> 和式トイレがつまる原因と修理方法
トイレのつまり・水回りのトラブルに関するトピックス

和式トイレがつまる原因と修理方法

あなたはトイレという言葉を聞いてどのような形のものをイメージするでしょうか?少し前まではしゃがんで使用する和式タイプのものが主流でしたが、西洋文化が入ってくるにつれて椅子に座って使用する洋式タイプのものが増えてきました。ですが、まだまだしゃがんで使用するタイプのものも多くありますので、万が一詰まってしまった際にはどう対処すれば良いのか、詰まる原因とともに見ていきますのでトラブルが起きてしまった際、困らないようにしましょう。

和式トイレは洋式よりも詰まりにくい?

2つのタイプはそもそも形状が違いますので使用の仕方ももちろん違いますが、内部の構造も大きく違っています。それによってつまりやすさにも違いはあるのでしょうか?どちらも基本的な構造は同じですが、しゃがんで使用するタイプのものの方が比較的詰まりにくいと言われています。それは、排水管が洋式のものよりも太くなっているからです。排水管が太ければ、その分基本的に処理することが出来る量が増えます。

そして詰まってしまう原因は汚れが排水管にこびりついてしまって水が流れにくくなってしまったり、なにか異物を落としてしまい排水管の中で水が流れることが出来なくなってしまったりすることなどですが、たとえ汚れがこびりついてしたり、異物が入ってしまったとしても排水管自体が太ければその分まだ隙間がありますのでつまることなく水を流して排泄物を処理することが出来るのです。

また、洋式のものは1度に使用する水の量を減らして節水が出来るような構造になっていて、その節水の度合も年々進化してきていますので流れる水の量が少ないです。ところが和式タイプのものは構造自体が進化することなく同じものがずっと使用されていて、節水という機能もありません。

環境面を考えると洋式らイプのものの方がもちろん良いですが、処理能力という面からだけで考えてみるとその分多くの水を使用して排泄物を処理するので、流れがよくつまりづらいと言われています。もちろんいくら詰まりづらいとは言っても、使用方法や頻度によってはつまってしまうこともありますので注意が必要です。

和式トイレがつまる原因

では和式のタイプのものが詰まってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか?まずはトイレットペーパーによる詰まりです。ペーパーは水に溶ける紙でできているものですが、一度に流す量があまりにも多すぎる場合にはつまりの原因になってしまいます。こまめに流すこと、必要以上のペーパーを使用しないことが大切です。

次に、トイレットペーパー以外の紙を使用することによってつまってしまうこともあります。ペーパーが無くなってしまい、緊急手段としてティッシュペーパーなどを使用してそのまま流してしまう人がいます。ですが、基本的にトイレットペーパー以外の紙類は水には溶けません。ですから同じような感覚で使用して流してしまうと、溶けることができなかった紙が溜まってしまい、詰まりの原因になります。

その他にも何か異物を便器の中に落としてしまった場合にも、排水管を塞いでしまってつまってしまう場合があります。考えられる異物としてはスマートフォン、子供のおもちゃ、アクセサリー、ペンなどが考えられます。アクセサリーは留め具が弛んでいたりしてふとした時に落ちてしまうことがよくありますし、ペンは胸ポケットやお尻のポケットに入れていてかがんだ際に落ちてしまうケースがよくあります。おもちゃは子供が持って行ってそのまま便器の中に落としてしまいます。

そして最近非常に多いのはスマートフォンの落下です。近年は依存症という言葉があるくらい肌身離さず持ち歩く人が多いですし、トイレの中で使用する人も多いです。手を滑らせて便器の中に落としてしまったり、お尻のポケットに入れていることを忘れていてしゃがんだときにうっかり落としてしまったりという話はよくあります。

トイレに入る際には必要以上のものは持って入らないこと、落ちそうだなと思うものははじめから注意しておくようにすることをおすすめします。その他にも吐瀉物や、食品の残りを流す、また掃除を怠って汚れがたまっていってしまうことで詰まってしまうこともあります。

和式トイレがつまった場合の対応方法

もし詰まってしまった場合にはどのように対処すれば良いのでしょうか?まずは大量の水を一気に流すことです。便器の中にある水を出来るだけバケツを使ってくみ出します。そしてくみ出した水を排水口に一気に上から入れ、これを数回繰り返します。これは水にふやけるようなものや溶けるようなものが詰まっている場合には有効な手段です。紙つまりや、汚れがこびりついていることが原因の場合には大量のお湯をながすという方法が有効です。ただし沸騰しているようなお湯を使用すると便器が損傷してしまう可能性がありますので60度程度のお湯を使用するようにしましょう。

水の時と同じように便器の中に溜まっている水をバケツで可能な限りくみ出します。そして排水口に出来る限り高い場所から一気にお湯を流しいれます。これを数回繰り返して、様子を見ます。軽度のつまりであればラバーカップを使用することもとても有効な手段です。カップ部分を排水口に押し当てて密着させ、カップ全体が水につかるほど十分に押し込んだら一気に引っ張ります。上手く吸引することができれば詰まりを解消することが出来ます。

ラバーカップが家庭にないという場合には、500mlのペットボトルを使用することで同じような効果を期待することが出来ます。ペットボトルの下から2㎝程度を切り離し、キャップを外してキャップ部分を手で押さえます。ラバーカップを使用するのと同じように排水口に押し当てて一気に引っ張ります。

その他にも汚れが原因の場合には重層とクエン酸を使用して汚れを除去する方法や、針金ハンガーを使用して異物を取り除く方法など様々な方法があります。ですが、詰まってしまった原因がわからないままやみくもにやっていても効果を得る事が出来ませんのできちんとつまってしまった原因を把握してから対処するようにしましょう。

まとめ

洋式のトイレが主流にはなってきてはいますが、まだまだ和式のものも非常に多くあります、洋式のものに比べれば比較的つまりづらいと言われてはいますが、やはり使用の仕方によっては詰まってしまう可能性はあります。まずは詰まらせてしまうことが内容に注意をし、お手入れをきちんとすることがもちろん大切ですが、万が一詰まってしまった場合にはその原因をきちんと見極めてその原因にあった方法で対処が出来るようにしておきましょう。

この記事をシェアする