> 大地震で被災した時のトイレはどうすれば良い?
トイレのつまり・水回りのトラブルに関するトピックス

大地震で被災した時のトイレはどうすれば良い?

日本は地震大国ですので、国内のどこにいたとしても大地震に遭遇する可能性は多くあります。もし被災してしまった時、ライフラインの確保はとても重要な問題です。その中でも深刻なのがトイレの問題です。震災発生時の状況や、普段からしておくべきことなどについてご紹介しておきますので自分には関係ないと思わずに、いざという時に困ってしまわないようにきちんと知っておいてください。

地震時は給水や排水がストップ

震災が発生した際、被災地では多くの家庭で電気や水などのほとんどのライフラインがストップしてしまい、人々の生活にとても大きな影響を与えます。そしてその中でもとても大きな問題となるのはトイレの問題です。普段当たり前のように使用しているものですが、使えないとなると健康面でもとても大きな問題になります。そもそも地震が起きると、どうしてトイレの水が流れなくなってしまうのでしょうか?

それは現在使用されているものが全て水洗式のものであり水が供給されなくなったり、排水管や下水道が破損してしまうことで使用できなくなったりしてしまうからです。震災が発生してしまった時には大きな揺れが起こります。その大きな揺れや衝撃によって、地面の中にある水道管や排水管が破損してしまうことがあります。

すると水の供給や排水が出来なくなってしまい水を使用することが出来なくなってしまうのです。いわゆる断水という状態です。また、水を供給するためには電気も必要です。水は何もしなくてもどこからか流れてくるというものではありません。貯水所に水が貯められていて、送水設備というもので制御され必要な量を必要なところに送っています。

もちろんこれは電気で動いているものですので電気が止まってしまうと、送水設備が動かなくなってしまい、水も供給することが出来なくなってしまうのです。停電になってしまっている場合には、復旧するまでは水も供給されることはありません。飲み水や手洗い、お風呂の水が確保できなくなるのと同じように、トイレで使用する水も無くなってしまうのです。

排水管の破損に関していえば、自分の家の使用部分には破損がなかったとしても繋がっている部分のどこかで破損が起きていればもちろん、自分の家でも水を使用することが出来なくなります。集合住宅に住んでいる場合には、全ての排水管が繋がっているので一カ所で破損が発生すると全ての家庭で水を使用することが出来なくなってしまいます。 

トイレの水が流れないとどうなる?

では震災が発生して排水管や水道管が使用できなくなってしまい断水になり、トイレの水が流れなくなってしまった際にはいったいどのようなことが起きるのでしょうか?本来水洗トイレというのは水を使用して排泄物を流すものですので、水のない状態で使用するということは考えられないです。ですが、震災時の時はたとえ水が流れなかったとしても他に使用出来る場所がなく、そこを使用せざるを得ないという状況も考えられます。

水が流れない状態で使用し続けると便器の中は排泄物でいっぱいになってしまいます。実際に過去の震災発生時にも公衆トイレや学校や避難所に被災者があふれ、周辺が排泄物だらけになってしまうということがあちこちで見られました。排泄物は悪臭の原因になるだけでなく、雑菌もたくさんいるのでそのままにしておくと菌が蔓延し、食中毒や感染症になる危険性があります。

被災していて健康面でも弱くなっている時には、通常よりも菌に対する抵抗力が弱くなっているのでさらに危険です。また、排泄物だらけになってしまったところは使用することができなくなってしまうので、被災者はトイレに行く回数を出来るだけ少なくしようと水分の摂取を控えようとします。そうすると脱水症状をおこし、さらなる病気を引き起こしてしまい、最悪の場合には命を危険にさらしてしまうことすらあるのです。

排泄というのは人間が生きていく上で必ず行わなければならない生命活動です。もしそれが上手く機能出来なくなってしまうと、健康的にも問題が起きてしまいます。ただ水がながれないだけと思うかもしれませんが、命にも関わるとても重大な問題なのです。

普段から対策すべきこと

近年大きな地震が起きることが懸念されて、地震が起きて被災してしまった時のために避難セットを用意しておいたり食料を備蓄しておいたりと普段からいざという時に困らないように準備をしているという人が非常に多くなってきています。ですがトイレが使用できなくなってしまった時のことを考えて準備をしているという人は少ないかもしれません。地震で使用できなくなってしまった時のために、水が無くても使用することができるような簡易トイレを準備しておくと安心です。非常用に販売されているものは、排泄物を固めて捨てるので水がなかったとしても使用することが出来ます。

緊急時の被災グッズに注目が集まっている近年では、様々な種類のものが発売されています。その中でおすすめのものは、処理剤の中に消臭効果や抗菌、滅菌効果のあるものです。排泄物には雑菌が沢山ありますし、臭いもあります。いくら処理剤で固めるとはいってもそれをそのまま放置しておくことになるので衛生的な問題が気になります。

そこで処理剤に消臭効果や菌を失くしてくれる効果があればある程度保管しておいても衛生面の心配はありません。固めた排泄物はゴミとして捨てることが出来ますので、お住まいの自治体のルールにしたがって処分するようにしてください。いざという時のためにと考えると、どれくらいの量を準備しておけばよいのかということが心配になるかもしれません。

処理剤は基本的に1回につき1つ必要となります。大人であれば1日に5回程度は使用することになり、1週間程度の量を準備しておくと安心ですので1人あたり35個程度あると良いです。家族が多いとその分用意するべき数も多くはありますが、被災した状況でも健康を損なわずに生きるためにはこういった準備がとても重要です。ぜひ、いますぐにでも準備をしましょう。

まとめ

日本は地震大国と呼ばれていて、ほぼ毎日日本のどこかで大きさは様々ですが地震が起きています。そして専門家も日本中のあちこちでいつ大きな震災が起きてもおかしくない状況であると言っています。被災してしまった時、ライフラインの問題というのはとても深刻です。そしてなかでもトイレの問題というのは大きな問題になります。

もし被災して使用できなくなってしまったら、最悪の場合命の危険につながってしまうことすらあるのです。もしそんな状態になってしまった時に困ってしまわないためにも、今出来ることとして簡易トイレを準備しておくことはとても有効な手段です。面倒臭がらず、自分には関係ないと思わずに用意しておくことをおすすめします。

この記事をシェアする