ役割を持っています。「封水」の水位は一定ですが、これが下がっていると感じたことはありませんか。この「封水」が下がる原因にはいくつか理由があります。まずは水そのものが蒸発してしまったことです。夏場の旅行帰りなどに見たら水が下がってる気がしませんか。又は長期間空き家になっている場合など、長時間使用していないと水が蒸発して水位が下がることがあります。他にも、流したペーパー類が流れきれずに排水トラップ上部に留まった場合、ペーパー類に水が引き寄せられて下がることがあります。

こうした場合の対処方法は、「大」のレバーで水を流して、引っかかっているペーパー類を流してしまうことです。トイレが建物の2階以上にある場合、洗面所で一度に大量の水を流したり、強風が原因で排水立菅の中の気圧が減少したりすると、「封水」が排水立菅に流れ出ることがあります。トイレも同様です。この場合は、通気管を設置したりして排水通気を改善しなければなりません。

しかし、ほとんどの場合にはおいて、水位が下がった原因が詰まりであることはありません。「封水」が下がっていたら、まず大量に水を流します。水を流した後に「封水」の水位が戻れば何の問題もありませんが、改善されない場合は排水設備に問題がある可能性があります。これらの問題を放っておくと、将来的につまりが起きるかしれません。また、水位が低いまま使用し続けると、封水がなくなり悪臭や虫などの問題が起きたりしますので、早いうちに業者に相談しましょう。

トイレの水位が上がるときの原因と対処

トイレを流した後に、水が便器に溜まって流れていかなかった場合や、いつもより「封水」の水位が高い場合は、詰まっている可能性が大きいです。完全に排水管が詰まっているわけではなく、ゆっくりでも水が流れているので、ついそのままにしておきがちです。しかしそのまま放置しておくと、いずれ完全に詰まってしまうかもしれません。

そうなる前に対処しておき必要があります。詰まる原因の半数以上は、ペーパー類が詰まったことによります。トイレットペーパーを流すことは当たり前なのに、なぜ詰まるのかと思われる方も多いでしょう。もちろんトイレットペーパーは水に溶けますし、適量を正しく使用しただけなら詰まることはないでしょう。しかし、一度に大量に流した場合などは、ペーパー類が溶けきれずに排水管に溜まってしまうことがあります。この場合は、ラバーカップを使って詰まりの元を吸い出す方法や、お湯などを使って溶かして解消する方法をとります。

もしもペーパー類を一度に流した覚えがなく、ラバーカップを使っても何も出てこない場合は、排水管が尿石により狭くなっている可能性があります。尿石はそれ自体で完全に詰まることはないでしょうが、尿石が排水管につくことにより水が流れる範囲が狭くなり、つまりやすくなるのです。便器内ならともかく、排水管内の尿石を掃除することは難しいので、専用の薬剤を使います。しかしこれらの薬剤は即効性がないので、日頃から予防も兼ねて定期的に使用するようにしたほうがいいかもしれません。つまってから慌てないためにも、普段から気をつけておきましょう

時間が経てば水位は下がるトイレのつまりでも業者を呼ぶべき?

一度便器内に水が溜まっても、時間が経てば水位が元に戻っていることがありませんか。気にはなるけど、ゆっくりでも水が引いていくので、ついそのままにしてしまっていませんか。しかし、流れが悪いということはすでに詰まりは始まっているのです。完全に詰まってしまう前に、対処した方がよいでしょう。

詰まりの原因の半数以上はトイレットペーパーの詰まりです。これらはラバーカップなどの方法を行なって、自分で解消することができます。本来水に溶けるはずのペーパー類が溶けきれていないのですから、お湯を流してそれを促してあげる方法があります。単なるお湯ではなく、重曹とクエン酸を使うことにより、さらに効果を上げることができます。重曹やクエン酸で水が流れるようになったら、ラバーカップで詰まりの原因であるものを吸い出します。詰まりが軽度なら、ラバーカップだけで解消することもできます。

しかし、何度お湯を流す方法や、ラバーカップを使った方法を行なっても症状が改善しないのであれば、詰まりの原因はペーパー類ではないということです。トイレットペーパーやお掃除シートのように水に溶けるものが原因であればいいのですが、水に溶けないものを流したことによる詰まりは解消できません。

水に溶けないものとはなんでしょうか。子どもが誤っておもちゃを流したというケースもよく聞きます。また女性用の生理用品やオムツなども流してしまう人もいるようです。それ以外でも猫の砂など、手軽に捨てられるからと流してしまう人がいるようです。もし、つまりの原因がこれらによるものであるのならば、業者に依頼しなければ直すことは出来ません。

まとめ

 毎日何度もお世話になるトイレです。それだけに詰まってしまったらとても困ってしまいます。トイレを詰まらせないためには、水位の上下などにも心を配り、少しでも異常が見つかったら、正確に対処しなければなりません。しかし、つまりの原因がわからない場合には、素人があれこれやってみても、状況をさらに悪化させるかねません。そうなる前に、きちんとした業者に依頼した方が、結果的には安くあがることになるのではないでしょうか。

この記事をシェアする