> 経験談から学ぶ!トイレ・お風呂の排水つまりトラブル回避術
               
トイレのつまり・水回りに関するお役立ちコラム

経験談から学ぶ!トイレ・お風呂の排水つまりトラブル回避術

トイレやお風呂の排水つまりというのは、人が無意識にしていることが原因となっています。修理業者としての経験談からすると、またこれが原因かという、よくある事例というのがあります。よくある事例というのは、多くの方がやってしまっていることです。中には、明らかにそれをしたらダメだよねと思うようなことも、知らずにしている方が多いのです。排水つまりのトラブル回避のために、してはいけないことを経験談から引き出しました。

髪の毛の掃除が原因?

トイレやお風呂の排水つまりを引き起こす原因となっていることのトップに入ってくることが、掃除です。掃除の後にトラブルを起こすことがかなりあるのが現状です。

まず、お風呂の排水つまりを起こす原因のトップが、髪の毛です。お風呂を掃除したときに、浴槽や洗い場の排水口に設置されているゴミ受けに溜まった髪の毛はどう処理していますか。ゴミ受けに溜まった髪の毛をゴミ箱等に捨てていればトラブルは起きません。しかし、ゴミ受けに溜まった髪の毛を、そのまま排水口に流せばいいと思って捨てている方がかなりいます。お風呂の排水つまりのかなりの原因がこれだと言っても、過言ではありません。

修理に行って、排水口の中をチェックすると、何のホラー映画だというくらい髪の毛がつまっていることも珍しくはありません。お客様にゴミ受けの髪の毛はどうしているか確認をすると、排水口にそのまま捨てていますと言われることも多いのです。髪の毛を排水口に捨てなければ修理を呼ぶ必要はなかったと説明すると、えっ、そうなのという反応が返ってくるのには思わず頭を抱えてしまいたくなるというものです。何のためにゴミ受けがあるのかをしっかりと説明し、もうしないで下さいとお願いしてから修理を終えてきます。そんなことがと思うようなことですが、本当に多い事例で、これは絶対にしないで欲しいと願うトップに来ることです。

では、トイレ掃除が原因の排水つまりのトップは何かというと、トイレクリーナーを何枚も一度に流すことです。トイレのつまりを防ぐため、シートは1枚ずつ流してくださいと、トイレクリーナーの使用上の注意にも記載されています。けれど、数枚を一度に流してつまらせることが頻発しているのが現状なのです。

次いで多いのが、トイレクリーナーとトイレットペーパーの併用で起きるつまりです。トイレクリーナーとトイレットペーパーを同時に流すと、トイレットペーパーがトイレクリーナーと絡まって溶けなくなる現象が起きます。このことは、あまり知られていないため、かなりの頻度で起きていることです。

しかし、トイレ掃除のときにトイレクリーナーとトイレットペーパーを同時に使用するというのは、よくやることです。ですが、トイレクリーナーやトイレットペーパーは排水管でつまりを起こすことが多く、便器を外して除去することになるので、併用しないか、せめて同時に流すのはやめてください。

ヘアピンやつまようじ等小さなものも原因

トイレやお風呂の排水つまりの原因となる物に、ヘアピンやつまようじがあります。ヘアピンが知らないうちに流れて、お風呂の排水つまりの原因になるのは、何となくわかるのですが、つまようじはお風呂でもトイレでも結構出てくるのには、驚きます。つまようじは、流れるだろうと思って流している人が、かなり多いのが原因です。

ヘアピンもつまようじも小さなものですが、お風呂の排水口に流れた時に、配水管の継ぎ目に引っ掛かり、そこに少しずつ流れてきた髪の毛やゴミが溜まり、排水が滞る原因になっています。トイレの排水口でも、つまようじに少しずつトイレットペーパーが絡まり、便器を外して除去しないといけないことはかなりあります。

ヘアピンやつまようじが原因で排水つまりを起こした場合、排水口のすぐ近くに引っ掛かったときには、すぐに除去できますが、排水管の奥でつまったときには、パイプ掃除専門業者に依頼しなければいけなくなります。戸建住宅の場合は、自身が困るだけですが、アパートやマンションなどの集合住宅の場合には、他の住人にも支障が出たり、大掛かりなパイプ掃除を行わなければならない可能性も出てきます。くれぐれも、つまようじを流すようなことは、しないでください。

お風呂のつまり原因あるある

お風呂の排水つまりの原因で、一番多いのは髪の毛だと最初に説明しましたが、髪の毛が引っ掛かる原因となっているものは色々あります。ヘアピンやつまようじの他にも比較的あるのは、固形石鹸です。薄く小さくなったものが割れて、排水口に流れ込んで引っ掛かり、そこに髪の毛などが絡まり排水つまりが起きることがよくあります。石鹸などは融けてしまいそうなものですが、なぜかそのまま残っていることも多いのです。

お子さんがいる家庭でよくあるのが、おもちゃが原因になっていることです。壊れたおもちゃのかけらならまだしも、ゴミ受けで確実に止まりそうな、おもちゃの部品やブロック、小さなおもちゃがそのまま入っていることもあり、お客様が出てきたおもちゃを見て、思わず苦笑いということもあります。お子さんは、何をするかわからないことも多いので、注意してくださいね。

他にも、シャンプーなどの包装材や開封シール、傷テープなどもかなりの頻度で排水口を塞いでいることがあります。こういったものは結構お風呂場の中ではがすということも多いため、いつの間にか排水口に入ってしまうと思われるものです。排水口のつまりを防ぐためにも、お風呂の外ではがしてゴミ箱に捨て、お風呂の中には持ち込まないようにしてください。

トラブルに遭ってからしていること

トイレやお風呂の排水トラブルに遭った方にお願いしていることがあります。一番は、やはり排水口に大量にモノを流さないようにしてもらうことです。トイレクリーナーは一枚ずつ流す。お風呂のゴミ受けの髪の毛は排水口に流さない。基本的なことですが、大切なことです。次にお願いしていることは、お風呂の排水口のチェックです。

ゴミ受けのゴミを捨てる時に、排水口の中もできる限りで良いのでチェックをするように伝えています。早めに気づくことができれば、つまりを防ぐこともでき対処も簡単です。もう一つお願いしていることは、定期的にパイプクリーナー洗剤を使用してもらうことです。少量の髪の毛などであれば、洗剤で溶かして流すこともできます。お願いしたことを守っていただければ、よほどのことが無いかぎり再度排水トラブルに遭うことはありません。

まとめ

トイレやお風呂の排水つまりの、トラブル経験談を読んでどう思われましたか。絶対にそんなことはしませんと言い切れることばかりが原因ではありません。知らずに何気なくしてしまっていることや、気を付けていても思わぬことが原因となって排水つまりが起きてしまうことというのは、たくさんあります。ですが、注意して行動すれば、排水つまりの大部分は防げるものばかりです。特にお風呂の排水口のつまりは、ゴミ受けの掃除をするときにチェックを怠らなければかなり防げます。排水つまりのトラブルにあわないように、上手に回避をしてください。