> 排水管事故の原因と清掃方法
トイレのつまり・水回りのトラブルに関するトピックス

排水管事故の原因と清掃方法

排水管の破損や不具合が起きて水漏れなどのトラブルが起きてしまうということはよくあることです。後処理も大変ですし、マンションなどの場合には下に住む家の方にも迷惑をかけてしまう事もあり、大事になります。なぜそのようなことが起きてしまうのでしょうか?主な原因となることや、清掃はどのようにしたら良いのかということをわかりやすくご説明いたしますので事故を防げるように、日ごろから手入れをきちんとするようにしましょう。

排水管の構造

私たちの生活には水が必要不可欠です。家の中ではキッチンやお風呂、トイレや洗面所などで毎日水を流します。ですが、流した水がどのように排水されていくのかというところまで理解しているという方は少ないのではないでしょうか?そもそも排水管とは家の中で使用して出た汚れた水や雨水などの下水を下水道まで運ぶためのパイプです。基本的には床の下や壁の中などにありますので表面上は隠れたところに配管されていて通常の生活で目にすることはほとんどありません。

目に見えるものではないのであまり気にして見るという人はいないですが、詰まってしまうようなことがあると家の中の様々な場所でトラブルが発生してしまうというとても重要なものなのです。そのつくりは、木でいうと幹にあたる部分で上から下へと水を流すためのメインの管と木でいうと枝に当たる部分のキッチンやお風呂、トイレなどそれぞれの場所からメインの管に繋がっている管で成り立っています。最終的にはメインの管に全ての水が集まるような構造になっていますので、それぞれの場所で詰まりが発生するとその影響はメインの管にももちろん出てしまいます。

例えばトイレで何か異物を落としたとしたら、それは水の流れにのってメインの管に流れていってしまいます。同じようにそれぞれの管において水に溶けないものというのはどんどん蓄積していってしまいます。そしてそれぞれの場所の管が詰まっていっぱいになってしまうとそれが押し出されメインの管に溜まっていってしまいます。いくつもある細い管から異物や汚れが集まってきてしまうことで、メインの管も詰まっていってしまうという現象が起きるのです。

排水管事故の主な原因

排水管の事故にはどのような原因があるのでしょうか?主に関係してくるのはキッチン、お風呂、トイレです。キッチンで原因となるのは料理をする際にでる油ものなどを洗った際に油汚れが溜まっていってしまうことが考えられます。油を排水溝に直接流すようなことをする人はいないかと思いますが、洗い物や炒め物をしたフライパンや料理を食べ終わったお皿を洗うとフライパンやお皿についていた油が排水口に流れていきます。一度に流れる量はそう多くはありませんが、それが毎日積み重なって蓄積していくと水が流れづらくなっていってしまいます。油汚れというのは時間が経つと固く変質していってしまいますのでパイプクリーナーなどを流しても汚れが取れないこともあります。そして汚れがあまりにもたまってしまうと詰まってしまうことになります。

お風呂の場合は、蓄積した髪の毛や油汚れが原因となります。排水が流れる際に、人の身体の油や垢が排水パイプの中についてしまいます。その汚れに雑菌が多量に発生してぬめりが出てきてしまい、そのぬめりに髪の毛や新たな汚れがひっかかりどんどん汚れが大きくなっていってしまいます。この汚れが徐々に溜まっていくと、水の流れる道が細くなってしまい詰まりや水の逆流の原因となります。

トイレの場合には、大量の排泄物やトイレットペーパーを一気に流そうとして詰まった際や便器の中に水に溶けることがない異物を落としたりした際に詰まりの原因になります。また、掃除を怠ることでトイレに繋がる排水管に徐々に汚れが蓄積して、それが押し出される形でメインの管に汚れが流れ込むことによって排水管事故が起こってしまうこともあります。それぞれの場所によって原因は様々ですが原因さえわかれば対応も出来ますので、トラブルを解消するためにはどこの部分に原因があるのかということをきちんと見極める必要があります。

排水管の清掃方法

様々な場所に繋がっている排水管ですが、事故の原因となるのは主に汚れの蓄積です。ですからトラブルを未然に防ぐためには、日ごろからこまめに清掃することがとても有効です。清掃方法はまず市販のパイプクリーナーを使用する方法があります。ドラッグストアなどでも簡単に手に入るものですので手軽に試すことができます。液体のものや錠剤のもの、ジェルタイプのものなど様々なものが販売されていますがどれも薬剤を排水口の中に入れて一定の時間を置いた上で一気に水を流すという方法をとります。とても強い薬剤ですので、使用方法や注意点をきちんと読んで安全面に注意して使用するようにしましょう。

次に、直接排水管の中に清掃できるような器具を入れて掃除をするという方法があります。主に使用されるのは長いワイヤーの先に細長いブラシのついたタイプで排水管のS字の部分にまで届くようになっています。奥まで入れたら、引いたり押したりを繰り返して掃除をしてこびりついた汚れや髪の毛、ヘドロなどを取り除きます。

最近では100円均一などにプラスチックタイプのものなども販売されていて、手に入りやすくなっています。その他にも重曹を使用した洗浄方法もあります。キッチンでは重曹を排水口にかけて、その上から酢を振りかけます。重曹と酢は混ざると反応を起こして泡になり、油汚れを浮かして落とすことができます。

お風呂場では排水口に重曹をかけてその上からクエン酸をかけます。同じように重曹とクエン酸は混ざると反応を起こして泡になり、皮脂汚れやせっけん汚れを分解して落としてくれます。最後はお湯で流すとより汚れが落ちやすくなります。どの方法もとても簡単に使用できるものばかりですので、日頃から定期的に清掃を行うことで業者に頼まなければいけないような深刻な状態になることを防ぐことが出来ます。

まとめ

生活していく上で水は必ず使用するものですので、もし排水管の事故が起きてしまうと水回りのものが全く使用できなくなってしまいとても困ってしまいます。排水管の事故がおこる原因となるのはキッチンとお風呂とトイレにあることがほとんどです。そしてトラブルを未然に防ぐためには自分で日ごろから清掃をきちんと行って汚れがこびりついたままの状態にしておかないということがとても大切です。そんなに難しいことではありませんので、ぜひやってみてください。

この記事をシェアする