> 和式トイレの水が止まらない原因と対応方法
トイレのつまり・水回りのトラブルに関するトピックス

和式トイレの水が止まらない原因と対応方法

あなたのご家庭のトイレは和式ですか?洋式ですか?最近建てられた家や賃貸の物件ではほとんどが洋式になっていますが、昔からある家や日本式の作りの家ではいまでも和式のものが多く使用されています。そんなトイレで水が止まらないというようなトラブルが起きてしまった場合、どのように対処するべきなのでしょうか?タンクの有無など種類による対応をそれぞれご紹介していきますのでトラブルが万が一起きてしまった際に活用してみてください。

和式にタンクがある場合の原因と対応方法

和式トイレでタンクがあるタイプのものを使用している場合に水が止まらない原因として考えられるのは、浮き玉です。タンクがある場合には見た目や使用方法は違いますが、基本的な構造的には洋式のものと何ら変わりはありません。止まらないということは量を調節する役割をしている浮き玉が正常に機能していないということが原因となっている場合が多いです。

本来であれば常に上下に動いていて、タンクや便器の中の量が常に一定になるようにしているのですが、なんらかの原因で上手く動くことが出来なくなってしまっている場合にはその本来の機能を果たすことが出来なくなってしまいます。浮き球の動きに異常をきたしてしまう原因は、浮き球自体が変形したり破損していたりしてしまっているのでなければ、フロートバルブとピストンバルブのシートパッキンの2つのパッキンが劣化していたり損傷している場合がほとんどであると考えられます。

止まらないということは排水が常に行われていて、量を増やさなければいけないと判断しているからなのです。フロートバルブを手で押してみて、手が黒くなり、流れが止まるようであればフロートバルブを交換すると解決します。タンクの中には様々な部品があって、それぞれが連動して量を一定に保ち、トイレが正常に使用できるようにしてくれています。

もしタンクのあるタイプのもので不具合が出てしまった場合には、タンクの内部の構造や部品に何かしらの異常が起きている可能性が高いので、タンクを開けて一つ一つチェックをしてみるようにしてください。

和式にタンクがない場合の原因と対応方法

和式のトイレでもタンクのないタイプのものの場合にはまた対応方法が変わってきます。タンクのあるタイプのものは基本的な構造が非常に単純に作られていますので一般の人でも少し調整をしたり、交換をしたりすることで修理をすることが出来る場合が多いです。ですが、タンクがないタイプのものの場合には専門的な知識や技術が必要となりますので、一般の人が修理をするというのは難しいです。それはパーツの数がとても多く、専門業者でもかなりベテランの人でなければ修理することが出来ないような作りになっているからです。ほとんどの場合にはフロートバルブが損傷していたり劣化していたり、ピストンバルブのシートパッキンが劣化してしまっていることが原因となっています。

ですが床に埋まっている部分も多いので、タンクの無い和式タイプのものでは原因は分解してみるまでわからないというのが本当のところです。そして素人が分解してしまうと、元の状態に戻すというのはほぼ不可能です。それほど複雑な作りになっているものですので、少し調整したくらいで不具合が解消することはありません。もしタンクのないタイプの和式トイレをお使いで水が止まらないということが起きてしまったら、ひとまず止水栓を閉めてあとは専門の業者を呼んで修理を依頼するようにしましょう。無

理に自分でどうにかしようとして手を出してしまうと、取り返しのつかないことになってしまう危険性もあります。また、修理を依頼する際にはタンクのないタイプのものであるということを事前にきちんと伝えて、対応することが出来る知識と技術をきちんと持ったスタッフの方に来てもらうことが出来るようにお願いするようにしましょう。

フラッシュバルブ式トイレでのつまり原因と対応方法

フラッシュバルブ式トイレとは水を流すためのシルバーのハンドルが付いたタイプのもので一般的な家庭にはあまりなく、学校や駅などの公共施設に多く見られます。タンクを使用しないのでスペースが狭くても設置することができたり、水がたまらなくても何度でも便器を洗浄することができたりしますので大勢の人があつまるところで使用しやすいトイレです。ですが水道に直接接続しているので流すためにとても高い圧力が必要になります。ですので、フラッシュバルブ式のものが詰まってしまう原因としては水圧が弱くなっているということも考えられます。

また本体の内部にあるピストンバルブのフィルターや小さな穴に水垢やごみなどがつまってしまうと水の量の調整が上手くできなくなってしまってしまったり、詰まってしまったりすることがあります。そしてピストンバルブのパッキンが摩耗し、劣化してしまっているとトラブルがおきる原因になります。ある程度の原因は想像できますし、ピストンバルブの詰まりが原因の場合には細い針金などで清掃をすると詰まりが解消されることもあります。

ですがフラッシュバルブ式のものは本当の原因というのは実際に分解して見てみなければわかりません。あまりにも構造が複雑なため、素人は分解することも難しいですし分解できたとしても組み立てることはなかなか出来ないです。よくわからずに無理に分解をしてしまうと、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。フラッシュバルブ式のもので詰まりが起きてしまった場合には専門の業者に依頼をして修理をしてもらうほうが懸命です。

まとめ

洋式のトイレが主流になってきていますので和式のトイレを使用している家庭というのは、どんどん少なくなってきています。ですが今でも和風の家や昔ながらの家では和式のものが使用されています。和式のトイレで水が止まらなくなってしまった場合には、タンクがあるかないかで原因や対応の方法が変わってきます。

タンクがある場合には自分で調整をすることで解消できる場合もありますが、タンクのないものの場合には構造が複雑ですので業者に頼むほうが良いです。それぞれのタイプに合わせた適切な対応をするようにしましょう。

この記事をシェアする