> トイレの浮玉の役割と調整方法
トイレのつまり・水回りのトラブルに関するトピックス

トイレの浮玉の役割と調整方法

トイレタンクの中に浮球というものがあるのを知っていますか?タンクの中まで見るということはあまりないかと思いますので知らない人が多いですが、 浮球が異常をきたして上手く働かなくなってしまうとトイレ自体が上手く機能しなくなってしまうことがあるほどとても大切なものなのです。どのようなはたらきをしているものなのか、調整する方法や交換はいつすべきなのかなどについてご紹介していきますので参考にしてみてください。

トイレの浮玉の役割

浮球と言われてそれが何であるかわかる人というのはそんなに多くはいないかと思います。トイレは毎日のように使用していても、タンクの中を見たことがある人というのは少ないです。浮球とは、トイレのタンクの中にあるもので水の量を調整している装置であるボールタップについている楕円形の浮きです。水の量が増えて水かさが上がると同時に浮いていき、排水した後の給水を止めています。

そして水を流して水位が下がると浮き球の位置も下がり給水をします。本来あるべき水位にまで戻ったら、給水を止めます。もちろんこの玉に水の量を調整する機能があるわけではありません。玉の動きがボールタップと連動しているので、玉の動きに合わせてボールタップが動くことで水の量が調節されているのです。

水に浮くボールと弁が繋ぎ合わされているため、タンクの中に水が溜まっていないときには玉が下がった状態になります。弁には圧力がかからず、開くことで排水が行われます。タンクに水が溜まっているときには玉は浮きます。弁には圧力がかかり、弁が閉まるので水の給水が止まります。

玉がこのように動くことによってボールタップが連動して動き、タンクの中の水が減っているときには増やして、水の量が適切になったらそれ以上増えないように水の給水を止めているのです。ただの白い球のように見えますが、タンクの中にある水の量を自動的に調節するという非常に大切な役割をしているボールタップが正常に動くために、欠かすことの出来ないとても大切な部品なのです。

トイレの浮玉の調整方法の手順

もし浮球が正しく動いていないと、便器の中に水が無くなってしまったり、逆に水があふれてしまったり、流れなくなってしまったりします。そうすると使用することが出来なくなってしまいますので、調整して正しく動くことが出来るようにしなければなりません。自分で調整をすることも可能ですが、正しく行わないと水が溢れてしまって周囲が水浸しになってしまうなどトラブルになってしまいますので、きちんと正しい調整方法を知っておきましょう。

まずは、調整を始める前に止水栓を閉めます。止水栓が開いたまま調整を始めてしまうと、タンクから水が溢れてしまう危険性があります。そしてタンクのフタを開けては作業に邪魔にならない場所に置いておきます。下準備をしたら、まずはタンクの中の水を本来あるべき量に合わせます。水の量はタンク内にあるオーバーフロー管に書かれているWL-という印に合わせます。印が見つけられなければ、オーバーフロー管の端から2~3㎝ほど下に合わせるようにします。ボールタップの付け根に水の量を調節するリングがある場合には水を増やしたければ右方向に回します。逆に水を減らしたければ左方向に回します。

回す基準としては90度回すと8㎝程度水の量が変わりますのでそれを目安にやってみてください。調整するためのリングが無い場合には、玉の付け根の部分に支持棒があるはずです。水を増やしたければ支持棒を上に曲げ、減らしたい時には下に曲げます。ここまで出来たら一度タンクの中の水を抜いてみます。水を流すレバーを通常通りに引いて水を流します。この時に止水栓がきちんと閉まっていれば、タンクの中の水を空っぽにすることができます。

ここまでできたらタンク内の部品に異常がないことを確認してから浮玉の調整をします。タンクの中で何かに引っかかっているようなら他の部品を調整して引っ掛かりを解消します。内部に水が入っているようであれば水を出します。基本的には中身が空であるべきものですが、亀裂などがあると水が入ってしまいます。その場合には、新しいものと交換します。

玉の調整が終わったら、タンクのフタを閉めて、止水栓を開けて作業が終了です。浮玉の調整といってもそれだけをいじれば良いというものではありません。きちんと全体の流れを理解して、正しく調整を行ってください。

浮玉の交換のタイミングは

では、トイレの浮球はどのようなタイミングで交換するべきなのでしょうか?浮玉自体は、そうそう壊れるものではありません。亀裂が入ってしまったりしなければそのまま使用することが出来ます。ただし、タンクの中の水を排水してまた給水を行うということを繰り返している為、ある程度の負荷はかかりますので長い間使用していれば劣化をするのは避けられません。

もし劣化してしまった場合には正常な動きが出来なくなってしまい、水の量を上手く調整することが出来なくなってしまったり、水が流れなくなってしまったりするのでそういった場合には新しいものに交換する必要があります。ホームセンターなどに行くと1000円もしないくらいの値段で購入することができます。様々な種類のものがありますが、迷ってしまった場合には現状付いているものと同じ形状のものを選んでおけば良いです。

交換するべき目安としては、タンクの中で他の部品とぶつかってしまって形が変形してしまい上手く動かなくなってしまった場合や、亀裂がはいってしまって玉の内部に水が溜まってしまっているような場合です。タンクの中にあり、常に目につく場所にあるものではありませんのでなかなか異変に気がつくのは難しいかもしれません。

ですが、上手く流れないなと感じた時、またタンクから水が漏れているようなことがあった場合には浮球に異常がないかどうかを確認してみるようにしてみてください。きちんとお手入れをしていれば長く使うことができるものですので、特に異常がなかったとしても定期的にタンクの中をみて他の部品も併せてチェックをし、汚れを取り除くようにしてください。

まとめ

トイレのタンクの中は気になることが無ければ見ることもありませんが、正常に使用するためには欠かすことの出来ない部品がとても沢山入っています。浮玉も水の量を調整するというとても大切な役割をしていてこれがきちんと働かないと使用できなくなってしまったり、水が溢れてしまったりします。自分で交換をすることもそんなに難しくなくできますし、日々チェックしてお手入れしておくことで長く使用することが出来ますので、日ごろのチェックも忘れずに行うようにしましょう。

この記事をシェアする