> 熱湯でトイレの便器のつまりを直すのはあり?
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

熱湯でトイレの便器のつまりを直すのはあり?

熱湯を使えば便器のつまりは直せるといった話があります。その答えとしましては、本当に直すことはできると答えておきましょう。
ここでは、どういったことをすれば、熱湯を使って便器のつまりを解消できるようになるのかを紐解いていきましょう。

なぜトイレはつまりやすい?

家庭内の水まわりで最もつまりやすいのがトイレです。トイレットペーパーや便を流すので他の場所よりもトラブルが発生しやすいのは仕方がありませんが、それだけがつまる理由ではありません。

トイレの排水管はS字の形をしていて、湾曲しているところにものがつまりやすい構造になっています。しかし排水管が真っ直ぐだと、下水のにおいが排水口から上がってきてしまいます。湾曲部分に水が残っているという状態によってにおいが遮断されるので、気持ち良く生活するためには必要な形なのです。水が残っているとにおいだけではなく、ネズミや害虫などの侵入対策にもなります。

一度にたくさんのトイレットペーパーを流したり、誤って水に溶けないものを落としてしまったりしないよう気をつければ、トイレの排水管は理にかなった形をしているということになります。

トイレつまりの原因

熱湯を使ってトイレのつまりを取るといったとしても、なんでも解消できるといったものではありません。まずは、どういった原因によって便器に水が溢れてしまうのかを調べておきましょう。

よくつまるものとして、トイレットペーパーが挙げられます。大量に流した場合には、つまってしまうことがあると認識しておきましょう。
近年では、流せる猫砂など、トイレに流しても大丈夫といったような商品が多く販売されています。それらの商品も、過剰に流してしまった結果つまるといったことは大いにありえます。処理する際には十分に注意してください。
もちろん汚物の量によっても、つまってしまう場合もあります。この場合、給水タンクにペットボトルなどを入れて節水しているために流れず、汚物がつまってしまうということが多いようです。給水タンクにはペットボトルを入れないようにすればこうしたことが原因のつまりを防ぐことができます。
また、尿結石や吐いたものの粘り気が原因で、徐々につまっていく場合もありますので、水の流れは標準な量を使うようにしておきましょう。
さらに、給水タンクの上や便器の上付近に、トイレの消臭剤を使っている場合も注意したほうが良いでしょう。それらに付いている小さなフタなどが、何らかの拍子で便器に落ちて、一緒に流してしまうといったこともつまりの原因としてありえる話なのです。
他にも、携帯電話やボールペンのような小物を流してしまう人もいます。大事なものなので、肌身から話さないようにと内ポケットに入れている人が多いのですが、トイレを利用する場合には落下の恐れのないポケットに入れる、またはバッグに入れるなどしてから、用を足すようにしたほうが良いでしょう。
また、子供がおもちゃを落としてしまって、ごまかそうとして流してしまうこともあります。そういったことがないように、普段からトイレには物を持ち込ませないような習慣をつけるようにしておいてください。

トイレつまりの改善に熱湯は使える?

トイレつまりの改善に熱湯は効果的な場合もあります。
しかし、使い方を誤るとさらに事態が悪化する恐れもありますので、「熱湯を使ったつまりの解消」に効果的なケースとやり方を説明していきます。

熱湯と言っても、40度から60度程度のお湯を使うようにしてください。
ヤカンなどで沸騰させたばかりのお湯を注いでしまうと、ヒビが入ったりして大変なことになります。そうなると便器を交換しなければなりません。つまりの問題以上に修理費用が高額になってしまうこともありますので、沸騰したお湯は絶対に使わないようにしましょう。

この熱湯を使ったつまりの解消法は、トイレットペーパーや汚物、またはトイレで流せる商品が詰まった時だけ効果を発揮する方法になりますので覚えておいてください。
具体的なやり方は、まず付近が濡れないように新聞紙やシートを敷いてください。服装も汚れても構わないような服に着替えたほうが良いでしょう。
熱湯はヤカンで注いでも、お鍋で入れても良いです。便器よりも少し高い位置から、あふれない程度に注いで20分ほど放置してみてください。
それでも流れない場合には、またもう一度、40度から60度程度のお湯を注ぎます。これを繰り返すことで、つまりが解消され水が流れるようになるはずです。

それでも流れない場合には、ラバーカップを使うか、水道の修理業者に頼むことになります。
先にも説明をしましたが、節水のために給水タンクに入れている場合はつまりの原因になりますからペットボトルは取ってください。
近年では、節水タイプのトイレもあります。そういった場合には、なおさらつまりの原因になりますので、給水タンクにはペットボトルを入れないようにしましょう。

トイレのつまりに熱湯を使うメリット・デメリット

ここでは、トイレのつまりに熱湯を使うメリットをお話しします。
お湯でなぜ解決されるのか、ということですがトイレットペーパーを溶けやすくする働きがあるからです。トイレットペーパーは、水に溶けるというイメージがありますが、実際には流す際の水流の勢いで水道管を通れる大きさまでに細かくされ、流れるのです。なお一定量以上に流してしまうと、細かくするまでに水道管につまります。

トイレつまりに熱湯を使うデメリットを紹介していきましょう!

デメリットとしてあげるのが、「便器にヒビが入る」ということです。便器は陶器でできているものが多いので、熱いものを注いでしまうと温度が上がり膨張します。しかし、熱湯がかかっていない部分では温度がなかなか上がらないので、膨張しません。その膨張の差が大きくなることでひび割れの原因となってしまいます。陶器はヒビが入ってしまうと直すことが難しいので、気をつけてください!

トイレつまりを解消する正しい方法

神のつまりは熱湯で解消できますが、小物などが便器に流されて、つまってしまった場合には熱湯で解消することはできません。
そうなった場合には、水道の修理業者に頼むかラバーカップを使用してみてください。
DIYが好きな人なら、ホームセンターでラバーカップを見かけたことがある方も多いことでしょう。
よくスッポンなどと言われることがある、あの棒にゴムがついた道具のことをラバーカップと呼びます。
形は知っていても、名称までは知らない方も多いと思いますので覚えておくと良いでしょう。種類も色々とありますので、自分の家の便器の形状にあったものを購入してください。

ラバーカップの使い方としましては、熱湯の場合と同じように周りと服装の準備をしてさらにゴム手袋をします。
そして止水栓を止めて、ウォッシュレットなどの特殊な便座を使っている場合には電源のコンセントを抜きます。そして、ゴミ袋の中央に切れ込みを入れて、そこから棒を出します。
ゴミ袋を便器にかぶせるようにして、水が飛び散らないように養生テープなどを貼ってください。
ラバーカップを垂直に立てて、ゆっくりと押し込みます。ここでラバーカップを勢いよく押した方がいいと思っている方も多いようですが、逆につまった物を奥に流してしまう場合もありますので、ゆっくりと押し込むようにしてください。
押し込んだら、勢いよく引き上げてください。
これを何度か繰り返すことで、つまったトイレットペーパーなどが引き出されるはずです。
小物が原因の場合は、ラバーカップを使う前にゴム手袋をつけて、手を入れて探してみるのも良いでしょう。取れそうなら取ってみても良いですが、無理やりといった感じになる場合は、やはり水道の修理業者に依頼をしてみたほうが良いと思います。
ここで無理をすると、さらに奥にいってしまったり、最悪の場合は便器交換する必要が出てきます。
無理せずに業者へ依頼をしてみてください。

まとめ

ここまで紹介したように、トイレがつまる原因には、さまざまなことが考えられるのです。
トイレットペーパーなどのつまりなら、熱湯を使っての解消法してみてください。
それでも解消されない場合には、ラバーカップを使ってみるといいでしょう。
また、給水タンクには、ペットボトルは入れないほうがつまりにくいことも覚えておいてください。
紹介した方法でつまりがなおらない場合には、速やかに水道の修理業者に依頼するようにしてください。