> 洗面所トラブルに業者はどう対応してくれる?
トイレのつまり・水回りのトラブルに関するトピックス

洗面所トラブルに業者はどう対応してくれる?

洗面所は、通常は朝夕の歯磨きや洗顔に使用するので、器具の使用頻度は高くなってしまいます。そのために、経年劣化によるレバーの故障や、接続部分の緩みやひび割れが起きやすく、水漏れしてしまうことがあります。また、排水口に大切な物を落としてしまったりして、大慌てをした経験もあると思います。その他、洗面所トラブルは多々あると思いますが、そんな時に駆けつけてくれる業者について、作業内容や費用を調べて見たいと思います。

よくある洗面所トラブル

洗面所のトラブルで多いのは、排水口のつまりです。髪の毛や垢などが、徐々に蓄積されてつまりを起こすようです。はじめは何となく配水の流れが悪いのが気になる程度でも、放っておくとそのうち悪臭がするようになり、完全に詰まってしまいます。洗面所では、歯磨きに使用する歯磨き粉や、洗顔料やクレンジングオイル、さらにムースや整髪料など、多種多様なものが流されるので、排水口には想像以上にヘドロが蓄積されているのです。

また、蛇口をひねった時に起こる異音や振動も、蛇口や水道管の故障によるものが疑われます。他にも、洗顔中や整髪中に誤ってアクセサリーを排水口に落としてしまうこともよくあることで、高価なものであれば何とか拾い上げたいと業者を呼ぶ人もいます。洗面所は、日に何度も使用するところなので、違和感を感じたら、早めのチェックをおすすめします。

業者の具体的な対応方法や手順

まず、つまりや水漏れは言うまでもありませんが、洗面所の排水口に物を落としたときは、絶対に水を流したり、無理に動かしたりしないで、すぐに業者を呼ぶことをおすすめします。洗面所や台所の排水口は、排水トラップといって、下水からの臭いが上がってこないようにS字型に曲がっているので、上手くするとそこに留まっている場合があるからです。

また、何とかしようとして、揺すったり叩いたりすると、接続部分の緩みや破損を生じさせることもあるので、水漏れに繫がってしまいます。一日の始まりを迎える場所が、水はけが悪かったり悪臭がしていては、台無しになってしまうので、トラブルが起こらないように、定期的にメンテナンスをすることをおすすめします。

洗面所トラブルの料金相場は?

洗面所の排水口のつまりは、そんなに酷くなければラバーカップでつまりを緩和してから、市販のパイプの洗浄剤を使用することで、解消される場合もあります。けれども、蛇口が壊れて水が噴出してしまっている状態や、何をしてもつまりが解消されない場合は、すぐに業者を呼ぶべきです。パイプからの漏水は、集合住宅では階下まで浸水してしまうこともあるので、業者が到着するまでに出来ることを聞いておくのも大切です。

その際にかかる費用の平均的な相場は、作業代と出張費を合わせて、8000円前後になります。その他交換する部品代や特殊な作業代、また時間帯によっては加算費用がプラスされることもあるので、料金は事前に確認しておきましょう。

まとめ

特に女性にとっては、洗面所は自分に磨きをかける準備をする大切な場所です。水はけが悪く、洗面ボールの水がいつまでも淀んでいたり、嫌なにおいがすると、それだけで一日が台無しになってしまいます。漏水や器機が破損してしまったら、業者を呼んで修理をすることは当然かもしれません。けれども、日常からパイプの洗浄や、蛇口やレバーのメンテナンスを日常的に心掛けておけば、耐久性もよくなり快適に使い続けることができるので、心身ともに健康な生活が送れるのではないでしょうか。

この記事をシェアする