> トイレの主なトラブルと業者の作業内容と料金について
トイレのつまり・水回りのトラブルに関するトピックス

トイレの主なトラブルと業者の作業内容と料金について

トイレは生活に欠かせないもので、毎日使うものですので万が一使用できなくなってしまったとしたらとても不便です。ですが、家庭内でも水漏れや詰まりなどのトラブルが非常に多いものでもあります。もし不具合が起きてしまった際に業者にしてもらう作業にはどのようなものがあるのか、かかる費用の目安などについてご紹介しますので、いざという時のためにぜひ見ておいてください。

トイレ業者の作業内容と料金の目安

トイレで何かしらの不具合が起きた際、まずは自分でできることを試してみるかと思いますがそれでもどうにもならない場合や何が原因かわからない場合には業者に依頼して修理をしてもらう必要があります。その際にはどのような作業をしてくれ、いくらぐらいの費用がかかるものなのでしょうか?トイレで起きるトラブルで業者に修理を依頼するものとしては、自分ではどうしようもないような深刻な詰まり、配管の詰まり、水漏れ、破損や劣化などによる便器の交換などです。作業内容ごとに料金は変わってきますので、内容ごとに相場をみていきます。

まず詰まりの解消ですが、これは詰まりの重症度によって改善にともなう作業の困難度がかわってきますのでもちろん値段も変わってきます。軽度のものであれば5000円から7000円程度、重症のものであれば10000円から最高で50000円ほどの値段がかかってしまいます。配管に何かが詰まってしまっていて、それを取り除く作業となると7000円から15000円程度かかります。

そして配管の中に汚れがこびりついてしまっていて問題となっている場合には高圧洗浄機を使用して汚れをキレイに取り除く必要がありますが、この場合には15000円から38000円程度の費用がかかります。水漏れの場合には部品の調整や、パッキンの交換などであれば4000円程度、タンク内の部品の交換であればタンクを外す必要があるかないかで価格は変わってきますが大体6000円から12000円の間で作業をしてくれます。

もちろん業者によって費用はちがいますし、複合的に原因がある場合もありますのでそれぞれのケースによって価格は変わってきます。ですが、ある程度の目安として知っておくと依頼する業者を選ぶ際にとても役に立ちます。

水漏れの原因と作業内容と費用

トイレのトラブルでよくあるものの一つとして水漏れがあります。一体どのようなことが原因となり、水漏れは起きてしまうのでしょうか?まず1つ目に考えられる原因として排水管や給水管などのパイプからの水漏れです。これらのパイプ類は長い間使っていると内部にあるゴムパッキンなどのパーツが劣化していってしまったり、接合している部分の部品が弛んでしまったりすることがあり、これが水漏れの原因となります。多くの場合には部品を交換や締め直すことによって解消されます。

次に考えられるものはタンクからの水漏れです。給水管が開きすぎていてタンクの中に水が溢れてしまっていたり、給水管や排水管から水が漏れていてそれと繋がっているタンクからも水漏れをしてしまったりすることがあります。タンクからの水漏れの場合には原因によって作業内容がかわりますが、給水管の調整や、パーツ交換を行うことで解消することが出来ます。

そして便器本体の水漏れの場合もあります。便器本体が損傷してしまっている場合や、周辺に接続されている配管が弛んでいたり劣化してしまっていたり、結露によって便器に水滴が発生することなどが原因となります。接続部分から水漏れをしている場合には部品を締め直すことで大抵の場合は解消します。それでも止まらない場合には、部品の劣化が考えられますので交換をすることになります。

結露が原因の場合には温度調節によって解消することができます。もしひび割れなどの損傷が便器にある場合には、新しいものに交換をすることになります。近年はウォシュレットの水漏れも非常に多くなってきています。水洗ノズルや給水パイプ、内部のタンクやそれぞれを繋ぐパーツに不具合が起こっていることが原因となっています。何が原因となっているのかを見極めて、必要であれば部品の交換を行い、部品に問題がなければそれぞれのパーツを調整することで修理を行います。

費用については原因によって変わってきますが、調整だけですむのであれば5000円程度です。部品の交換が必要になると、交換する部品の種類によっても価格が変わってきますが、10000円前後では修理できるでしょう。ただし、交換するべき部品がいくつもある場合や、便器の交換が必要となる場合にはとても高い費用が必要となってきます。

トイレの部品交換や取り付けについて

トイレに何かしらのトラブルが起きてしまった際、どこかの部品に異常をきたしている場合がほとんどです。多くの場合には部品を交換すればまた正常に使用することができるようになる場合も多く、最近ではホームセンターやインターネットで部品を簡単に購入することも出来るので自分で交換をして修理をした方が料金も安く済みますし、楽なので自分で部品交換や取り付けを行うという人も多いです。

ですが部品のある部分が奥の方にある、など複雑な作りのものの場合にはやはり専門の業者に依頼をするほうが安心です。パッキンの交換や、タンクの中の部品交換であれば、交換や取り付けをする場所にもよりますが4000円から10000円程度で作業を行ってもらうことが出来ます。

ただし、業者を呼ぶとその他に基本料金や出張費もかかるということは覚悟しておかなければいけません。ただ、自分で部品の交換や取り付けを行うと正しく取り付けることが出来なかったり、失敗してしまって新たな部品を購入しなければいけなくなってしまったり、とても長い時間を要してしまったりすることがあります。業者に依頼すればもちろん自分で行うよりはお金は遥かにかかりますが、時間も短くてすみますし取り付けの技術は確実なものですので修理後も安心して使用することが出来ます。

多少お金はかかっても、手間や時間をかけずに、質の高い作業をしてもらいたいという方は業者に依頼して部品の交換や取り付けを行ってもらうと良いでしょう。

まとめ

トイレ業者に作業を依頼してかかる費用というのは、その作業内容や必要な部品によって違います。そして業者によって出張費や基礎料金も違いますので相場というのを言うのはなかなか難しいです。ですがある程度の目安というものはありますのでもし何かしらのトラブルが起きてしまって業者に依頼することがあれば、価格の目安を頭にいれてそれよりも明らかに高いところや安すぎるところには注意が必要です。

この記事をシェアする