> トイレトラブルに業者はどう対応してくれる?
TOPIC

トイレトラブルに業者はどう対応してくれる?

トイレのトラブルは、思いつくだけでもいくつかあります。何かが詰まって流せなくなってしまったり、水がまったく出なかったり、タンクや接続部からの水漏れ等々。用具の準備があれば、直せるものもありますが、素人では到底手に負えないこともあります。電気・ガス・水道など、ライフラインに関わることは、業者によっては24時間対応してくれるところもありますが、修理の腕前や費用に関して、その信頼性と適正価格について考えてみましょう。

よくあるトイレトラブル

トイレのトラブルで多いのは、なんと言っても「つまり」です。原因としては、ティッシュペーパーやオムツなど、本来トイレに流してはいけない紙類を流してしまったり、たとえトイレットペーパーであっても一度に大量に流してしまうと詰まってしまいます。次に、タンクからの水が止まらなかったり、逆にレバーを回しても流れないといったトラブルもあります。

そして、おそらく最も深刻なのが、タンクや便器との設置面からの水漏れです。水漏れは、一刻も早く対処しないと、集合住宅なら下の階にまで被害が及んで、場合によっては賠償責任を負うことにもなりかねません。どれをとっても、トラブルによってトイレが使えないのが、何よりも不自由で一刻を争うことなので、迅速な対応が必要となります。

業者の具体的な対応方法や手順

トイレのトラブルが発生したら、大抵の人はパニックになると思います。一人住まいなら、どこかに一時避難も可能かもしれませんが、家族がいると使用頻度も当然増えるので、早急に修理を依頼しないといけません。知人に、トイレの修理業者の人がいれば心強いのですが、そう都合よくは行きません。電話帳の広告やネットで検索すれば、24時間対応してくれる業者も見つけられますが、緊急時なのでどの業者にお願いするかも、頭を悩ませるところです。

優先順位として、すぐ来てくれることは上位ではありますが、現状を伝えた上で、大まかな費用を確認しておくのも重要です。中には、ねじを締めただけで数万円を請求されたといった例もあります。また、水漏れなどの場合、業者が到着するまでに出来る応急処置を教えてもらったほうが良いでしょう。

トイレトラブルの料金相場は?

全てのトラブルは、予期してないときに起こります。家電の故障などは、不自由でも我慢できる場合もありますが、ことトイレに関しては生理現象との闘いになるので、緊急性が高くなります。利用する時間帯や業者、またトラブルの状態によっても金額は多少違ってきますが、修理を依頼した際にかかる費用を調べてみました。大体の相場ですが、作業料金が8000円からで、その他交換した部品や材料代がプラスされます。

また、夜間や早朝の場合、作業料金が25%程度加算されるので、緊急の修理が必要でないと判断できる場合は、通常料金の時間帯まで待てば費用を節約できます。慌てずに状況を正確に把握して業者に伝えることで、的確な指示も受けられるし、余計な費用を抑えられるでしょう。

まとめ

トイレのトラブルが起こったら、まず深呼吸して落ち着いてください。そして、冷静に状況を確認して、まず自分が出来ることを考えてみましょう。水漏れの場合は、トイレ内のストレーナーを締めるか、水道の元栓を締めて水を止めることを優先してください。そして、修理してもらう業者を迅速かつ慎重に選んで、修理してもらいましょう。トイレはなくてはならないものですから、日頃から万が一に備えておくことも、大切だと思います。

この記事をシェアする