> マンションの水漏れトラブルはどうすれば良い?
トイレのつまり・水回りのトラブルに関するトピックス

マンションの水漏れトラブルはどうすれば良い?

あなたは水漏れトラブルにあってしまったことはありますか?もちろん一軒家に住んでいたとしても深刻な問題ではありますが、上の階や下の階と床や天井1枚で繋がっているマンションではもし発生してしまうと自分の家だけの問題ではなくなってしまいますのでより深刻な問題です。なぜ発生してしまうのか、どのように対応すればよいのかなどいざという時に役にたつ情報をお伝えしていきますので、チェックしてみてください。

マンションで水漏れになる原因

マンションで起こってしまう水漏れの原因としては人の行動が原因になっているものと、配水管の故障などの物質的なものが原因の場合の2つが考えられます。まず人が原因になっている場合というのは水を出しっぱなしにしてしまい洗面所が水浸しになってしまったり、洗濯機のホースが外れてしまっていることに気が付かずに部屋中に水が漏れてしまったりというような人の不注意によるものや、トイレに紙や異物を詰まらせてしまったり、キッチンに油を流してしまったりすることで排水溝を詰まらせてしまうことで水が溢れてしまうことなどが考えられます。

どれも上の階の家庭でそのようなトラブルが起きたことによってその下に住む家庭にまで被害が出てしまいますので、ご近所トラブルにも発展しかねない深刻な問題です。物質的なものが原因となっている場合は、給水管や排水管が腐食していたり、長く使用していることで劣化していたり、なんらかの衝撃によって破損してしまっていたりすることによって水が漏れてしまうことが考えられます。

これは一つの家庭だけで起きることではなく、マンションの場合には全ての排水管や給水管は繋がっていますのでその管が繋がっている範囲の全ての家庭で同じように水漏れをするため、とても厄介です。また原因の特定が難しいですし、修理には時間がかかりますので水漏れの解消にも長い時間を要することになります。

人的なことが問題の場合にはなにが原因かというのが分かりやすいので対処もしやすいのですが、目に見えない部分の故障や不具合はなかなか原因がわかりませんので業者に依頼してチェックしてもらうとスムーズに解決することが出来ます。

賃貸の場合は管理会社に連絡

自分が何か失敗をしてしまって水浸しにしてしまった時や、自分の家の天井から水漏れがある場合には、もしお住まいのお宅が賃貸物件でなのであればできるだけ早く管理会社や管理組合、大家さんなどに連絡をするようにしましょう。水漏れは早く対処すればするほど被害を最小限に抑えることが出来ます。逆に時間が経ってしまうと取り返しのつかないことになってしまう可能性すらあります。自分の部屋が原因の時には連絡をしたらすぐに原因を取り除く必要があります。

自分で原因が分かっている場合にはすぐに対処をし、排水管の異常など自分ではどうしようもないことが原因であったり、理由が分からない時などには専門の業者に依頼をして調べてもらい、対応してもらうようにしましょう。下に住む方の被害が出ていないかどうかを管理人さんに確認してもらうことも大切です。

もし自分の家の天井から水漏れをしている場合には上に住む方の部屋が原因となっている場合が多いので管理会社に上の階に住む人に連絡を入れてもらい、原因を究明してもらうようにします。また、被害状況を写真に撮っておいて残しておくことも後々役にたつのでしておくようにしましょう。マンションに住んでいる場合には自分が原因の場合にも上下の部屋に住むお宅が原因となっている場合にも直接やりとりをすると余計に大きなトラブルに発展してしまうことがあります。

賃貸物件の場合であれば必ず管理会社や大家さん、管理人さんなどを通して連絡をとり立ち会ってもらって対応をするようにしましょう。第3者が入ることで話がスムーズに進みますし、冷静に対処してもらうことが出来ます。

下の階にまで水漏れしたら責任の所在は?

もし自分の家が原因で水漏れが起きてしまって、下の階にまで水漏れしてしまった時には責任は自分で取らなければいけないのでしょうか?明らかに自分の過失で、自分が行ったことが原因になってしまっていることが分かっている場合には自分で責任をとらなければなりません。例えば,、自分の不注意で蛇口を締め忘れてしまったり、洗濯機から水が噴出してしまって床がすっかり水に浸かってしまったり、ベランダで必要以上に水を流し、上手く排水できずに下の階まで水が漏れてしまったり、自分で排水口などを詰まらせてしまい逆流して水が溢れてしまった場合などです。

こういった場合には明らかに自分の行いが原因となっていますので責任は個人が問われることになります。一方で、共用の配管部分が原因となっている場合には管理会社に責任がありますので、修理や被害を受けたところへの賠償なども管理会社が行うことになります。管理会社の多くは、保険に加入していますので修理などにかかる費用はそこで賄うことが多いです。

個人で責任を問われた場合にも、個人賠償責任保険に加入していれば保険で修理費用や、被害を受けた方への賠償なども保険で賄うことが出来ます。自分が被害を被る事になってしまった場合にも、相手の方が保険に加入してくれていれば安心ですよね。マンションに住んでいる場合には、自分のせいでなくても水が漏れてトラブルに巻き込まれることもありますので万が一のことを考えて保険に加入しておくことをおすすめします。

まとめ

マンションでは他人と壁や天井という一枚の壁で繋がった環境で暮らしています。ですから水漏れのトラブルの際にも自分の家だけの問題ではありませんし、自分の家に何も原因がなかったとしてもトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。もしトラブルが起きてしまった場合には自分が原因の場合にも、被害を受けた側の場合にもまずは管理会社にすぐに連絡を入れて、すみやかに対応してもらうようにしましょう。そしていざという時に困ってしまわないように初めから保険に加入しておくことをおすすめします。

この記事をシェアする